ここから本文です。

現在位置

環境にやさしいライフスタイルの確立に向けたレジ袋削減に関する協定

レジ袋削減の推進

平成19年4月の容器包装リサイクル法改正により、レジ袋などの容器包装を一定量以上利用する事業者に、容器包装の低減目標の設定、容器包装の有償化、マイバッグの配布など、排出抑制を進めるための取り組みが求められています。
以前から事業者はレジ袋辞退者への割引サービスやマイバッグの配布など行ってきましたが、この容器包装リサイクル法改正に伴い、さらにレジ袋の無料配布中止・有料化など様々な取組が、全国各地で広まってきています。

レジ袋削減の効果は?

現在、日本国内で使用されるレジ袋の年間使用枚数は約305億枚とされ、国民(乳幼児を除く)一人当たりの年間使用枚数は約300枚とされます。
レジ袋の原料は原油であり、この305億枚を原油に換算すると、日本の年間輸入量の1日分弱にあたる約55.8万KLが消費されます。
レジ袋を削減することは、ごみの減量化、石油資源の節約、製造・焼却の際に発生するCO2削減による地球温暖化防止につながります。(日本ポリオレフィンフイルム工業組合)

道内初!協定の締結について    


苫小牧市では、ごみの減量化や資源の有効活用、環境負荷の軽減の観点等から、レジ袋の無料配布中止・有料化の実施について、市内スーパー等の事業者5社、苫小牧消費者協会、苫小牧市の三者による協定を、平成20年5月14日道内で初めて締結いたしました。
協定の内容は、レジ袋削減率やマイバッグ持参率の目標値、目標年の設定やレジ袋有料化による収益金※の使途を環境保全活動や地域貢献活動の取り組み等に使用する事となっています。
 (※有料レジ袋販売代金から袋原価、消費税及びその他必要経費を除いた金額)
平成20年5月14日協定式の様子

 

現在、協定締結を行っている市内の事業者は8社、店舗数は27店舗です。

「レジ袋削減に関する協定」の経緯

「レジ袋削減に関する協定」の経緯
平成20年 5月14日 5社14店舗 レジ袋削減に関する協定締結
平成20年 6月30日 3社11店舗 レジ袋削減に関する協定締結
平成20年 9月21日 1店舗 コープさっぽろ沼ノ端店閉店により、脱退
平成21年 1月14日 1店舗 Food!100 ときわ店閉店により、脱退
平成21年 2月 6日 1店舗 レジ袋削減に関する協定締結 
平成21年11月20日 1社 1店舗 レジ袋削減に関する協定締結
平成22年 1月11日 1社 1店舗 (株)イトーヨーカ堂苫小牧店閉店により、脱退 
平成22年11月 9日 1社 1店舗  スーパーバルス日新店閉店により、脱退
平成22年11月 9日 1店舗 レジ袋削減に関する協定締結
平成23年 6月20日 1店舗  コープさっぽろ弥生店閉店により、脱退
平成25年4月30日  1店舗  ラルズマート苫小牧駅前店閉店により、脱退
平成28年3月31日  1社 3店舗 レジ袋削減に関する協定締結

レジ袋の無料配布中止・有料化を実施しているお店

レジ袋の無料配布中止・有料化を実施しているお店
実施店舗 ホームページ
イオン北海道(株)イオン苫小牧店 関連ページ
生活協同組合コープさっぽろ ステイ店 関連ページ
パセオ川沿店
桜木店
栄町店
ときわ店
(株)豊月 フードD沼ノ端食彩館 関連ページ
フードD双葉食彩館
フードDOASIS
フードD見山食彩館
フードD Vian
(株)ホクレン商事 ホクレンショップ苫小牧店 関連ページ
ホクレンショップ沼ノ端店
ホクレンショップFood Farm苫小牧しらかば店
マックスバリュ北海道(株) 新花園店 関連ページ
支笏湖通り店
澄川町店
有珠川店
沼ノ端店
弥生店
(株)メガスポーツ スポーツオーソリティ苫小牧店 関連ページ
(株)ラルズ ビッグハウス明徳店 関連ページ
ビッグハウス明野店
ビッグハウス光洋店
(株)トライアルカンパニー スーパーセンタートライアル苫小牧店 関連ページ
ディスカウントストアトライアル大成店
スーパーセンタートライアル苫小牧東店
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

環境衛生部ゼロごみ推進室ゼロごみ推進課
059-1364
北海道苫小牧市字沼ノ端2番地の25
電話:0144-55-4077
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

ごみ減量の取組み

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません