ここから本文です。

現在位置

落氷雪事故を防ぐために

 落氷雪による事故を防ぐために、次のことに注意するようお願いいたします。

雪止めの設置について

・落氷雪事故の発生が懸念されるような建築物については、雪止めを設置するようにしてください。
・既に雪止めが設置されている場合であっても、老朽化等による破損が原因で落氷雪事故が発生することもあるため、必ず点検し、破損等が発見された際は早急に修繕するようにしてください。

落氷雪があった場合

・落氷雪があった場合は、直ちに事故がないか確認し、除雪してください。

落氷雪事故に遭わないために

・屋根の雪、つらら、氷は早めに取り除くようにしてください。
・軒下を通行するときは、屋根からの落氷雪に十分注意するようにしてください。
・軒下では、絶対に子供を遊ばせないようにしてください。

お問い合わせ

都市建設部建築指導課
電話:建築確認係:0144-32-6522、指導係:0144-32-6527
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません