ここから本文です。

「警戒レベル」を用いた避難情報の発令について

水害・土砂災害の避難情報等の伝え方が
「警戒レベル」を用いた発令に変わります

平成30年7月豪雨(西日本豪雨)の教訓を踏まえ、内閣府作成の「避難勧告等に関するガイドライン」が改訂されました。
新たなガイドラインでは、5段階の警戒レベルを用いて、出された情報から住民等が取るべき行動を直感的にわかるよう伝達することとなりました。

※警戒レベルは、洪水、土砂災害、高潮、内水氾濫に用いられます(津波は対象外)。
※警戒レベル1~5の順番で発表されるとは限りません。状況が急変することもあります。
警戒レベル 住民がとるべき行動 避難情報等 防災気象情報
住民等が自主的に行動するための参考情報
警戒レベル
既に災害が発生している状況です。
命を守るための最善の行動をとりましょう
※1
災害発生情報
(市が発令)
警戒レベル5
相当情報
氾濫発生情報
大雨特別警報等
警戒レベル
全員避難
速やかに避難先へ避難しましょう。
屋外へ避難することが危険だと思われる場合は、自宅の2階など、より安全な場所に避難してください。
※2
避難勧告・
避難指示(緊急)

(市が発令)
警戒レベル4
相当情報
氾濫危険情報
土砂災害警戒情報等
警戒レベル
高齢者等は避難
避難に時間を要する人(高齢者、乳幼児等)とその支援者は避難をしましょう。
その他の人は、避難の準備を整えましょう。
避難準備・
高齢者等避難開始
(市が発令)
警戒レベル3
相当情報
氾濫警戒情報
洪水警報等
警戒レベル
避難に備え、ハザードマップ等により、自らの避難行動を確認しましょう。 洪水注意報
大雨注意報等
(気象庁が発表)
警戒レベル
災害への心構えを高めましょう。 早期注意報情報
(気象庁が発表)
※1 災害が実際に発生していることを把握した場合に、可能な範囲で発令
※2 地域の状況の応じて緊急的又は重ねて避難を促す場合等に発令
 
内閣府(防災担当)・消防庁作成チラシ 
警戒レベルに関するチラシ(表面)
pdf(991.81 KB)
警戒レベルに関するチラシ(裏面)
pdf(537.67 KB)
画像をクリックすると拡大します
 
防災気象情報と警戒レベルとの対応について(気象庁発表ページへ移動します)
避難勧告等に関するガイドラインの改定(内閣府発表ページへ移動します)

災害情報等

市の災害警戒・対応状況のページはこちら
気象注意報・警報発表状況(室蘭地方気象台のページへ移動します)






 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

市民生活部危機管理室
電話:0144-32-6280
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

トピックス

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません