ここから本文です。

現在位置

マイナンバー(社会保障・税番号)制度について

※制度の詳細や最新情報については、内閣官房のホームページをご覧ください。
 内閣官房へのリンクバナー
マイナンバー制度に便乗した不審な電話等にご注意ください!
TOPIX
 
市民の皆さまへページへのリンク
事業者のみなさまへページへのリンク

マイナンバー制度とは

 住民票のある全ての方に1人1つの12桁の番号(マイナンバー)を割り当て、国や自治体などが持つ個人の情報を照合しやすくし、行政事務の効率化と社会保障サービスを正しく行き渡る環境づくりを進める仕組みです。
 

マイナンバー制度の主な効果

  • 所得や他の行政サービスの受給状況などが確認しやすくなるため、社会保障や税の給付と負担の公平化が図られます。
  • 添付書類が少なくなる等、申請者の負担が軽減されます。
  • 国の行政機関や都道府県・市町村などの間で情報のやりとりがスムーズになるため、社会保障や税に係る各種行政事務の効率化が図られます。
 

個人情報保護対策について

  • 法律に定めがある場合を除き、マイナンバーを含む個人情報の収集・保管はできません。
  • 他人のマイナンバーを不正に入手したり、他人のマイナンバーを含む個人情報を不当に提供したりすると、処罰の対象となります。
  • 特定個人情報保護委員会という国の第三者機関がマイナンバーが適切に管理されているか監視・監督を行います。
  • 個人情報を一元管理するのではなく、従来どおり各行政機関等が保有し、他の機関の個人情報が必要となった場合に、情報の照会・提供を行う『分散管理』を行います。
  • マイナンバーを含む個人情報を取り扱う各行政機関等は、特定個人情報保護評価を実施します。
<特定個人情報保護評価について>
 特定個人情報保護評価は、特定個人情報ファイル(マイナンバーを含む個人情報のファイル)を保有しようとする国の行政機関や地方公共団体等が、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で特定個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを宣言するものです。。
 特定個人情報保護評価の詳細につきましては、個人情報保護委員会のサイトをご覧ください。


 

Other Languages

マイナンバー 社会保障・税番号制度の概要について  動画 (外部リンク)マイナンバー 社会保障・税番号制度が始まります。(平成27年10月21日掲載) 平成27年10月より順次お届けします。 1人にひとつマイナンバー。(平成28年4月1日掲載)  

関連情報



 

制度に関するお問合せ先(コールセンター)

 「通知カード」「マイナンバーカード(個人番号カード)」に関すること、その他マイナンバー制度に関するお問合せにお答えします。なお、「マイナンバーカード(個人番号カード)」の紛失・盗難による、カードの一時利用停止については、24時間、365日対応します。


マイナンバー総合フリーダイヤル

 
0120-95-0178
(無料)

※お掛け間違いのないようご注意ください。

平日9:30~20:00 土日祝9:30~17:30(年末年始を除く)
●音声ガイダンスに従って、お聞きになりたい情報のメニューを選択してください。
①通知カード・マイナンバーカード(個人番号カード)に関するお問い合わせ 「1番」
②マイナンバー制度に関するお問い合わせ 「2番」
③マイナンバーカード(個人番号カード)の紛失・盗難について 「3番」

※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合(有料)
・マイナンバー制度に関すること
  050-3816-9405
・「通知カード」「マイナンバーカード(個人番号カード)」または、「紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止について」
 050-3818-1250

※英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応
・マイナンバー制度に関すること
 0120-0178-26
・「通知カード」「マイナンバーカード(個人番号カード)」、「紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止について」
 0120-0178-27

お問い合わせ

総務部マイナンバー主幹
電話:0144-32-6492
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

マイナンバー制度

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません