ここから本文です。

現在位置

非公募により指定管理者を指名する施設とその理由について

非公募により指定管理者を指名する場合とは

 「苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則(平成17年規則第25号)」において、非公募(公募の方法によらない)により指定管理者を指名する場合について規定しています。その内容は次のとおりです。
  • 公募に対する申請がない場合、申請のあった法人その他の団体が選定基準に適合しない場合又は選定した候補者を指定することができなくなり、新たに候補者として選定できる法人その他の団体がない場合
  • PFI事業によりその全部又は一部を整備した施設について、当該PFI事業者に管理を行わせようとする場合 ※PFI(Private Finance Initiative・・・プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)とは、公共施設等の建設、維持管理や運営などを民間の資金、経営能力及び技術力を活用して行う手法のことです。
  • 同じ区域に市が管理する施設とその他の自治体の施設が混在している場合に、同一の管理者がその区域の施設全てを一体的に管理することで経費の節減が図られるなど効率的な運営が可能な場合や、窓口が集約されることで利用者の利便性の向上にもつながることが期待されるなどの場合
  • 地域住民や地域住民で組織される団体が主に使用する目的で設置された施設について、当該住民等によって構成される団体が管理することにより利用者の利便性が図られるなどの場合
  • 社会福祉施設など、利用者と施設の管理者との間の継続的な信頼関係が重要となる施設の場合
  • 法人等の設立目的とその設置目的等が密接不可分である施設や法人等の役割と施設の設置目的・機能の全部又は一部が合致する施設であり、当該法人等が管理運営を行うことにより、安定的・効果的な施設運営が期待できる場合
  • 施設の在り方について検討中の施設や近く廃止することとしている施設について、検討の結果が出るまで又は廃止になるまでの間、暫定的に管理を継続する必要がある場合

非公募により指定管理者を指名する施設とその理由

平成29年度指定施設

平成29年度指定施設
 施設名 団体名  非公募とする理由 所管
苫小牧市交通安全センター
一般社団法人苫小牧地区交通安全協会
 苫小牧市交通安全センターは、地域における交通安全の推進を目的とした施設であり、関係団体・個人の交通安全活動の拠点としての使用に加え、交通安全意識の高揚・知識の向上のための研修会、講習会等の開催など交通安全に関する事業を行っております。
 一般社団法人苫小牧地区交通安全協会は、苫小牧地区安全運転管理者協会や苫小牧地方安全運転管理者事業主会の事務局業務を受託するなど、交通安全関係団体との関連が強く、当該施設と密接不可分な関係にあります。
 以上のことから、同協会を引き続き指名するものとします。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第6号】
安全安心生活課
苫小牧市保健センター 一般財団法人苫小牧保健センター  苫小牧市保健センターは、市民の健康の保持・増進を目的として設置された施設であり、その運営を行わせるために市と苫小牧市医師会が共同出して財団法人苫小牧保健センター(現、一般財団法人苫小牧保健センター)を設立し、同法人が管理運営を行っています。
 
この施設については、その設置目的及び機能と役割が一致している特定の団体が管理運営することが妥当であります。また、同法人が所有している施設を苫小牧市保健センターとして使用していること、及び施設の運営や夜間急病部門(夜間・休日急病センター)の医師確保に関しては、苫小牧市医師会の協力が不可欠なことも考慮すべきであります。
 以上のことから、施設の運営に当たり公共性、公益性を前提に、これまで管理運営業務を適正に執行している同法人を、引き続き指名することとします。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第6号】
健康支援課
苫小牧市モーラップ樽前荘 一般社団法人苫小牧観光協会  モーラップ樽前荘は、観光客の休憩、青少年の自然学習及びこれらの者の交歓の場を提供する施設として設置され、市は、平成11年度から一般社団法人苫小牧観光協会に管理運営を委託し、平成18年度からは同協会を指定管理者に指定しております。同協会は市域及び支笏洞爺国立公園における観光客の誘致、観光施設の運営などの施策を講ずることにより、観光事業の健全な発展を図り、もって地域経済、文化の振興と市民生活の安定向上に寄与することを目的に設立されており、当該施設の設置目的や機能等と密接な関係にあると考えます。また、同協会の観光客誘致促進活動の一環として、広く道内外への観光PRが期待されることから、引き続き同協会を指名するものとします。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第6号】
観光振興課
苫小牧市ときわスケートセンター
北海道ビル綜合管理株式会社  当該施設は、昭和54年12月にスケートリンク兼プールとして建設されましたが、近年は老朽化が進み、廃止を含めた施設のあり方について、検討が必要な状況となっています。当面、施設の運営に深刻な影響を及ぼす設備等の不具合が生じるまでの間、当該施設の供用を続けるものとし、施設のあり方についての方向性を示すまでの間、当該施設の管理を行っている指定管理者を引き続き指名することとします。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第7号】
スポーツ推進室
青葉大成地区集会所 西町親交会  集会所は、市営住宅入居者の全体の共同の場として、各種集会、相互の親睦と福利厚生及び教養等の向上のために使用するものとして設置された施設であるため、入居者によって構成された町内会及び自治会が管理し運営することが適当であり、平成18年度の指定管理者導入時から、同町内会及び自治会を指定管理者として非公募により指定を行っています。
 引き続き指定管理者の指定にあたり非公募によることとします。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第4号】
住宅課
光洋町集会所 あやめ町内会
末広町集会所 カトレア自治会
明徳団地集会所 明徳四丁目町内会
日新町集会所 日新町町内会
10 山手改良住宅集会所 山手改良住宅自治会
 

平成28年度指定施設

平成28年度指定施設
 施設名 団体名 非公募とする理由 所管
苫小牧市ウトナイ交流センター
株式会社植苗・美沢プロジェクト
 苫小牧市ウトナイ交流センターは、新千歳空港24時間運用に係る地域振興策として開設されたものであり、その管理運営については、地元住民の活力及び地域資源の魅力の活用が不可欠となります。
 株式会社植苗・美沢プロジェクトは、当該センターの開設に伴い、地域の個人、法人が主体となって設立された事業者であり、市は開設当初より当該事業者を指定管理者として指定してきました。
 当該センターは、休憩機能、情報発信機能、地域連携機能という3つの機能を併せ持つ道内108番目の休憩施設「道の駅」であり、苫小牧観光振興ビジョンでは、本市の観光拠点の一つに位置付けています。
 当該事業者は、これまで数々のイベント開催、地域ブランド品の開発・拡大、地場産品の販売促進等、様々な取組により集客力向上に努めてきた結果、平成27年度の観光入込客数は市内で最も多く、開設から7年目を迎えた本年7月には来館者500万人を達成するなど、その管理運営実績は、観光振興の観点からも高く評価できるものです。
 以上のことから、今後も豊富な経験を活かした事業展開を通じて、地域ならではの賑わい創出と交流人口の増加に向けて、地域特性を最大限に引き出すとともに、堅実な管理運営を期待できるため、引き続き同社を指名するものとします。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第4号】
観光振興課
2
苫小牧市ときわスケートセンター
北海道ビル綜合管理株式会社  当該施設は、昭和54年12月にスケートリンク兼プールとして建設されましたが、近年は老朽化が進み、廃止を含めた施設のあり方について、検討が必要な状況となっています。当面、施設の運営に深刻な影響を及ぼす設備等の不具合が生じるまでの間、当該施設の供用を続けるものとし、施設のあり方についての方向性を示すまでの間、当該施設の管理を行っている指定管理者を引き続き指名することとします。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第7号】
スポーツ推進室
 

平成27年度指定施設

平成27年度指定施設
 施設名 団体名 非公募とする理由 所管
1
苫小牧市ときわスケートセンター
北海道ビル綜合管理株式会社
 当該施設は、昭和54年12月にスケートリンク兼プールとして建設されましたが、近年は老朽化が進み、廃止を含めた施設のあり方について、検討が必要な状況となっています。当面、施設の運営に深刻な影響を及ぼす設備等の不具合が生じるまでの間、当該施設の供用を続けるものとし、施設のあり方についての方向性を示すまでの間、当該施設の管理を行っている指定管理者を引き続き指名することとします。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第7号】
スポーツ推進室
2
苫小牧市呼吸器内科クリニック
一般財団法人苫小牧保健センター
 苫小牧市呼吸器内科クリニックは、北海道立苫小牧病院廃止後に、市民の健康の保持に必要な医療を確保するために設置される施設です。
 クリニックの運営については、地域密着を主眼に公共性・公益性を前提とした管理運営をしていく必要があることから、団体の役割と施設の設置目的・機能が一致する特定の団体が管理運営することが妥当と考えられます。また、医師確保や医療連携については、苫小牧市医師会の協力が不可欠であることも考慮すべきであります。
 以上のことから、これまでに苫小牧市保健センター及び夜間・休日急病センターの管理運営業務を適正に執行してきた実績があり、市と苫小牧市医師会等が出捐している一般財団法人苫小牧保健センターを指定管理者として指名することとします。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第6号】
健康支援課
 
 

平成26年度指定施設

平成26年度指定施設
 施設名 団体名 非公募とする理由 所管
1 苫小牧市ときわスケートセンター 北海道ビル綜合管理株式会社  同施設は、昭和54年12月にスケートリンク兼プールとして建設され、平成2年9月からは通年リンクとして利用されておりますが、近年は老朽化が進み、近い将来施設の全面改築等を実施しなければ、使用ができなくなるという判断から、当該施設の隣地に新しく屋内スケートリンクを建設しております。しかし、当該施設の存続期間などについては具体的になっていないことに加え、隣地の新施設と一体管理することで効率的な管理運営を行えることから、引き続き現在の指定管理者を指名することとします。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第7号】
スポーツ推進室
2 苫小牧市植苗ファミリーセンター 株式会社植苗・美沢プロジェクト  このセンターは、新千歳空港24時間運用に関する地元住民の合意に基づき、北海道の地域振興特別対策事業として採択され、平成9年8月に総合福祉会館機能を取り入れた複合的なコミュニティ施設として建設されました。
 現在、このセンターの指定管理者である株式会社植苗・美沢プロジェクトは、平成20年10月に地域住民の出資により設立された株式会社です。
 同社は、道の駅「ウトナイ湖」の管理運営を行うなどウトナイ湖周辺の自然を活かした魅力ある地域おこしにチャレンジし、地域の活性化に取り組んでいます。さらに、コミュニティバスの運行受付業務を担うなど、植苗・美沢地区と密接な関係にあり地域が持つ事情を熟知しています。同社からは、今後も地域活動に積極的に参加し、地域に貢献したいとの意向が示されていることや、利用者アンケートからも十分な満足が得られていることから、今後もセンターの利便性向上が期待できます。
 以上のことから、地域住民等で構成されている株式会社植苗・美沢プロジェクトがこのセンターの管理運営を行うことが適当であると考え、同社を指名するものです。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第4号】
市民生活課
3 苫小牧市保健センター 一般財団法人苫小牧保健センター  苫小牧市保健センターは、市民の健康の保持・増進を目的として設置された施設であり、その運営を行わせるために市と苫小牧市医師会が共同出捐して財団法人苫小牧保健センター(現一般財団法人苫小牧保健センター)を設立し、同法人が管理運営を行っています。
 このセンターについては、団体の役割と施設の設置目的・機能が一致しており、特定の団体が管理運営することが妥当な場合に該当すると考えられることと、新保健センター開設に向けて新規事業等を計画・準備していることからも同法人を引き続き指定する必要があります。
 なお、同法人は、センターの運営に当たり公共性・公益性を前提に、これまで管理運営業務を適正に執行し、運営努力によって事業収入の増加を図り、市の負担を縮減した実績があり、また、センターの運営や夜間急病部門(夜間・急病センター)の医師確保に関しては、苫小牧市医師会の協力が不可欠なことも考慮すべきであります。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第6号】
健康支援課
 

平成25年度指定施設

平成25年度指定施設
 施設名 団体名 非公募とする理由 所管
1 苫小牧市交通安全センター 一般社団法人 苫小牧地区交通安全協会  このセンターは、地域における交通安全の推進を目的とした施設であり、関係団体・個人の交通安全活動の拠点としての使用に加え交通安全意識の高揚・知識の向上のための研修会、講習会等の開催など交通安全に関する事業を行っております。
 指定管理者には、センターの使用許可等や維持管理に関する業務のほか、交通安全を目的とする事業の計画、実施等も行わせることとしており、安全運転管理者協議会や安全運転管理者事業主会の事務局業務を受託するなど関係団体と関連が強い一般社団法人苫小牧地区交通安全協会を引き続き指定する必要があります。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第6号】
安全安心生活課
2 苫小牧市保健センター 一般財団法人 苫小牧保健センター  このセンターは、市民の健康の保持・増進を目的として設置された施設であり、その運営を行わせるために市と苫小牧市医師会が共同出捐して(財)苫小牧保健センター(現・一般財団法人苫小牧保健センター)を設立し、同法人が管理運営を行っています。
 このセンターについては、団体の役割と施設の設置目的・機能とが一致しており、特定の団体が管理運営することが妥当な場合に該当すると考えられますので、同法人を引き続き指定する必要があります。
 なお、同法人はセンターの運営に当たり公共性・公益性を前提に、これまで管理運営業務を適正に執行し、運営努力によって事業収入の増加を図り、市の負担を縮減した実績があり、また、センターの運営に関して苫小牧市医師会の協力が得やすいことなども考慮する必要があります。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第6号】
健康支援課
3 苫小牧市民活動センター 社会福祉法人 苫小牧市社会福祉協議会  このセンターは、本市の地域福祉振興施策の拠点施設として、社会福祉センターや女性センターなどの施設で構成され、社会福祉活動、女性活動、その他の市民活動の促進を図る目的で設けられた施設です。
 施設の中核を担う社会福祉センターでは、住民が組織する社会福祉団体、町内会、自治会等の住民組織団体、ボランティア団体などが社会福祉活動のために利用できるほか、社会福祉活動の促進のために必要な事業を行うこととしています。
 また、女性センターでは、生活技術、教養の向上のための研修や講習会等の実施など、女性の福祉の増進のために必要な事業を行っています。
 苫小牧市社会福祉協議会は、民生委員・児童委員、社会福祉施設、社会福祉法人等の社会福祉関係者、保健・医療・教育など関係機関と連携し、様々な活動を行っているほか、住民組織等の事務局機能を担うなど、同施設と一体不可分な関係にあり、本市と協働し地域福祉の推進役として機能しています。従って、同協議会の役割と本施設の設置目的、機能とは密接な関係にあり、同協議会が管理運営することで施設の効率的な運用及び利用者の利便性向上が図られるため、本施設の指定管理については同協議会を指定する必要があると考えます。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第6号】
社会福祉課
4 苫小牧市労働福祉センター 公益社団法人 苫小牧市シルバー人材センター  公益社団法人苫小牧市シルバー人材センターは、高年齢者の就業を援助することにより、これらの者の生きがいの充実と社会参加の推進を図り、高年齢者の能力を生かした活力ある地域社会づくりに寄与する団体であり、当該施設では、平成18年度の指定管理者制度導入から現在まで、同法人を指定管理者に指定しています。
 施設での軽微な修繕・補修は、技能を有する同法人の会員を活用しており、高年齢者の臨時的かつ短期的な就業や軽易な業務の創出に繋がっているほか、施設の維持管理が良好に行われております。
 最近では施設の老朽化も顕著であり、市民サービスの維持や効率的な運営の観点からも、実績のある団体が適当であること、また同法人の設立目的が、「労働者の文化及び教養の向上並びに福祉の推進を図る」という施設の設置目的に沿っていること、さらには、今後の高年齢者をはじめとする労働者の福祉の増進に向けた取組を推進する上で、同法人を引き続き指定する必要があります。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第4号】
工業労政課
5 苫小牧市モーラップ樽前荘 一般社団法人 苫小牧観光協会  モーラップ樽前荘は、観光客の休憩・青少年の自然学習・これらの者の交歓の場を提供する施設として設置しており、平成11年度の全面改築後から同協会に管理運営を委託し、平成18年度からは指定管理者に指定しています。同協会は市域及び支笏洞爺国立公園における観光事業の健全な発展を図る等の目的で設立されており、施設の設置目的・機能とが密接な関係にあり、観光誘致活動の一環として広く道内外から積極的なPRの展開を見込めることから、引き続き現在の指定管理者を指定することとします。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第6号】
商業観光課
6 苫小牧市樽前交流センター 樽前町内会  このセンターは、農業に従事する市民との交流の推進、地域における市民の生活、文化及び教養の向上と福祉の増進を目的として設置した施設であり、特に、地域住民による使用が中心になっています。
 このような施設については、当該地域住民により構成された団体によって管理することが適当であると考えられ、設置の時から樽前町内会に管理運営を委託し、平成18年度の指定管理者制度導入時にも同会を指定管理者に指定しており、引き続き同会を指定管理者として指定する必要があります。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第4号】
農業水産課
7

9
苫小牧市錦大沼公園オートリゾートセンターハウス
温浴施設・オートキャンプ場
(株)苫小牧オートリゾート  株式会社オートリゾートは、苫小牧市錦大沼公園オートリゾートの各種施設の運営を目的として、市と民間会社が共同出資して設立され、同施設の管理運営を行っています。
 また、独自で整備した施設もあり、団体の役割と施設の設置目的・機能とが一致しており、当該施設を特定の団体が管理運営することが妥当な場合に該当すると考えられますので、同社を引き続き指定する必要があります。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第6号】
緑地公園課
10 苫小牧市錦大沼公園青少年キャンプ場 (株)苫小牧オートリゾート  錦大沼公園オートリゾートの各種施設については上記に記載した理由により非公募としますが、当キャンプ場も同公園に設置しており、同一の指定管理者によって効率的に管理できると考えますので、非公募により現在の指定管理者を引き続き指定するものです。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第6号】
青少年課
11 青葉大成地区集会所 西町親交会  この集会所は、市営住宅入居者全体の共同の場として各種集会相互の親睦と福利厚生および教養等の向上のために使用するものとして設置された施設であるため、入居者によって構成された町内会が管理し運営することが妥当であります。
 したがって、各集会所の現指定管理者を引き続き指定する必要があります。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第5条第1項第4号】
住宅課
12 光洋町集会所 あやめ町内会
13 末広町集会所 カトレア自治会
14 錦岡新団地集会所 明徳四丁目町内会
15 日新町集会所 日新町町内会
16 山手改良住宅集会所 山手改良住宅自治会
17 勇払集会所 勇払自治会
18
~20
苫小牧市営野球場
(緑ヶ丘、清水、少年)
(株)苫小牧振興公社  (株)苫小牧振興公社に対する本市の基本的な考え方に基づき、公社が定める「経営刷新プラン」に対応する必要があるため引き続き(株)苫小牧振興公社を指定管理者として指定する必要があります。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例の施行に関する教育委員会規則第5条第1項第8号】
スポーツ課
21 苫小牧市サイクリングターミナル
22 苫小牧市ハイランドスポーツセンター
23 苫小牧市緑ヶ丘公園庭球場
24 苫小牧市白鳥アリーナ 公益財団法人 苫小牧市体育協会  白鳥アリーナは、国際大会にも対応できる全国的にも最高水準の施設ですので、その機能を有効に活用した運営が必要になります。また、この施設は、国(文部科学省)からナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点(アイスホッケー)の指定を受けており、市が施設管理者としてその運営業務の委託を受け、さらに指定管理者に対して再委託をしています。
 これらの業務を行っていく上では、アイスホッケー連盟その他の関係団体との連携が確保され、スポーツ普及活動のノウハウを有する団体が管理運営を行うことが望ましいと考えます。
 現在の指定管理者である公益財団法人苫小牧市体育協会はスケートをはじめ、各種スポーツの普及振興事業及び市の体育施設の管理運営事業を一体的に行う目的を有しており、各種スポーツ大会、講習会等の開催、指導者の養成・派遣、スポーツ少年団の育成等の事業も広く実施しています。
 本市は、同協会に設立の際に出捐するとともに、白鳥アリーナの設置当初からその管理運営を同協会に委託し、平成18年度からは指定管理者に指定しています。
 したがって同協会の設立の趣旨や活動状況が白鳥アリーナの設置目的と密接な関係にあり、併せて、ナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点としての運営を考慮すれば、特定の団体が管理運営することが妥当な場合に該当すると考えられますので、同協会を引き続き指定する必要があります。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例の施行に関する教育委員会規則第5条第1項第6号】
25 苫小牧市沼ノ端スケートセンター このセンターは、市内では最新のスケートリンクであり、大規模大会等においては、白鳥アリーナと共にメインリンクとして使用され、また、市の委託事業であるスケート教室等の事業も白鳥アリーナのほかこのセンターで行われています。現在の指定管理者である公益財団法人苫小牧市体育協会は、スケートをはじめ各種スポーツの普及振興事業及び市の体育施設の管理運営事業を一体的に行う目的を有しており、各種スポーツ大会、講習会等の開催、指導者の養成・派遣、スポーツ少年団の育成等の事業も広く実施しています。したがって、同協会の設立の趣旨や活動状況がこのセンターの設置目的と密接な関係にあり、特定の団体が管理運営することが妥当な場合に該当すると考えられますので、同協会を引き続き指定する必要があります。
【苫小牧市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例の施行に関する教育委員会規則第5条第1項第6号】

お問い合わせ

総務部行政監理室
電話:服務担当:0144-32-6159、行革担当:0144-32-6169、人事研修担当:0144-32-6182
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

指定管理者制度

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません