ここから本文です。

住居確保給付金

離職者で就労能力及び就労意欲のある方のうち、住居を失ったまたは失うおそれがある方を対象に、家賃の支給と就労支援を行います。
(生活保護受給世帯は対象外)
 

1 支給額

世帯の人数により、下記金額を上限に、家賃相当額(駐車場料金、管理費、共益費等を除く)又は家賃の一部について支給します。
※家賃額は苫小牧市における生活保護の住宅扶助基準額を上限とするため、以下に示す金額は変動する可能性があります。 
         上限    
 1 人 世帯: 30,000円
 2 人 世帯: 36,000円
 3~5人世帯: 39,000円
 6 人 世帯: 42,000円
 7人以上世帯: 47,000円

2 支給要件

 以下の1~8に該当する方 

 1.離職などにより経済的に困窮し、住居を失った、または住居を失うおそれがある
 2.65歳未満で、離職等の日から2年以内である
 3.離職等の前に、世帯の生計を主として維持していた
 4.世帯全員の収入の合計額が、下記の金額以下である
             (基準額)   +  (家賃額)
    1 人 世帯:  81,000円 + 上限30,000円
    2 人 世帯: 124,000円 + 上限36,000円
    3 人 世帯: 159,000円 + 上限39,000円
    4 人 世帯: 197,000円 + 上限39,000円
    5 人 世帯: 235,000円 + 上限39,000円
    6 人 世帯: 273,000円 + 上限42,000円
    7人以上世帯: 310,000円 + 上限47,000円
 5.世帯全員の預貯金の合計額が、下記の金額以下である
    1人世帯:486,000円  2人世帯:744,000円
    3人世帯:954,000円  4人以上世帯:1,000,000円
 6.働く能力と意欲があり、ハローワークで常用就職(※)を目指した求職活動を行う
    ※常用就職…雇用契約において、期間の定めがないか、6ヶ月以上の雇用期間が定められているもの
 7.職業訓練受講給付金を、世帯のだれも受けていない
 8.世帯全員が暴力団に関係していない
 
 

3 支給期間

3ヶ月間
ただし、一定要件を満たしていれば、3ヶ月を2回まで延長することが可能です。
(最長9ヶ月間)
 

4 支給方法

住宅の貸主または貸主から委託を受けた事業者の口座に振り込みます。

 

5 受給中の義務

常用就職に向けた就職活動を行ってください。報告書などの提出があります。

 ・月に2回以上、ハローワークの職業相談を受ける
 ・月に4回以上、市の支援員などの面接を受ける
 ・原則週に1回以上、求人先へ応募するか面接を受ける
 ・市のプラン策定に基づく就労支援を受ける
 

6 申請方法

申請書に必要書類(※)を添えて、市に提出します。
 ※必要書類…本人確認書類(運転免許証、健康保険証等など)
       離職関係書類(離職票の写しなど)
       収入関係書類(給与明細書など)
       金融資産関係書類(金融機関の通帳の写し)
       求職申込関係書類(ハローワークカードの写しなど)
       入居住宅関係書類(賃貸借契約書の写しなど)

詳細は、窓口へお問い合わせください。
pdf住居確保給付金のしおり(638.73 KB)☆
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

福祉部総合福祉課
電話:福祉総務担当:0144-32-6354、地域福祉担当:0144-32-6345、福祉相談担当:0144-32-6189、プレミアム付商品券担当:0144-84-4066
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

生活困窮者自立支援制度

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません