ここから本文です。

現在位置

北海道電力の株主総会において、脱原発の株主提案に賛成すること

提案者

笹森 晃
 

提案理由

 原発事故が日本人だけでなく人類の生存にとって極めて危険な事態となることが、3.11福島原発事故で明らかになりました。にもかかわらず、北海道電力は泊原発の再稼働に向けて準備を進めています。そして、苫小牧市は、北電の株主総会で脱原発の株主提案に反対しました。
 
しかし、事故がいつ起きるかわからず、経済的にも原発が安い電力でないことが明らかになった現状で、脱原発に反対することは、市民の安全を守るべき自治体のとるべき道ではありません。いざ事故があったときは、苫小牧がすっぽり避難区域になりかねないのです。
 このことは、非核平和都市条例からも許されないと考えます。事故の危険、経済性からも原発に拘泥する理由がないにもかかわらず、原発再稼働を進めるのは、潜在的核保有能力を放棄しないとの意図があるからです。このことは石破茂・自民党政調会長(当時)の発言にも示されています。しかし、被爆国日本、非核三原則が国是の日本において、たとえ潜在的であっても核保有の姿勢を認めることはできません。まして、非核平和都市条例を有する苫小牧市の取るべき立場ではありません。
 

提案内容

北電の株主総会において脱原発株主提案に賛成すること。

受付日

平成27年8月24日
 

回答期限

平成27年11月24日
 

提出資料

pdf市民政策提案書(39.81 KB)
 

回答書

pdf回答書(30.54 KB)
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

産業経済部企業立地推進室工業労政課
電話:工業振興担当:0144-32-6432、労政担当:0144-32-6436
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

脱原発について

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません