ここから本文です。

高砂下水処理センター

高砂下水処理センター1高砂下水処理センター2

高砂下水処理センターは苫小牧駅から2kmほど南下した、海岸沿いに位置し、市内中心部および東部地区(勇払・沼ノ端地区を除く)を処理区域とする分流式(一部合流式)の下水処理センターです。当センターの歴史は古く、昭和34年に簡易処理ながら道内初の終末処理場として運転を開始しました。苫小牧市の下水道普及率が高いのは(99.1%・平成28年度)、長い時間をかけて普及に取り組んできた成果です。

施設概要

施設概要
運転開始 昭和34年4月2日
敷地面積 20,820平方メートル
処理能力 33,600立方メートル/日
処理方式 標準活性汚泥法
放流先水域 太平洋 苫小牧海域(2)
環境基準 C-ロ
水処理施設 沈砂池 2池
最初沈殿池(中央系) 3系列6池
最初沈殿池(汐見系) 4系列8池
反応タンク 3池
最終沈殿池 4池
滅菌施設 3池
汚泥処理施設 初沈汚泥を西町下水処理センターへ圧送

流入・放流水質(平成28年度年平均)

流入・放流水質
項目 中央系流入水 汐見系流入水 放流水 放流水の基準
BOD 180 190 4.7 15mg/ℓ
COD 120 130 12 160mg/ℓ以下
SS 133 172 4 40mg/ℓ
大腸菌群数 110,000 120,000 3 3,000個/立方センチメートル
※BOD、CODは、数値が高いほど水が汚れていることを示します。BODは、微生物が有機物を分解するのに使う酸素量、CODは酸化剤で有機物を分解して消費する酸素量で測ります。放流水の基準は、河川はBOD、海域はCODにより定められています。

お問い合わせ

上下水道部高砂下水処理センター
053-0013
北海道苫小牧市高砂町1丁目4番22号
電話:0144-32-7081
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

下水処理センター

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません