ここからメインメニュー

ここから本文です。

現在位置

校長より

ごあいさつ

 本校は、苫小牧市の中心部でありながら緑豊かな地域に立つ学校です。開校以来、地域の皆様に支えられ、理想的な教育環境の中で実践を積み重ねてまいりました。そして今年度、本校は開校50周年を迎えます。これまでの歩みを振り返り、決して立ち止まることなく、未来を見つめてこれからも日々の教育活動に努めてまいる所存でございます。
 このページでは、保護者や地域の皆様に本校の教育活動へのご理解をより一層深めていただきたいと考え、学校だより等ではあまり触れられることのない本校の「今」をご紹介してまいります。
 どうか皆様、今後とも本校の教育活動にご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

                            苫小牧市立開成中学校長  細 部 善 友
 

新制服の導入について

 本校では、令和5年度入学生から新しい制服を導入することとし、令和3年度末からその準備に取り組んでおります。
 ここでは、保護者や地域の皆様にご理解とご協力をいただくため、新制服導入に関する情報を随時提供してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

1 新制服導入の理由

(1)生徒の健康維持のため
  これまで標準学生服(男子:詰め襟、女子:セーラー服)を採用してまいりましたが、厳冬期
 の防寒や修学旅行等の道外での学習活動に困難を来す場面もあったことから、季節や活動場面に
 応じて体温調節がしやすく、活動しやすい服装に替える必要があると判断しました。

(2)社会の変化への対応
  今日の社会では、ジェンダーの平等(性別による社会的役割の差がないこと)が求められてお
 り、将来の社会を担う人材を育成する学校においては、積極的にこのことに取り組むべきであり
 ます。本校としては、性差のないあるいは限りなく小さい制服を新たに採用することが最善と考
 えております。


2 基本的な考え方

  すべての生徒が健康で過ごしやすく学校生活を送れるようにすることが基本の考え方です。ここ
 から取扱業者には次の3点を条件として製造を依頼しています。
  条件1 性差がない、あるいは限りなく小さいこと
  条件2 サイズ展開が幅広く、ユニバーサルデザイン(※1)であること
  条件3 従来の標準学生服の価格を大きく上回らないこと
      ※1 ユニバーサルデザイン:障がいの有無にかかわらず着用しやすいデザイン


3 進捗状況

 令和4年1月 制服切替に関するアンケート調査を実施
 令和4年2月 アンケート結果の公表
    pdfアンケート結果(児童生徒)(379.80 KB)
    pdfアンケート結果(保護者)(372.23 KB)
 令和4年3月 PTA役員、学校管理職および生徒指導担当者で新制服の製造業者を選定
 令和4年6月 第1回新制服検討委員会
         小・中のPTA役員、学校管理職および生徒指導担当者でブレザータイプの制服
         (上下で色柄が異なるタイプ)の採用を決め、柄等については今後の検討課題と
         した。
 令和4年8月 第2回新制服検討委員会 NEW】
         ○小・中のPTA役員、学校管理職および生徒指導担当者での検討
         ○スラックス、ネクタイ等の色・柄を検討し、候補となるものを2パターンまで
          絞り込む。
         ○今後のロードマップについて確認(概要は次の通り)
          9月 サンプルとなる2例のマネキン展示および学校ホームページでの公開を
             行い、児童、生徒および保護者からの意見集約をする。
             →新制服のデザイン決定
          10月 生徒、教職員、保護者による校則(服装に関するきまり)の検討および
             質問・意見の集約
          11月 開校50周年記念式典(18日)にて新制服を発表
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

苫小牧市立開成中学校
0144-32-8278

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません