ここから本文です。

『振り込め詐欺』等急増!

  • 『携帯電話の番号が変わった』という電話は詐欺です。
  • 振り込む前に警察や家族に確認しましょう。
振り込め詐欺


発生事例


 

【特殊詐欺被疑者の逮捕】


苫小牧署は平成29年10月9日(月)、共謀して、本年5月に80歳代女性から現金をだまし取った会社員の男(24歳)を詐欺で逮捕しました。(10月12日発信:北海道警察本部)   

【特殊詐欺警報発令!!(29.10.5)】


     親族をかたるオレオレ詐欺の連続発生

 ○ 道内において親族をかたるオレオレ詐欺が連続発生しています。
    今後も連続して被害が発生するおそれがあることから、本日【特殊詐欺警報】 を発令しました。

 ○ 警報の概要は、
 ・発令期間10月5日(木)から10月18日(水)まで
 ・発令区域北海道全域

 ・主な手口親族をかたる者から、
 「のどにポリープができた」
 「病院や銀行でかばんを盗まれた」
 「かばんに会社のお金や小切手が入っていた」
 「会社でお金を用意できない、お金が必要」
 「上司の家族の者がお金を取りに行く」
 「弁護士がお金を取りに行く」
 などと言って、被害者方を訪問し、現金をだましとるもの です。

 ○ 10月2日から10月4日までの間に網走市、札幌市、名寄市において、
 3件、1,360万円の被害が出ています。
 その他に、道内で多数の予兆電話が入っており、今後も被害が発生する
 おそれがあることから全道レベルで最大限の警戒をお願いいたします。
(10月6日発信:北海道警察本部)
 

「苫小牧で約4,500万円の詐欺被害発生!」
 

市内の80代の女性が約4,500万円の特殊詐欺被害に遭いました。
6月、女性のお宅に電話会社の社員を名乗る男から「農業機械の会社に投資したいので、あなたに届いている投資の用紙に興味がなければ譲ってほしい」旨の電話がありました。
女性が了承すると、警察官を名乗る男から「投資で名義貸しをしたので逮捕する」と電話が来ましたが、弁護士を名乗る男から「保管金を支払えば和解になる」と言われ、犯人の指示どおり複数回、東京都内に現金を宅配便で送付しました。

「名義貸しで逮捕」「レターパック」「宅配便でお金を送れ」は詐欺です!
(9月25日発信:北海道警察本部)
 

「特殊詐欺警報」の発令!

○発令期間 平成29年8月15日(火)から8月28日(月)まで
○発令区域 北海道全域
○主な手口 
 息子や孫をかたる者から、
「風邪を引いた、明日家に行く」
「病院や電車でカバンを盗まれた」
「友達と株をして失敗した」
「取引先との契約にお金が必要だ」
「上司の家族の者がお金を取に行く」

「弁護士がお金を取に行く」
 などと言って、被害者の自宅を直接訪問したり、被害者の家の近くに呼び出して、現金やキャッシュカードを騙し取るものです。
 このような電話が来たら、家族や警察に相談しましょう。(8月15日発信:北海道警察本部)
  • 医療費の還付金詐欺に係る不審電話が増えています!!

    市役所を名乗りATMの使用方法を指示し、振込みさせる詐欺の電話が急増しています。

     ※平成29年8月18日(金)のみで複数の情報提供がありました。十分にご注意ください。また、不審な電話等がありましたら、国保課までご連絡ください。

    市役所職員がATMの操作を指示することは絶対にありません!!

    問い合わせ先:国保課【総務係 32-6418】【給付係 34-6425】【出納係 32-6426】【年金係 34-6429】
     
    苫小牧警察署 35-0110    (8月18日発信:安全安心生活課)

  • 介護保険還付金に関する「不審電話」!
平成29年7月27日(木)から8月7日(月)にかけ連続して、市内で市役所職員を名乗る男性から、「介護保険の還付金」を口実に銀行名、口座番号、暗証番号を聞き出そうとする不審電話がありました。
いずれも、市への問合せがあったため、介護保険の還付は無いことがわかりました。
このような不審な電話がありましたら、市や警察に確認とご相談をお願いします。
問い合わせ先:介護福祉課 32-6341 
       苫小牧警察署 35-0110
(8月14日発信:安全安心生活課)
 
  • 水道料金に関する「不審電話」! 平成29年7月19日(水)、水道料金の支払いを求める不審な電話があったと、市民の方から情報提供がありました。電話では「水道料金の未払いがあるので、支払ってください」というものでした。
 水道料金を納付書で支払ったとき、必ず領収書がお客様に渡されますので、大切に保管しておいてください。
 水道料金に関することで不審な電話があった場合は、上下水道部営業課までご確認ください。
 「お問合わせ先」  上下水道部営業課
  電話:直通 0144-32-6634 代表 0144-32-6111(内線2370)
 
  • オレオレ詐欺の発生!
平成29年7月11日(火)昼過ぎに、浜町で、孫を名乗る男性から現金をだまし取られました。(7月14日発信:苫小牧警察署)
 
  • 詐欺被疑者の逮捕
 平成29年7月11日(火)、苫小牧署は、平成28年1月に函館市内の金融機関において、嘘を言って通帳などをだまし取った無職の男(41歳)を詐欺で逮捕しました。(7月14日発信:北海道警察本部)
 

「特殊詐欺警報」の発令!

○発令期間 平成29年7月3日から7月16日まで
○発令区域 北海道全域
○発令内容 
 警察官や金融庁職員をかたる者から、
詐欺の犯人を逮捕しました。」
「あなたの名前の偽造された通帳がありました。」
「預金が引き出されるおそれがあります。」
「通帳とキャッシュカードを作り直す必要があります。」
「暗証番号を教えてください。」

「キャッシュカードを確認します。」
 などと言って、被害者方を訪問して暗証番号を聞きだし、キャッシュカードをだまし取るものです。このような電話が来たら、警察に相談しましょう。(7月5日発信:北海道警察本部)
 
  • 平成29年6月29日(木)から30日(金)にかけ、江別市、小樽市、北広島市で、警察官や金融機関職員をかたってキャッシュカードをだまし取り、聞き出した暗証番号で現金を引き出すオレオレ詐欺(被害総額約250万円)が発生し、被害拡大のおそれがあるため特殊詐欺警報を発令しました。警察官などをかたり、「通帳が偽造されている」「預金が引き出されるおそれがある」などと言ってキャッシュカードを受け取りに来ようとする電話はオレオレ詐欺です。絶対に他人にキャッシュカードを渡したり、暗証番号を教えたりせず、警察相談専用電話#9110に相談を!! (7月3日発信:北海道警察本部)
  • 水道料金に関する「不審訪問」! 
平成29年6月28日(水)、苫小牧市内の自宅に訪問者があり、水道料金の支払いを求められたとの情報提供がありました。訪問者の特徴は白と青の制服の2人組、「水道料金の未払いがあるので、支払ってください」。  
上下水道部では、原則として水道料金の集金は行っておらず、検針等の業務を委託された業者が集金を行うこともありません。
  水道料金に関することで、不審な訪問があった場合は、上下水道部営業課
  までご連絡ください。
 (お問合わせ)上下水道部営業課 
     電話直通:32-6634、電話代表:32-6111(内線2370)
  • 「オレオレ詐欺」と「還付金詐欺」の予兆電話の連続発生!
平成29年6月28日(水)、小樽市内で警視庁などの警察官を名乗って
「犯人が持っていた資料の中からあなたの個人情報が出てきました。」
「金融庁から連絡があります。」
などと言って、お金等をだましとろうとする電話が多数発生しています。

このような電話は、その後警察官や金融庁を装った者から、「現金、通帳またはキャッシュカードを預らせてください。」と連絡が入り、受け取りに来るなどの「オレオレ詐欺」に発展する可能性が極めて高い予兆電話と認められます。
また、同日、札幌市で区役所職員や銀行員を名乗って「年金、医療費の還付金があります。通知が届いていませんか。」
「手続きのためスーパーのATMに行ってください。」
などと言って、お金を振り込ませてだましとろうとする詐欺の電話が多数発生しています。このような電話はオレオレ詐欺特有の手口なので注意しましょう。(6月29日発信:北海道警察本部)
 

警察官を名乗る不審電話に注意!

札幌市内及び北広島市内のご家庭に、道警や警視庁の警察官を名乗る男から、「あなたの通帳が詐欺事件に使われている。」などと言って、家族構成や口座番号を聞き出す不審電話が多数発生しています。
このような電話はオレオレ詐欺特有の手口なので注意しましょう。(6月28日発信:北海道警察本部)
 

大手企業を装った架空請求に注意!

Amazon,Yahoo!,DMM.com, J:COMなど各種インターネットサービスを提供する企業を装った架空請求メールに関する相談が寄せられています。多くは有料動画サイトの未納料金の名目で高額な料金を請求してくるものです。その中でも、特に5月中旬以降、Amazonを装ったものが急増しています。利用しているサービスの利用状況や契約内容を確認し、身に覚えのない請求については絶対に電話連絡せず、警察に相談してください。(6月28日発信:北海道警察本部)
 

口座番号を聞き出す不審電話に注意!

 平成29年6月14日(水)~15日(木)、札幌市内で社会保険庁や市役所等の職員を名乗る者が「健康保険や医療費の還付金」を口実に口座番号を聞き出そうとする不審電話が複数件ありました。このような電話は、現金をだまし取る詐欺の可能性が高いので注意してください。(6月16日発信:北海道警察本部)
 

オレオレ詐欺に注意!

 平成29年6月10日(土)、札幌市内のご家庭に、警察官を名乗る男から、「不審な電話が来ていませんか」などの不審電話がありました。
同月12日には、同市で警察官を名乗って家族構成や預金に関することを聞き出そうとする電話が十数件、連続発生しています。
このような電話は、「不正に口座が作られている可能性がある」「通帳とキャッシュカードを預からせて」「犯人の指紋を調べるために現金を預からせて」などと言って、現金や通帳等をだまし取る詐欺に発展する可能性が非常に高いので、注意するとともに、すぐ家族や警察署等に相談しましょう。(6月13日発信:北海道警察本部)
 
  • 特殊詐欺未遂被疑者の逮捕
 平成29年6月7日(水)、苫小牧署は、共謀して、80歳代女性から現金を騙し取ろうとした自称無職の男(21歳)を詐欺未遂で逮捕しました。(6月9日発信:北海道警察本部)
 

大手企業を装った架空請求に注意!

Amazon,Yahoo!,DMM.com, J:COMなど各種インターネットサービスを提供する企業を装った架空請求メールに関する相談が寄せられています。多くは有料動画サイトの未納料金の名目で高額な料金を請求してくるものです。特に5月中旬以降、Amazonを装ったものが急増しています。利用しているサービスの利用状況や契約内容を確認し、身に覚えのない請求については絶対に電話連絡せず、警察に相談してください。(6月7日発信:北海道警察本部)
 

特殊詐欺警報発令!! 道内でオレオレ詐欺が連続発生!

  
平成29年6月1日(木)「特殊詐欺警報」を発令しました。
  • 発令期間 6月1日(木)から6月14日(水)まで
  • 発令区域 道内全域
  • 発令内容 息子や孫などの親族をよそおう
  「のどにポリープが出来た」
  「病院でカバンを盗まれた」
  「株で会社の金に手をつけた」

  と言って、現金を要求する手口のオレオレ詐欺が、道内各地で連続発生 
  し、現金受取役の「受け子」が道内で活躍している可能性が高いため、
  最大限の注意を呼びかけるものです。
  • 現金受渡しのため、駅や自宅の周辺に被害者を呼び出すケースが多くなっています。このような電話が来たら決して一人で判断せず家族や警察へ必ず相談しましょう。 (6月2日発信:北海道警察本部)
  • オレオレ詐欺事件の発生!
5月28日(日)から31日(水)までの間、苫小牧市内の80歳代の女性宅に、息子を名のる男から「喉にポリープが出来た」「病院に行ったら大事な物が入っていた鞄が無くなった」「お金を都合して欲しい」「上司の息子が取りに行くから」などと電話があり、取りに来た男に現金を手渡し、だまし取られる被害がありました。このような電話が来たら決して一人で判断せず家族や警察へ相談しましょう。 (平成29年6月1日発信:苫小牧警察署)
 

当選金を装った詐欺に注意!

高額のお金が当たったといって、手続費用をだましとる詐欺が発生しています。「1億円が当たりました、受け取り手続のため電子マネーを購入してください」等というメールがきていませんか?                                 突然お金が当たることは絶対にありません。詐欺ですので注意してください。このような電話が来たら、すぐに家族や警察に相談しましょう。
(平成29年5月30日発信:北海道警察本部)
 

オレオレ詐欺に注意!

苫小牧市内において、オレオレ詐欺の犯人から不審な電話が多数かかってきています。犯人は息子の名前を名乗り、キーワードとして「ノドの調子が悪い」「病院でカバンを盗まれた」「お金が必要」などとお金を要求してきます。実際の息子に確認をすることで被害は防止できます。「誰にも言わないで」と言われても、相談・確認をして被害にあわないよう気を付けましょう。両親と離れて住んでいる方は、定期的に連絡をして両親が騙されないよう声掛けをしましょう。このような電話が来たら、すぐに家族や警察に相談しましょう。(平成29年5月30日発信:苫小牧警察署)
 

オレオレ詐欺に注意!

札幌市内で5月21日から5月22日にかけて、被害者の息子を装った男から被害者宅に電話があり、「高校の友人が会社の金を横領して株を買っていたんだけど、オレも連帯保証人になっていて、300万円を返済しなければいけない」などと言われ、これを信用した被害者は、5月22日に弁護士の秘書を装った男に現金150万円を手渡し、だまし取られたものです。このような電話が来たら、すぐに家族や警察に相談しましょう。(平成29年5月24日発信:北海道警察本部)
 

オレオレ詐欺連続発生!家族にも注意喚起を!

道内でオレオレ詐欺が連続発生していることから、5月12日、「特殊詐欺警報」を発令しましたが、本日も道内各地の高齢者宅に同様の不審電話がかかってきています。息子や孫を装い、「株で失敗した」「電車で鞄が盗まれた」などと言って現金を要求する電話は「オレオレ詐欺」です。もうひとごとではありません。両親や祖父母にすぐ連絡を取り、十分注意しましょう。このような電話が来たら、すぐに警察に相談しましょう。(平成29年5月17日発信:北海道警察本部)
 

【特殊詐欺警報】が発令されました!

・発令期間
平成29年5月12日(金)から5月25日(木)まで
・発令区域
北海道全域
・発令内容
息子や娘などの親族をかたり、
「電車でカバンを盗まれた。」
「株で会社の金に手をつけた。」
「女性を妊娠させ示談金が必要だ。」

と言って現金を要求する手口のオレオレ詐欺が、道内各地で連続発生し、未だに「受け子」が道内に潜伏している可能性が高いため、道民に対して、最大限の注意を呼びかけるものです。

○ 被害は道内各地で起きており、その手口は「女からだましの電話が入る」、
「だましの文言に複数のパターンがある」など、これまでとは異なる部分もあり、油断できない状況です。
 現金を要求する電話は「オレオレ詐欺」です。このような電話が来たら、すぐに家族や警察に相談しましょう。(平成29年5月15日発信:北海道警察本部)
 
  • オレオレ詐欺の連続発生!
5月10日函館市、5月11日札幌市及び近郊で、息子をかたる者等(女性の場合もあり)からのオレオレ詐欺被害や予兆電話が連続発生しています。
そのうち函館市で発生したオレオレ詐欺は、本年5月10日、被害者の息子をった男から被害者宅に電話があり、

●「電車でカバンを盗まれた」
●「取引の現金が入っていたのですぐに金が必要だ」
などと言われ、これを信用した被害者は、同日、息子の知り合いを装った者に現金100万円を手渡し、だましとられたものです。

同様の電話が札幌市近郊で連続発生しているほか

●「会社の金を横領して株に手を出した、監査が入ってばれる。」
というだましの文言で現金をだましとられた事案も連続発生しています。
このような電話が来たら、すぐに警察に相談しましょう。(平成29年5月12日発信:北海道警察本部)
 

オレオレ詐欺の予兆電話に注意!

5月7日~8日、札幌市、室蘭市、旭川市のお宅に息子をかたる者から「耳の裏にしこりが出来て病院に行く」などと不審電話がありました。そのうちの1件のお宅には、「夫のいる女性との間に子供ができた。300万円を振り込んで欲しい」との要求もあります。電話で「息子や孫」を名乗り、「病気(耳のうらにしこり、のどにポリープなど)になった」「トラブル(女性を妊娠させた、会社のお金をなくしたなど)があり、お金が必要」などと言い現金を要求する電話は「オレオレ詐欺」です。このような電話が来たら、すぐに家族や警察に相談しましょう。(平成29年5月9日発信:北海道警察本部)
 

妊娠示談金を装った詐欺に注意!

4月26日、札幌市厚別区の被害者(60歳代、女性)宅に、息子をかたる者から、「夫のいる女性を妊娠させてしまい、示談金が必要になった。」という電話が入り、指定口座にATMから200万円を振り込む「オレオレ詐欺」が発生しました。また、一昨日から、札幌市内及び近郊において、息子や娘をかたる者から「明日いるかい?家に行くから」などという不審電話が続発しています。このような電話は、その後、お金を要求してくる「オレオレ詐欺」に発展する可能性が高いため、かかってきたらすぐ警察に相談しましょう。(平成29年5月2日発信:北海道警察本部)
 
  • 警察官を名乗るオレオレ詐欺予兆電話の続発!
     
 4月17日、函館市と北斗市の複数のご家庭に、警察官を名乗り、
● 「暴力団事務所に入ったら、あなたのデータや通帳があった。」
● 「口座からお金が引き出されるおそれがあるので、引き出しておいてください。」という予兆電話が続発しました。

 また、4月18日、札幌市豊平区でも複数のご家庭に、警察官(道警組織
犯罪対策課など)を名乗る同様の電話が続発しております。
この種の不審電話は、この後、これまでの傾向から、
■ 「あなたの口座が不正に利用されている可能性がある」等と言って動揺させたうえ、銀行員を名乗る仲間が「新しい通帳に交換してあげるので、通帳とキャッシュカードを預からせて」等と言って通帳等をだまし取る。

■ 預金を引き出して手元に保管させたうえ、「偽札が混じっている可能性があるので預かる」、「事件の捜査に必要があるので預かる」等と言って、現金を受け取りに来て、だまし取る。
 
 等「オレオレ詐欺」に発展する可能性が非常に高いと思われます。必ず最寄りの警察署に電話して確認してください。(平成29年4月21日発信:北海道警察本部)
 

架空請求メールに注意!

 各種インターネットサービスを提供する大手企業を装い、「有料サイトの未納料金がある」「連絡がなければ法的手続をとる」などと不安をあおり、架空のサイト利用料金を請求する不審メールに注意してください。身に覚えのない請求は慌てて連絡せず、警察に相談して下さい。(平成29年4月19日発信:北海道警察本部)
 

警察官を名乗るオレオレ詐欺に注意!

 4月17日から18日にかけて、札幌市内や函館市近郊のご家庭に、警察本部組織犯罪対策課や捜査四課などの警察官を名乗る男から、「暴力団の事務所を捜索したらあなた名義の通帳があった」「犯罪被害にあったことはありますか」などの不審電話が続けてありました。このような電話は、その後「警察でお金を預かっておく。」など現金の受け渡しを要求してくるオレオレ詐欺の手口です。このような電話があっても、警察官だとすぐに信じることなく、必ず最寄りの警察署に電話して確認してください。(平成29年4月19日発信:北海道警察本部)
 

特殊詐欺警報発令!

 4月4日(火)から6日(木)までの間、札幌市内で手交型のオレオレ詐欺が3件(被害総額約1000万円)発生しています。「喉にポリープが出来た」「病院でカバンを盗まれた」「上司の家族がお金を取りに行く」等と言ってお金を要求する電話は詐欺です。絶対に現金を渡してはいけません!。(平成29年4月10日発信:北海道警察本部)
 

オレオレ詐欺電話に注意!

 4月4日(火)、恵庭市に居住する80代の男性宅に息子を名乗る男から「喉にポリープが出来て病院に行ったとき、病院にカバンを忘れた」「会社の通帳や上司の大事な書類が入っていて、その書類の関係でお金が必要だ」等と電話があり、1500万円を要求されました。男性は被害を免れましたが、恵庭市内ではこの他にも同様の電話が多数ありました。「病院で鞄をなくした」「上司の息子がお金を取りに行く」などと言って現金を要求する電話は詐欺です。ツイッターをしていない方にもぜひ注意喚起してくださいい。(平成29年4月4日発信:北海道警察本部)
 

「J:COM」を装った架空請求メールに注意!

 ケーブルTV事業などを運営する「J:COM」を装い、架空の有料サイト利用料金等を請求しようとする不審メールの相談が増えています。身に覚えのない請求であれば、電話連絡や添付URLへのアクセスをせず、警察等に相談しましょう。(平成29年4月4日発信:北海道警察本部)
 
  • 振り込め詐欺連続発生
 4月3日(月)、千歳市の複数の家庭に息子を名乗る男から「喉にポリープが出来て病院に行った。病院でお金の入ったバッグを忘れてしまった」等の不審電話が続けてありました。実害はありませんでしたが、「現金入りのカバン」というキーワードが出ており、オレオレ詐欺目的の可能性がありますので注意してください。(平成29年4月3日発信:北海道警察本部)
 
  • 特殊詐欺被害防止に関する注意喚起情報(北海道 道民生活課)
 北海道警察本部から、特殊詐欺被害防止に関する情報提供がありました。
札幌市、北見市で被害が出ています。犯人が被害者の自宅近くへお金を受け取りに来る手口が目立っています。皆さんで情報共有して被害に遭う方が出ないよう注意しましょう。
------------------------------------------------------------
~オレオレ詐欺の発生について~
1 札幌市の事例
  3月13日、札幌市に居住する被害者(70歳代)宅に、息子を名乗る男から、「喉が
 痛くて病院に行ったら、会社の金が入ったカバンをなくした。会社に迷惑がかかるので金
 を用意して。」などと電話があったため、被害者が金融機関で現金を引き出し、自宅近く
 の路上で、上司の息子を名乗る男に180万円を手渡し、だまし取られた。
  14日にも、同様の電話があり被害者が金融機関で現金を引き出そうとした際に、金融
 機関職員が警察に通報し、追加要求の被害は防止できた。
2 北見市の事例
  3月14日、北見市に居住する被害者(80歳代)宅に、甥を名乗る男から、「会社の
 お金が入ったカバンをなくした。お金を貸して。」などと電話があったため、被害者が金
 融機関で現金を引き出し、指定された市内の路上で、上司の息子を名乗る男に600万円
 を手渡し、だまし取られた。
3 今年のオレオレ詐欺(同種手口)被害状況
  発生場所:札幌市、岩見沢市、苫小牧市、室蘭市、旭川市、帯広市
  被害総額:9件、約4000万円(上記被害を除く)
  主な被害者:70~90歳代の女性
  ※ 同じような不審電話が全道各地のお宅に多数かかってきています。
4 被害防止のポイント
  札幌市の事例については、1回目の被害は複数の金融機関のATMでの引き出しによる
 ものでしたが、2回目は、金融機関窓口での引き出しの際、高齢者の高額現金引き出し
 だったことから、金融機関職員が警察へ迅速に通報したため未然防止できたものです。
 (平成29年3月17日発信:北海道道民生活課)
 
  • 眼鏡修理を装った詐欺事案多発!

 苫小牧市内で、メガネの訪問修理を装った男にメガネ本体と先払いした修理代金を騙し取られる詐欺事案が数件発生しています。
 不要な契約はキッパリと断り、家族に相談するなどして被害に遭わないよう注意しましょう。【発信:3月14日苫小牧警察署】
 

パソコンサポート詐欺に注意!

 苫小牧市内の家庭に、民間企業を名乗る男から、「あなたのパソコンから会員登録がされた」「解約したければパソコンを遠隔操作して解約の手続きをする」などの不審な電話がありました。相手の言われるままにパソコンの遠隔操作を依頼した場合、有償のサポート契約をさせられる、ウィルスに感染させられるなどの被害に発展しますので、相手の要求に応じることなく家族や警察に相談しましょう。(平成29年3月10日発信:苫小牧警察署)
 

  • 特殊詐欺の予兆電話が多発!

 3月9日、苫小牧市内で、「のどにポリープができて病院に来たが会社の通帳などが入ったバッグが盗まれたのでお金を用意できるか」などの不審電話が多数ありました。近隣の室蘭市、千歳市においても、同様の不審電話がかかってきています。また、苫小牧警察署の警察官を名乗る不審電話もありました。電話の相手が親族や警察官を名乗っていても、一旦電話を切り、相手の言われた電話番号に連絡せず、自分の知っている親族等の電話番号に連絡
するなどして確認しましょう。(平成29年3月10日発信:苫小牧警察署)
 

  • オレオレ詐欺被害多発!

 2月以降、道内で特殊詐欺被害が増加しており、特に、息子や孫をかたり、現金をだまし取る「オレオレ詐欺」が多発しています。「会社の通帳が入ったカバンが盗まれた」「会社に返すお金を貸して欲しい」等と連絡があれば詐欺です!離れて暮らす家族にも伝えてください。(平成29年3月10日発信:北海道警察本部)
 

  • 架空請求詐欺の発生について(旭川市)
     

 北海道警察本部から、特殊詐欺被害防止に関する情報提供がありました。
[被害の概要]
3月4日、被害者(男性、50歳代)の携帯電話に、有料動画サイトの料金未払いに関するメールが入ったため、問合せしたところ、サイト運営会社を名乗る者から「35万円を電子マネーのギフトカードで払って。」と要求がありました。
 被害者は、コンビニエンスストアで同金額分のカードを購入し、カード利用に必要な番号を伝えてしまいました。
3月6日、7日には、弁護士を名乗る者から、「さらに料金の未納がある」連絡があったため、同様の方法で190万円をだまし取られました。
【被害防止のポイント】
○ 電子マナーのコード番号をファックス、メール(画像付きメール)等で送信しようとしている方
○ 電子マネーでの支払いを求められていると説明している方
○ 電子マネーを購入しようとしているのに利用方法を知らない様子の方
 上記のような詐欺の被害に遭っていると思われる方がいましたら、声掛けをお願いします。(平成29年3月9日発信:北海道道民生活課)
 

オレオレ詐欺の予兆電話に注意!
 

 北海道警察本部から、特殊詐欺被害防止に関する情報提供がありました。
[電話の概要]
 3月6日、千歳市に居住する被害者(70歳代)宅に、
「ポリープができたので病院に行ったらカバンを盗まれた。」
「病院に防犯カメラがあるので警察官に捜査してもらい、それについての連絡がくるので電話に出てほしい。」などと電話がありました。
[ポイント]
○ 1月末から、同様の手口で札幌市、苫小牧市、帯広市、室蘭市でも被害を認知しています。
○ 同じ内容の予兆電話等は、札幌市各区、江別市、小樽市、旭川市、苫小牧市、室蘭市、
帯広市、岩見沢市などで相次いでいます。
詐欺目的の可能性がありますので、このような電話がかかってきた際は、必ず家族や知人、警察に相談して下さい。(平成29年3月7日発信:北海道道民生活課)
 

  • 特殊詐欺被疑者の逮捕

 平成29年3月6日(月)、苫小牧署は、共謀して、平成27年5月に苫小牧市内の路上において、70歳代女性から現金を騙し取った会社役員の男(51歳)を詐欺で逮捕しました。(平成29年3月7日発信:北海道警察本部)
 

  • 迷惑メール対策していますか?

 携帯電話の迷惑メール対策をしていますか?2月に入り、苫小牧警察署に「サイトの利用料金が未払い」「信用情報機関においてブラックリスト登録となる」などと携帯電話に身に覚えの無い不審なメールが届くといった相談が複数寄せられています。メールに記載されている連絡先に連絡すると、高額な利用料金を請求される架空請求詐欺の被害にあいます。迷惑メールをブロックする設定などの見直しを検討してみましょう。(平成29年3月1日発信:苫小牧警察署)
 

オレオレ詐欺の予兆電話に注意!

 札幌市や旭川市のご家庭に、捜査二課などの警察官を名乗る男から、「犯人を捕まえたらあなた名義の通帳があった。」「詐欺の被害者におじいさんの名前があった。」などの不審電話が続けてありました。詐欺目的の可能性がありますので、このような電話がかかってきた際は、必ず家族や知人、警察に相談して下さい。(平成29年2月28日発信:北海道警察本部)
 

DMM.comを装った架空請求メールに注意!

 有料動画サイトなどを運営するDMM.comを装い、架空の利用料金等を請求しようとする不審メールの相談が相次いでいます。身に覚えのない請求であれば、電話連絡や添付URLへのアクセスをせず、警察等に相談しましょう。(平成29年2月24日発信:北海道警察本部)
 

  • 家族がピンチ!!お金が必要!?

 全道で、オレオレ詐欺が発生しています。犯人の騙しの手口は、家族などを騙った電話で「通帳を無くして会社の支払いができない」「妊娠させてしまった」「喉の調子が悪い」などと必ずピンチな状況でお金を要求してきます。【家族のピンチをお金で解決できる内容】であれば、お金を用意する前に、警察に連絡してください。(平成29年2月18日発信:苫小牧警察署)
 

  • 優しいあなたへ!

 苫小牧市内で発生したオレオレ詐欺と同じ手口の被害が全道で発生しています。「私はダマされない」「お金がないから大丈夫」などと他人事と考えていませんか?急に家族から助けを求める電話がかかってきたとき、あなたは、家族の職場での地位などを考え「私が何とかできるなら」などと少しでも考えませんか?犯人は、そんなあなたの優しさに付け込んできます。家族であっても電話でお金の話が出れば詐欺を疑い警察に相談してください。(平成29年2月16日発信:苫小牧警察署)
 

  • オレオレ詐欺の発生!

 2月13日(月)、室蘭市内の80代女性宅に、孫を名乗る男から「喉にポリープが出来
て、病院で検査をした」「病院で会社の通帳と携帯が入った鞄が盗まれた」「取引先にお金を支払わないといけない」「もう死にたい」「今いくらある」等の電話がありました。この話を信用した女性は、自宅付近で上司の息子を名乗る男に1,800万円を手渡し、だまし取られました。道内各地で同じ手口での被害が連続的に発生し、不審電話も続いています。このような電話は詐欺です。必ず家族や警察に相談して下さい。(平成29年2月10日発信:北海道警察本部)
 

  • オレオレ詐欺の予兆電話の発生について

 北海道警察本部から、特殊詐欺被害防止に関する情報提供がありました。
 札幌市において息子を名乗るオレオレ詐欺の予兆電話を認知しています。        【概要】2月6日(月)、札幌市北区の被害者(60歳代)宅に、息子を名乗る男から、「病院でカバンをなくした。中に会社の重要な書類や携帯電話が入っていた。」「会社に損失を与えたので300万円上司に借りた。明日返すから300万円貸して欲しい。」などと電話がありましたが、被害者が詐欺の電話と気付き、金銭被害は出ておりません。同様の不審電話が札幌市北区で2件入っています。(平成29年2月10日発信:北海道道民生活課)
 

  • んん!?架空請求メール!!

 あなたの携帯電話に「未納料金がある」「今日中に連絡がないと法的措置をとる」「電話番号○○ー○○○○」などと身に覚えのないメールが届いたときどうします?
 今年に入り同様の手口で架空請求詐欺が発生しています。もし電話をしたら、犯人にコンビニなどで電子マネーの購入をうながされて、電子マネーとしてお金をだまし取られることになるかもしれません。心当たりのないメールを受けたときは、一切連絡せず、家族や警察に相談してください。(平成29年2月10日発信:苫小牧警察署)
 

不審電話にご注意!

 2月2日(木)と3日(金)、苫小牧市内に住んでいる方の携帯電話に、見慣れない電話番号からの着信があり、折り返し電話をかけると、「料金の未払いが継続しています」「代金回収サービス」などといった自動音声ガイダンスが流れ、そのまま手続きをしてお金をだまし取られそうになった事例がありました。身に覚えのない請求は、架空請求詐欺の可能性があります。このような電話であれば、まず電話を切り、家族や警察に相談しましょう。
(平成29年2月10日発信:苫小牧警察署)
 

息子を名乗る者からの電話に注意!

 札幌市、苫小牧市、旭川市のご家庭に、息子を名乗る男から、「喉にポリープができて病院に行ったらかばんが盗まれた。かばんには会社の通帳などが入っていて、お金が必要だ。なんとかお金を用意できないか。」などと電話がありました。その後、「上司の息子さんが近くにいるから取りに行ってもらう。」と言われ、訪問してきた男にキャッシュカードを手渡し、現金を引き出されてしまった方もいます。このような電話が来たら家族や警察相談電
話#9110へ相談を。この情報はツイッターを見ていないご家族等にも伝えて下さい。
(平成29年2月1日発信:北海道警察本部)
 

  • オレオレ詐欺未遂事件の発生

 1月31日(火)、苫小牧市内の被害者方(70歳代の女性)に、被害者の親族を名乗る男から、「喉にポリープができて病院に行ったら、会社の通帳などが入った鞄が盗まれた。」「鞄には会社の通帳が入っていて、支払いに必要な現金を下ろせない。」「何とかお金を用意できないか。」などと電話があった。同日、被害者が苫小牧市内の金融機関窓口で預金を払い戻そうとしたところ、事情を聞いた窓口職員がオレオレ詐欺だと看破し、未遂となったもの。
 電話の相手が親族を名乗ったとしても、金銭に関する内容であれば、一旦電話を切って、元々把握している電話番号に折り返し電話するなどして確認しましょう。(平成29年1月31日発信:苫小牧警察署)
 

金融機関を騙る不審電話に注意!

 1月23日(月)、苫小牧市内の家庭に、金融機関を名乗る女から、突然口座番号を尋ねられ、担当者の名前を確認するも名乗らないなどの不審な電話がありました。電話で口座番号や暗証番号は絶対に教えないでください。少しでも不審だと感じたら家族や警察に相談しましょう。(平成29年1月26日発信:苫小牧警察署)

最近の「振り込め詐欺」の特長 還付金詐欺

オレオレ詐欺に変り最近急激に増加しているのが還付金詐欺といわれる詐欺です。
電話口で税務署、市役所の職員などと名乗り安心させ、年金や保険料の過払い後期高齢者医療制度に絡む還付金、医療費の還付金の手続などといって現金を犯人の口座に振り込ませる手口です。

公的機関の職員を装う
  • 税務署の職員

  • 市役所の職員

  • 保健所の職員

などの職員を名乗り安心させます。

特長
  • 物腰柔らかく、親切、ていねい

  • 「手続は今日までです。」又は「今日が締め切りなので。」と急がせる。

  • 「窓口は混雑するので金融機関のATM(現金自動出入機)へ。」と誘導させる。

  • 近所の無人のATM(現金自動出入機)を指定する。

  • ATM(現金自動出入機)に着いたら携帯電話をかけさせる。

  • 「口座が振り込み出来るかどうか確認します。」といって残高確認をさせる。

  • 振込み先の名前が出ても「これは担当者ですから。」と安心させ振込みボタンを押させる。

防止策
  • 公的機関ではATM(現金自動出入機)を操作させて還付金の手続をさせることは絶対にありえません。

  • 根本的にATMで公的機関の還付手続きは”できない”ことを知っておくことです。

  • 電話がかかってきても動揺しない、慌てない。

  • 家族か公的機関(向こうから告げられた番号ではなく、番号案内で調べ直してから。)に連絡して事実か確認する。

  • 振り込む前に家族や警察に相談する。

「振り込め詐欺」の主な手口

  • 事前に家族の名前を調べ、名前を名乗るケースが多い。

  • 警察官や弁護士など、何人もの人が電話口で入れかわり、手口が巧妙化している。

  • 『交通事故の示談金』名目が最も多く、『借金の返済』や『妊娠中絶の手術費用』、『保証人となり借金の肩代わり』などを装って、現金を口座に振り込ませる。

  • 『痴漢示談金』名目で金を要求する新たな手口が増加している。周りに相談しずらい事が増加の原因になっているとみられる。

  • 命の危険や逮捕が迫っていることを強調し、振り込みを急がせる。

  • お金の振込先が何故か本州の口座が多い。

被害に遭わないために

  • 電話を一旦切った後、必ず本人や家族と連絡を取り、事実を確認しましょう。

  • お金を振り込む前に親戚や、身近な人や警察に相談しましょう。

  • 携帯電話番号は絶対に教えないようにしましょう。

  • 銀行や郵便局の窓口で、もう一度相談してみましょう。

日頃から注意しておくこと

  • 被害者の大半が、子や孫などと接触のない一人暮らしのお年寄りが多い。

  • 日頃から連絡を取り、被害に遭わないための対策を話し合っておきましょう。

  • お年寄りだけでなく、主婦を狙った交通事故の示談金を請求する詐欺も発生しています。家族で話し合い、連絡方法を確認しましょう。

  • 家族だけが分かる暗号や合言葉のようなものを考えておきましょう。

  • 警察官や裁判官が、示談の仲介に入ることはありません。

  • 交通事故が発生してすぐに、弁護士が示談金の仲介に入ることはありません。

  • 急を要する示談金というのはありません。

お問い合わせ

市民生活部安全安心生活課
電話:防犯・交通安全担当:0144-32-6287、消費生活係:0144-32-6304、消費者センター:0144-33-6510、計量検査所:0144-32-6306
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

犯罪発生情報

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません