ここから本文です。

建設リサイクル法に基づく届出

 平成14年5月30日に施行された建設工事の係る資材の再資源化等に関する法律(建設リサイクル法)により、一定規模以上の建設工事において分別解体及び再資源化することが義務付けられ、工事着手前に苫小牧市への届出書の提出が必要となります。

工事の規模

対象建設工事の種類 規模の基準
建築物の解体 床面積の合計 80㎡
建築物の新築・増築 床面積の合計 500㎡
建築物の修繕・模様替等 請負代金の額 1億円
建築物以外のものの解体・新築等
(土木工事等)
請負代金の額 500万円
 対象工事の範囲
  ①請負契約により行われる工事、契約ごととなります。
  ②自主施工により行われる工事は、工事の規模によるもののほか、この工事を請負者に施工された場合の請負代金相当額となります。

特定建設資材

  次の建設資材(特定建設資材)が用いられる建築物等の解体工事、特定建設資材を使用する建築物等の新築工事等(修繕工事など含む)であること。
  ①コンクリート
  ②コンクリート及び鉄から成る建設資材
  ③木材
  ④アスファルト・コンクリート
  ※上記資材の使用量・発生量の多少は関係ありません(少量でも対象となります。)

届出の提出

 対象建設工事等の発注者(自主施工者を含む)は、工事の着工の7日前までに提出してください。
 また、届出提出から7日間は、工事着手ができません。
 なお、委任状を添付し、代理者又は代行者が提出することができます。

届出書類

工事の種類 届出書
①建築物の解体 ・届出書(様式第一号)+別表1
・案内図
・設計図又は現状のわかる写真
・工程表
②建築物の新築・解体 ・届出書(様式第一号)+別表2
・案内図
・設計図又は現状のわかる写真(新築を除く)
・工程表
③建築物の修繕・模様替 ・届出書(様式第一号)+別表3
・案内図
・設計図又は現状のわかる写真(新築を除く)
・工程表
④建築部以外のものの解体・新築工事等(土木工事等) ・届出書(様式第一号)+別表3
・案内図
・設計図又は現状のわかる写真(新築を除く)
・工程表
※代理者又は代行者が提出する場合は、委任状を添付してください。

届出様式

・届出書様式集(pdfPDF版(37.04 KB)、xlsExcel版(117.00 KB))
・委任状  (pdfPDF版(28.36 KB)、docWord版(23.50 KB))
・記載例  (pdf様式第一号(56.79 KB)、pdf別表1(67.03 KB).pdf委任状(35.81 KB))

煙突の石綿について

 過去に建築された煙突には今も煙突に石綿が残されている可能性があります。
 劣化状況や管理の状況によっては飛散するおそれがあるため、正しい理解、適切な取扱いが必要です。
 pdf煙突石綿断熱材の適切な取扱いについて(建築物の所有者等の皆様へ)※国土交通省より(430.30 KB)

建築物の解体工事における安全確保について

 平成29年1月25日、福岡県福岡市内でビル解体工事において、外壁の倒壊により、大惨事となりかねない事故が発生しました。
 建築物の解体工事における危害防止対策については、既に周知されている「建築物の解体工事における外壁の崩落等による公衆災害防止対策に関するガイドラインについて」により、施工者等が留意すべき内容がまとめられております。
 今後このような事故の再発を防止するため、建築物等の除却工事を行う場合は建築基準法第90条等の法令遵守及びガイドライン等に基づいて危害防止対策の徹底を図り、安全確保に必要な対策を講じていただきますようお願いします。
 
 建築物の解体工事における外壁の崩落等による公衆災害防止対策に関するガイドラインについて(国土交通省HP)
 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

都市建設部建築指導課
電話:建築確認係:0144-32-6522、指導係:0144-32-6527
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

建築確認申請、リフォーム支援事業、定期報告など

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません