ここから本文です。

開票及び当選人の決定について

開票について

開票は、開票立会人の立会いの下で行われます。開票区は、通常は市町村の区域によります。開票に当たっては、開票管理者が選任されます。
開票管理者は、投票の点検終了後、各候補者の得票数などを選挙長に報告しなければなりません。
選挙長は選挙会を開き、選挙立会人の立会いの上、開票結果を基に当選人を決定します。当選人の決定方法は比例代表制とそれ以外の場合で異なります。

当選人の決定について

比例代表制以外の選挙

定数が1である選挙、例えば衆議院小選挙区選挙や地方公共団体の長の選挙は、最も得票数が多いものが当選人となります。
定数が2以上である選挙、例えば参議院選挙区選挙や地方公共団体の議会の選挙は、得票数の多い者から順次当選人となります。これを比較多数得票主義といいます。
ただし、当選人となるためには、一定数以上の得票がなければなりません。この得票を法定得票数といいます。
比例代表制以外の選挙
選挙の種類 法定得票数
衆議院
小選挙区選出議員
有効投票総数÷6
参議院
選挙区選出議員
有効投票総数÷通常選挙のその選挙区の議員定数÷6
※選挙すべき議員の数がこの定数を超える場合
有効投票総数÷その選挙すべき議員の数÷6
都道府県議会議員 有効投票総数÷その選挙区の議員定数÷4
※選挙区がない場合
有効投票総数÷議員定数÷4
指定都市の議会議員
一般市の議会議員
特別区の議会議員
都道府県知事 有効投票総数÷4
指定都市の市長
一般市の市長
特別区の区長
町村長
衆議院
比例代表選出議員
参議院
比例代表選出議員

比例代表制の選挙

比例代表制は、いわゆるドント式により各名簿届出政党の当選人の数が決定され、各名簿の名簿登載者で当選人の数までの順位の者が当選人になります。

ドント式の当選人数決定例(定数10人の場合)

ドント式の当選人数決定例
名簿届出政党等 甲党 乙党 丙党
名簿登載者数 10人 7人 5人
得票数 4,800票 3,000票 1,800票
除数 1 (1) 4,800 (2) 3,000 (4) 1,800
2 (3) 2,400 (6) 1,500 (10) 900
3 (5) 1,600 (8) 1,000 600
4 (7) 1,200 750 450
5 (9) 960 600 360
6 800 500
7 685.71 428.57
8 600
9 533.33
10 480
当選人の数 5人 3人 2人

衆議院比例代表選挙の場合

議院比例代表選挙においては、重複立候補が認められているため、衆議院小選挙区選挙と衆議院比例代表選挙の両方の候補者に同時になることができます。そのため、重複立候補者のうち衆議院小選挙選挙の当選人とされた者は、当該衆議院議員名簿に記載されていないものとみなされます。
また、拘束名簿式であるため、政党内における当選の順位は名簿届出政党等が届出をした順位により決定されますが、重複立候補者については同一の順位をつけて届出をすることができます。そのため、2人以上の重複立候補者が同一の順位とされる場合が考えられる訳ですが、その当選人となるべき順位は、惜敗率の最も大きい者から順次決定することとされています。
惜敗率とは、当該選挙と同時に行われた衆議院小選挙区選挙における得票数の、当該小選挙区における最多得票者数の得票数に対する割合のことをいいます。
重複立候補

参議院比例代表選挙の場合

参議院比例代表選挙においては、重複立候補の制度はありません。
また、非拘束名簿式であるため、名簿届出政党等は名簿登載者の順位を記載していない参議院名簿を提出することになります。したがって、名簿登載者間における当選人となるべき順位は、その得票数の多い者から順次定められることになります。
参議院候補者名簿を届け出た名簿届出政党等の総得票数は、候補者名の得票数と政党名の得票数を合算したものとされます。
当選人決定の具体的事例

お問い合わせ

選挙管理委員会事務局
電話:0144-32-6764
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

選挙制度について

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません