ここから本文です。

水道施設の耐震化状況について

 苫小牧市では、浄水場から配水管までの水道施設のうち、地震発生時に水道水の安定供給に支障をきたす恐れのある施設の耐震化を行っています。
 ここでは、水道施設の耐震化状況及び管路の耐震化状況について、掲載しています。
 

施設の耐震化状況

 取水、導水、浄水、配水施設について、平成20年から平成22年にかけて想定される地震に対する耐震性能を評価する耐震診断を行いました。
 そのうえで、耐震性の低い施設については、計画的に耐震化を進めています。
 

高丘浄水場系統の耐震化

 高丘浄水場系統は、緩速ろ過池や配水池のほか勇振ポンプ場、勇振着水井等が耐震診断により地震に対して弱いことが判明しています。
 耐震化は、主に今ある施設を取壊し、新たに造りかえる方法をとっています。
 平成27年度から勇振ポンプ場の耐震化に着手しています。

syashin-1
写真-1
緩速ろ過池耐震化 施工前【4号ろ過池】
shashin-2
写真-2
緩速ろ過池耐震化 施工後【4号ろ過池】
 

錦多峰浄水場系統の耐震化

 錦多峰浄水場系統は、ポンプ棟上屋や配水池のほか沈澱池、沈砂池等が耐震診断により地震に対して弱いことが判明しています。
 耐震化方法は、耐震壁の設置や増し打ちコンクリートによる耐震補強をメインにして行いますが、耐震補強による耐震化が困難な施設については、新たに造りかえています。
 平成25年度までに、池棟上屋、沈澱池の耐震補強、耐震性能を有した配水池の建設を終えており、平成27年度にはポンプ棟上屋の耐震補強を完了しました。
shashin-3
写真-3
耐震補強 施行前【管理本館】

shashin-4
写真-4
耐震補強 施工後【管理本館】(耐震壁設置)


 
写真-5
第3配水池

施設の耐震化率

平成28年度末現在
施設の耐震化率
施設系統 総施設数 耐震化済施設数 耐震化率(%)
高丘浄水場系統 24 15 62.5
錦多峰浄水場系統 14 13 92.9
浄水場施設計 38 28 73.7

今後の耐震化計画

耐震化計画
年度 耐震化施設
平成29年度 勇振ポンプ場(ポンプ井、上屋)、勇振着水井
平成30年度以降 錦多峰取水場沈砂池、高丘1号配水池、高丘原水量水井、
1号緩速ろ過池、2号緩速ろ過池、3号緩速ろ過池

管路の耐震化状況

 苫小牧市では、管路の耐震化に向けて水道管の更新を行っています。
 水道管の布設に際しては、強度の大きいダクタイル鋳鉄管(以下、DIP)と呼ばれる水道管を使用しています。地震により管そのものが割れたり、折れたりすることはほとんどありませんが、水道管の接合部分である”継手”が一番の弱点であるため、地震の際は継手が外れて断水になることがあります。
 DIPにはA形、K形、T形、S形、SII形、US形、NS形、GX形、等の継手の種類があり、この中でも地震に強い継手の抜出防止機能のついた耐震継手であるSII形、US形、NS形、GX形を使って、水道管の布設を行い、管路の耐震化を進めています。
 

老朽水道管の更新率

 苫小牧市には、老朽水道管が現在も残っており、その更新を行っています。
 対象となる水道管は、普通鋳鉄管、コンクリート管、塩ビ管と呼ばれる管種で、地震に対して弱く脆弱な管となっています。
 下記の表は、市内にある老朽水道管の更新率を示したもので、平成28年度現在までに79.9%の老朽水道管が取り替えられています。
平成28年度末現在
老朽水道管の更新率
管路名 総延長(m) 更新済延長(m) 更新率(%)
老朽管路 207,496 165,813 79.9

重要水道管路の耐震化率

 苫小牧市では、平成22年度から災害発生時の救急告示医療機関(5箇所)や災害対策本部、応急給水拠点へ向かう水道管及び口径300mm以上の重要水道管を、優先的に耐震化する事業を進めています。
 以下の表は、市内にある重要水道管路の耐震化率を示したもので、平成28年度現在までに58.0%が耐震化を終えています。
平成28年度末現在
重要水道管路の耐震化率
管路名 総延長(m) 耐震化済延長(m) 耐震化率(%)
重要水道管路 121,697 70,577 58.0
 ※苫小牧市の基幹管路の耐震化率は約62%になっており、全道で3位となっています。(平成26年度末現在)

お問い合わせ

上下水道部水道整備課
電話:計画係:0144-32-6587、工事係:0144-32-6589
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

水道の計画・施設

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません