ここから本文です。

苫小牧市の下限面積「別段の面積」

 改正農地法第3条第2項第5号の規定により、下限面積の(別段の面積)の設定については、都道府県知事に代わり農業委員会が定める事が出来るようになりました。
 苫小牧市農業委員会は、平成29年3月28日に開催された第22期第31回農業委員会総会において審議した結果、下記のとおり決定されました。

【方針】 現行の下限面積(別段の面積)の変更は行わない。

下限面積

農地法第3条第2項第5号に定める下限面積(別段の面積)

30アール

 

【理由】 平成28年度の農地利用状況調査において遊休農地はなかったが、農地利用円滑化団体に委任されている農地が3筆 4.9ha及び、今年作付けされず、このままだと遊休農地化してしまうと思われる農地が2筆 5.0haの計5筆 9.9haの未利用農地を確認しており、本市農業の現状から農地法施行規則第17条第2項を適用し、引き続き現行の下限面積(別段の面積)とすることで新規就農の促進と農地の有効利用が図られるものと判断されるため。
 

お問い合わせ

農業委員会事務局
電話:0144-32-6782
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

お知らせ

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません