ここから本文です。

環境対策

環境対策

  • 完全燃焼と公害防止技術により、焼却施設によって発生する、排ガス中のばいじん、塩化水素、硫黄酸化物、窒素酸化物、一酸化炭素、ダイオキシン類などの発生を防止しています。
  • これらの物質については、定期的にその排出濃度を測定し管理しています。
  • 焼却熱を利用して発電を行うほか、施設内の給湯、暖房にも使っています。
  • 運転管理の自動化により、効率的な運転を行っています。

有害物質の法規制値と発生対策

ごみ焼却に伴って発生する有害物質における法規制値とその物質に対する発生対策を掲載しています。
 
  法規制値 発生対策
ばいじん 80mg/N㎥ 以下 ろ過式集じん器で捕集
塩化水素 700mg/N㎥ 以下 乾式消石灰吹き込みで除去
一酸化炭素 100ppm 以下 自動燃焼装置で管理
硫黄酸化物 K値=6.42 以下 乾式消石灰吹き込みで除去
窒素酸化物 250ppm 以下 自動燃焼装置で管理
ダイオキシン類 1.0ng-TEQ/N㎥ 以下
(自主規制値 0.1ng-TEQ/N㎥ 以下)
活性炭を吹き込む
ろ過式集じん器で捕集
 

公害防止監視装置

各有害物質に対する監視装置を物質ごとに紹介しています。
 
公害防止監視装置 硫黄酸化物連続測定器
窒素酸化物連続測定器
塩化水素連続測定器
酸素連続測定器
一酸化炭素連続測定器
ばいじん連続測定器
 
 

各用語の解説

ばいじん ばいじんとは、物が燃えた際に発生・飛散する非常に小さな物質を指します。
ばいじんは、大気汚染防止法で規制されている「ばい煙(いおう酸化物、ばいじん、各種の有害物質)」の一種です。
ろ過式集じん器 消石灰・活性炭を吹き込んだ有害物質を『ろ布』と呼ばれる特殊な布を通過させる事によって吸着させる装置です。
塩化水素 塩化ビニール樹脂の燃焼の際に多量に発生するものです。
大気を汚染するだけでなく、焼却炉の劣化も促進させる有害物質です。
消石灰 有害物質を乾いた消石灰(粉末)を吹き込み反応させて発生量を減少させます。
一酸化炭素 酸素が不十分な環境で不完全燃焼を起こすと発生する有害物質です。
自動燃焼装置 不完全燃焼が発生しないように焼却における燃焼を自動化させる装置です。
自動化によって不完全燃焼を減少させ有害物質を減少さます。
硫黄酸化物 石油や石炭などの化石燃料が燃える際に発生する大気汚染物質です。
窒素酸化物 燃料を高温で燃やすことで、燃料中や空気中の窒素と酸素が結びついて発生する大気汚染物質です。
ダイオキシン類
主に塩素を含んだものが燃えるとき、特に不完全燃焼のときや化学物質の製造過程における副生物や不純物として非意図的に生成される有害な化合物です。
活性炭 ダイオキシンを含むガスを活性炭と反応させて発生量を減少させます。

 

お問い合わせ

環境衛生部ゼロごみ推進室施設管理課
059-1364
北海道苫小牧市字沼ノ端2番地の25
電話:0144-55-2536
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

施設での取組み

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません