ここから本文です。

住宅・建築物の耐震化について

どうして耐震化が必要なのか?

 首都直下地震や南海トラフ巨大地震をはじめ日本全国で大地震発生が予測されています。
 苫小牧市周辺にもいくつかの断層帯があり、大きな地震が発生する可能性があります。
 その被害を最小限に食い止めるための方法の一つとして、住宅や建築物の耐震化が重要です。

耐震化が必要な建築物とは?

 昭和56年5月31日以前に着工された建築物は、一般的に地震に弱いとされており、倒壊等の被害が大きいと考えられることから、耐震性の向上が求められています。

耐震診断とは?

 耐震診断とは、地震に対しての建築物の安全性を評価することをいいます。

耐震改修工事とは?

 耐震改修工事とは、地震に対して「倒壊する可能性がある」と診断された建築物を、地震に対して強くするために行う補強工事のことです。

関連ページ

 ・苫小牧住宅耐震・リフォーム支援事業
 ・苫小牧市木造住宅耐震改修等補助交付制度
 ・一戸建て木造住宅の無料耐震診断
 

お問い合わせ

都市建設部建築指導課
電話:建築確認係:0144-32-6522、指導係:0144-32-6527
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

耐震診断・改修、リフォーム等に関すること

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません