ここから本文です。

下水道管への油等の流入事故が多発しています

下水道管への油類等の流入事故について

下水道管へ油類(ガソリン・灯油・オイル・てんぷら油等)が流入すると、下記のような甚大な影響を及ぼします。油類の取扱いには十分注意して、絶対に下水道へ流さないでください。

  • 住宅の排水口から油臭があがり、付近の方々に、迷惑をかけることがあります。
  • 下水道管に流入した油が河川や海等へ流出し、環境汚染の原因になることがあります。
  • 下水道の施設に影響を与えることがあります。
  • 火災や爆発等の危険を及ぼす恐れがあります。

灯油・車のエンジンオイル・塗料用シンナー等を、道路の雨水桝(口が網目の桝)・汚水桝等の下水道管に流さないでください。
また、灯油タンクの減少が早い等の異常を発見した場合は、すぐに点検してください。

ryunyujiko1万一、誤って油類が下水道管に流れてしまった場合や、油臭が下水道管からする場合は、速やかにご連絡ください。
ryunyujiko2

お問い合わせ

上下水道部下水道計画課
電話:計画係:0144-32-6592、管理係:0144-32-6604
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません