ここから本文です。

現在位置

生活困窮者自立支援制度について

生活困窮者自立支援制度がスタートしました。桜桜桜

生活困窮者自立支援法が平成27年4月1日から施行され,生活にお困りの方の窓口が、4月から開設しました。
 

対象者

法律で対象となる方は「経済的に、困窮し、最低限度の生活を維持することができなくなる、おそれのある方」ですが、失業・病気・人間関係などさまざまな問題で生活に困っている方が対象となります。
ひとりで悩まずご相談ください。どうしたらいいかを一緒に考え、各種関係機関と連携しながら解決に向けてのサポートを行います。
※ただし、生活保護受給者は対象外となります。
 

 事業の内容

自立相談支援事業
あなただけの支援プランを作ります。
生活に困りごとや不安を抱えている場合は、まずは相談窓口にご相談ください。支援員が相談を受けて、どのような支援が必要かをあなたと一緒に考え、具体的なプランを作成し、寄り添いながら自立に向けた支援を行います。
住居確保給付金
家賃相当額を支給します。

離職などにより住居を失った方、または失うおそれの高い方には、就職に向けた活動をすることなどを条件に、一定期間、家賃相当額を支給します。生活の土台となる住居を整えた上で、就職に向けた支援を行います。
家計相談支援事業
家計の立て直しをアドバイス。
家計状況を「見える化」と根本的な課題を把握し、相談者が自ら家計相談を管理できるように、状況に応じた支援計画を作成、相談支援、関係機関へのつなぎ、必要に応じて貸付のあっせん等を行い、早期の生活再生を支援します。
子どもの学習支援事業
子どもの明るい未来をサポート。
子どもの学習支援を始め、日常的な生活習慣、仲間と出会い活動ができる居場所づくり、進学に関する支援、高校進学者の中退防止に関する支援等、子どもと保護者の双方に必要な支援を行います。
就労準備支援事業
社会、就労へのサポート。
離職期間が長期にわたる」「他の人とコミュニケーションがうまくとれない」などの理由で早期の就労が困難な方に対して、相談、セミナー、職業体験などを通して就労に向けた必要な支援を行います。
※一定の資産収入に関する要件を満たしている方が対象です。

一時生活支援事業
住居のない方に衣食住を提供します。
「離住居をもたない方、またはネットカフェ等の不安定な住居形態にある方に、一定期間、宿泊場所や衣食を提供します。また退所後の生活に向けて、就労支援などの自立支援を行います。
※一定の資産収入に関する要件を満たしている方が対象です。
その他の支援
支援メニューに当てはまらない方も、ご相談内容に応じ、他の関係機関と連携を取り、寄り添いながら支援します。
 
相談から支援までの流れ

  1 まず、困っていること・気になっていることを話して下さい。

 ◆来庁または電話でご相談ください。
 ◆就労や家庭、心身の問題など抱えている問題を相談員が広くうかがいます。
 ◆窓口に来られない場合には、相談員が訪問することもできます。

2 一緒に自立への計画を立てます。

 ◆相談者の抱えているさまざまな課題を包括的に把握して、分析・評価し、解決のための支援を探ります。
 ◆相談者の希望を尊重しながら、必要な支援が計画的に行われるように自立に向けたプランを策定します。
 

3 自立の目標に一緒に取り組みましょう。

 ◆決定したプランにもとづいて支援サービスが提供されます。
 ◆相談者の必要に応じた支援が提供できるように、地域の関連機関が連携して支援を提供します。
 ◆目標にむけて支援が行われているかを定期的に把握し、必要に応じて調整を行います。

お問い合わせ(相談窓口)

 ◆どなたでも無料で相談できますので、お気軽にご相談ください。
 苫小牧市総合福祉課(福祉相談担当)
 市役所1階 13番窓口
 電話:0144-32-6189












 

お問い合わせ

福祉部総合福祉課
電話:福祉総務担当:0144-32-6354、地域福祉担当:0144-32-6345、福祉相談担当:0144-32-6189
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

生活困窮者自立支援制度

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません