ここからメインメニュー

メインメニューここまで

苫小牧市から日本へ、世界へ。

ここから本文です。

現在位置

植物工場が市の助成金の対象業種となりました!

平成27年4月から、苫小牧市企業立地振興条例の一部が改正され、植物工場が市の助成金の対象となりました。

改正理由

 近年、植物工場は、季節・天候に左右されず通年栽培が可能であり、食料の安定供給につながることや企業の農業への参入及び土地の有効利用などの観点から、農商工連携策として推進されており、全国でも立地が進んでいます。

 苫小牧市は、平坦で広大な土地、冷涼かつ安定的な気候など、立地に適した条件を有しています。また、植物工場の立地により、雇用機会の創出及び加工・流通施設や研究関連施設の集積、さらには再生エネルギーの活用、立地工場との廃熱やCO2の利活用なども期待されます。

 このようなことから、苫小牧市の優位性を活かし、植物工場の誘致を促進することで地域経済の活性化及び雇用機会の拡大を図るため、企業立地振興条例の一部を改正しました。


 

改正内容

 助成対象となる事業場に以下のとおり「植物工場」を追加しました。
 
対象事業場 改正前 改正後
工場
物流施設
再資源化施設
国際物流関連施設
機械修理施設
情報通信関連施設
試験研究施設
再生可能エネルギー発電設備
 
工場
物流施設
再資源化施設
国際物流関連施設
機械修理施設
情報通信関連施設
試験研究施設
再生可能エネルギー発電設備
植物工場
 
  • 対象となる植物工場
 植物の生育に必要な環境を人工的に制御し、養液栽培により室内での野菜等の植物を連続的に生産するとともに、省エネルギー又は新エネルギーの設備を導入している施設
 
  • 助成内容
優遇措置 対象要件 助成額 限度額
初期投資の軽減 新設 土地取得面積2,000㎡以上
固定資産取得価額2,000万円以上
契約締結日から3年以内の操業
市有地に限定
土地代の10%引き -
増設
事業場設置助成金 新設 土地取得面積2,000㎡以上(賃貸含)
固定資産取得価額2,000万円以上
新規雇用者
10人以上
3年の固定資産税
相当額
2億円
上記以外 2年の固定資産税
相当額
1億円
増設 増設等に関わる面積300㎡以上
固定資産税取得価額2,000万円以上
新規雇用者
5人以上
2年の固定資産税
相当額
2億円
上記以外 2年の固定資産税
相当額
1億円
雇用助成金 新設 固定資産税取得価額2,000万円以上
新規雇用者5人以上
新規雇用者1人あたり30万円 1億円
増設
緑化助成金 新設 土地取得面積2,000㎡以上
土地取得面積の10%以上の緑化
操業開始日から2年以内の緑化
緑化事業費の30%相当額 1,000万円
増設 土地取得面積300㎡以上
土地取得面積の10%以上の緑化
操業開始日から2年以内の緑化
   

お問い合わせ

産業経済部企業立地推進室企業立地課
電話:0144-32-6438
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

お知らせ

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません