ここから本文です。

戦傷病者・戦没者

戦傷病者・戦没者家族等の援護

満州事変、日華事変、太平洋戦争において旧軍人、軍属の方々が死亡し一家の柱を失った遺家族に対して遺族年金等が支給されます。

年金の種類

  • 公務扶助料:戦没者が軍人の場合その遺族に支給
  • 遺族年金 :戦没者が軍人の場合その遺族に支給
  • 遺族給付金:戦没者が軍人の場合その遺族に支給

傷病恩給の種類

  • 傷病恩給 :軍人が受傷した場合
  • 障害年金 :軍属・準軍属が受傷した場合

元軍人、軍人に関する内容

元軍人、若しくは判任官以上の軍属が一定年限勤務した場合、年金、一時金が支給されます。
  • 普通恩給(年金) :戦時加算年を加えて12年以上
  • 一時恩給(一時金) :継続して3年以上
  • 一時金(一時金 ) :継続して3年以上

元軍人、軍人に関する内容

終戦直後の混乱で帰国できなかった中国在住の肉親と離別した民間人未帰還者の方々が、墓参親族訪問を目的に日本へ一時帰国される場合の援護業務を行っています。

お問い合わせ

福祉部総合福祉課
電話:福祉総務担当:0144-32-6354、地域福祉担当:0144-32-6345、福祉相談担当:0144-32-6189
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

戦没者遺族・戦傷病者援護

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません