ここから本文です。

苫小牧市スポーツマスター制度について

 苫小牧市は、平成7年度より苫小牧に深い縁をもち、国内外のスポーツ分野で活躍した著名な「苫小牧人」にその功績と栄誉を称える称号を贈るとともに、青少年に夢を与えて市民のスポーツの普及振興に役立てることを目的に、これまでに6人のスポーツマスターが誕生し、苫小牧の人的シンボルとして講演会や実技指導の講師を務めてもらっています。
 この制度は、全国の自治体では、初めてのスポーツマスター制度です。

活動内容

実技指導、講演等

活動回数

  • スポーツマスター1人につき年3回(1回は市主催事業、2回は派遣事業)まで
  • 経費(運用に掲載)は依頼団体が負担する。
     

 スポーツマスター

引木 孝夫 氏(アイスホッケー競技)

王子製紙(株)(当時)選手として、日本アイスホッケーリーグなどでチームの優勝に貢献。札幌オリンピック・世界選手権日本代表としても活躍されました。王子製紙(株)アイスホッケー部の監督・総監督を歴任されるなど、日本のアイスホッケー競技普及に尽力されました。

pdf【プロフィール】(55.24 KB)
※活動終了
 
称号授与日 平成7年9月25日
主な競技歴 ・全日本選手権 最優秀選手賞1回
・日本リーグ  最優秀選手賞3回
・オリンピック出場 2回
 

鈴木 秀太 氏(バスケットボール)

岡山国体少年男子の部北海道代表(苫小牧東高校)、バスケットボール全日本学生選抜大会、関東学生大会などで、日本大学チームの連続優勝に貢献。トヨタ自動車(株)バスケットボール部選手として活躍後、監督に就任。全日本ナショナルチームに監督、総監督を歴任するなど日本バスケットボール普及に尽力されました。

pdf【プロフィール】(77.82 KB)
※活動休止中
 
称号授与日 平成7年9月25日
主な競技歴 ・トヨタ自動車バスケットボール部(1968年~71年)
 

高澤 秀昭 氏(野球)

苫小牧工業高校で活躍。王子製紙(株)を経てプロ野球ロッテオリオンズに入団。パ・リーグ首位打者、ベストナインに選ばれるなど輝かしい成績を収めました。

pdf【プロフィール】(82.75 KB)
pdf【スポーツマスターの事業実績】(33.89 KB)
称号授与日 平成7年9月25日
主な競技歴 ・首位打者      1回
・ベストナイン    2回
・ゴールデングラブ賞 3回
 

山中 宏美 氏(スピードスケート)

王子製紙(株)選手として、全日本スピード選手権などで活躍し、1994年リレハンメルオリンピックの女子5000Mでは、7分19秒68の日本新記録で銅メダルを獲得し、全国民に大きな感動を与えました。

pdf【プロフィール】(56.69 KB)
※活動終了
称号授与日 平成8年12月26日
主な競技歴 リレハンメルオリンピック
       女子5000M 銅メダル
 

本間 貞樹 氏(アイスホッケー)

 王子製紙(株)選手として、日本アイスホッケーリーグなどでチームの優勝に貢献。オリンピック・世界選手権日本代表としても活躍されました。王子製紙(株)アイスホッケー部のコーチ、監督を歴任されるなど、日本のアイスホッケー競技普及に尽力されました。

pdf【プロフィール】(82.09 KB)
pdf【スポーツマスターの事業実績】(33.89 KB)
称号授与日 平成12年10月1日
主な競技歴 ・日本リーグ最優秀選手賞 1回
・日本リーグ得点王    4回
・オリンピック出場    2回
 

佐藤 久佳 氏(水泳)

苫小牧市立北光小学校・啓北中学校卒業後、日大豊山高校、日本大学へと 進学。2008年8月北京オリンピックで競泳男子400メートルメドレーリレーで銅メダルを獲得し、全国民に感動を与えました。

pdf【プロフィール】(35.33 KB)

称号授与日 平成28年9月22日
主な競技歴 北京オリンピック
 400Mメドレーリレー 銅メダル

 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

総合政策部スポーツ推進室
電話:0144-34-9601
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

スポーツのまちづくり

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません