ここから本文です。

現在位置

平成28年1月以降、国民健康保険の各種手続きにマイナンバーの記載が必要になります。

 平成28年1月からマイナンバーの利用が開始されることに伴い、国民健康保険の各種手続きにおいて、マイナンバーの記載が必要になります。
  手続きの際は、窓口にお越しいただく方の本人確認ができるもののほかに、世帯主及び手続きの対象となる方のマイナンバーを確認できるもの(個人番号カード、通知カードなど)が必要となります。また、代理の方にお手続きいただく場合は、委任状が必要となります

 →マイナンバーを記載する際の本人確認について  
 

対象となる届出

 

療養費の申請をするとき(治療用装具などを作ったとき)

 

 
 




詳細

 

 

 

 

  
給付係
10番窓口

高額な医療費を支払ったとき

出産したとき

国民健康保険加入者が亡くなったとき

交通事故などにあったとき

一部負担金の免除申請をするとき

加入・脱退をするとき





詳細









 

 総務係

11番窓口

氏名、住所、世帯主などの変更をするとき

修学などで市外へ転出するとき

保険証などを紛失し、再交付申請をするとき

限度額適用認定証などの交付申請をするとき

詳細

非自発的失業者に対する軽減に係る申告をするとき

詳細

相続人の届出をするとき

-

国保税申告をするとき

-

 

開始日

 平成28年1月4日(月)以降の届出

 

お問い合わせ

市民生活部国保課
電話:総務係:0144-32-6418、給付係:0144-32-6425、収納係:0144-32-6426、年金係:0144-32-6429
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

国民健康保険の加入、脱退、保険税など

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません