ここから本文です。

除雪について

除雪体制について

 平成28年度は、58社・164台の除雪機械により、車道を市内11ブロック、歩道を10ブロックに分けて除雪作業をしております。
 除雪機械の種類は、除雪専用車(ダンプトラック)・グレーダー・タイヤショベル(バケット、汎用、アングリングプラウ)・ロータリー除雪車などで除雪作業を実施しております。
 除雪に入るかどうかは、天候及び雪質等によって異なりますが、降雪量が10cm以上で、雪や吹雪で車が走行できない等支障がある場合に除雪を行っております。なお、雪が降り続いている場合等は、出動を見合わせることがあります。また、作業開始から終了まで長時間(約14~24時間程度)を要します。
 車道除雪は、幹線道路(片側2車線以上の道路)・準幹線道路(バス路線)・生活道路(幹線、準幹線以外の道路)を同時に実施するようにしております。
 歩道除雪は、幅員1.5m以上の路線を機械で施工していますが、1.5m未満の路線については機械が入れない為、除雪はしておりませんのでご理解願います。平成16年度より、学校周辺の通学路の一部に限り、人力による除雪を実施しています。

 

除雪時のご協力について

次の5項目については特にご協力をお願いいたします。
(1)路上駐車はやめよう!!・除雪中は危険!絶対近づかないで!!
  路上駐車は、除雪の支障となりますのでやめてください。除雪作業中は危険ですので除雪車両には近づかないで下さい。
(2)路上に物を置かないで!!
  路上への設置物は、除雪作業に支障となりますので撤去してください。
(3)宅地内の雪は宅地内で!!
  宅地内の雪は道路に出さず、宅地内で処理してください。又、車道内の雪でも除雪した後に雪を出さないでください 交通の支障になります。
(4)間口処理にご協力を!!
  除雪後、出入口に多少の雪が残りますが、間口処理のご協力をお願いします。
(5)融雪時の雨水桝周辺の除雪はみんなの手で!!
  雨水桝には雪を捨てないでください。

 

青空駐車は重い処罰を受けます! (長時間駐車の違反~20万円以下の罰金)

 路上駐車は、除雪の支障となりますのでやめてください 。
「自動車の保管場所の確保等に関する法律(車庫法)」により、道路を自動車の保管場所として使用することはできません。駐車禁止となっていない道路であっても、同一の場所に引き続き12時間以上(夜間は8時間以上)駐車すると車庫法違反となります。(北海道警察)
 

雪や破砕した氷などを道路に投げることは道路交通法で禁止されています!

 雪や破砕した氷などを道路に投げることは、道路交通法施行細則第19条第2項で禁止行為とされており、道路交通法違反です。交通の支障や妨害となり事故を引き起こす危険性があるので、投げないようにしてください。

除雪作業以外にも、路面凍結による渋滞やスリップ事故を未然に防ぐため、凍結防止剤を散布しております。主に幹線・準幹線道路を散布し、交差点付近、跨線橋などの勾配の急な坂道や上り下りの急カーブ、踏切を対象に散布しております。平成16年度より、機械及び人力で除雪した歩道について必要に応じ、人力による凍結防止剤散布を実施しております。
 
 

凍結防止剤の散布について

 除雪作業以外にも、路面凍結による渋滞やスリップ事故を未然に防ぐため、凍結防止剤を散布しております。主に幹線・準幹線道路を散布し、交差点付近、跨線橋などの勾配の急な坂道や上り下りの急カーブ、踏切を対象に散布しております。平成16年度より、機械及び人力で除雪した歩道について必要に応じ、人力による凍結防止剤散布を実施しております。
凍結防止剤機械散布の写真1凍結防止剤機械散布の写真2

 

「みんなで除雪」のパンフレットについて

   (「みんなで除雪」のパンフレットのダウンロードはpdfこちら(1.11 MB)から)
 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

都市建設部道路維持課
道路管理事務所:北海道苫小牧市字糸井402番地4
電話:工事係:0144-32-6489、許認可係:0144-32-6491、維持係(道路管理事務所):0144-73-5000
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません