ここから本文です。

特定創業支援事業について

特定創業支援事業とは


 これまで産業競争力強化法に基づき、苫小牧市と苫小牧商工会議所が連携し、創業支援事業を行っていましたが、その中でも特に創業促進に寄与する4つの項目(①経営②財務③人材育成④販路拡大)について行う継続的な支援のことを「特定創業支援事業」と位置づけています。
 本支援を受けたとして苫小牧市から認定を受けた創業者には、活用できる支援策があります。
【参考】
  産業競争力強化法における市区町村による創業支援のガイドライン

  pdf苫小牧市特定創業支援事業フロー図(230.93 KB)

 

苫小牧市特定創業支援事業の対象となる事業

 苫小牧市及び苫小牧商工会議所(認定連携創業支援事業者)が行う、以下2つの事業が対象となります。

1 ワンストップ相談窓口

 苫小牧商工会議所への1ヶ月以上に渡る4回以上の相談を通じて、創業並びに創業後の経営に必要となる「経営」「財務」「人材育成」「販路開拓」の4種類の知識を習得します。
 

2 創業サポート事業

 9月の新規創業セミナーにおいて、「経営」「財務」「人材育成」「販路拡大」についての講義をそれぞれ受講し、4種類の知識を習得します。
【参考】
 平成29年度苫小牧市新規創業セミナー
 

苫小牧市特定創業支援事業を受けた創業者への支援

 いずれの支援も、市が発行する証明書の提出が必要になります。

1 会社設立時の登記にかかる登録免許税の軽減

 会社を設立する者または創業後5年未満の個人が会社を設立する場合、登記にかかる登録免許税が軽減されます。(資本金の0.7%→0.35%)
 ※登録免許税額が株式会社の最低税額15万円の場合、7.5万円に軽減されます。
 

2 信用保証協会の融資要件緩和

 信用保証協会の創業関連保証枠(無担保、第三者保証なし)が1,000万円→1,500万円に拡充され、事業開始6ヶ月前から支援を受けることが可能となります。
 ※金融機関、信用保証協会より別途審査を受ける必要があります。
 

3 日本政策金融公庫の融資要件緩和

 新創業融資制度の自己資金要件を充足したものとして、利用することが可能となります。
 ※日本政策金融公庫より別途審査を受ける必要があります。

 

苫小牧市特定創業支援事業により支援を受けた証明書の交付

1 証明書の交付対象者 

※次の(1)、(2)どちらにも該当する方となります。
(1)次のどちらかに該当する方を証明書の交付対象者とします。
    (ア)創業前の方(事業を営んでいない個人)
    (イ)創業後5年未満の方(事業を開始した日以後5年を経過していない個人又は法人)

(2)特定創業支援事業を受けた上で、「創業支援カルテ」の提出をできる方。  
 ※「創業支援カルテ」は、特定創業支援事業の支援を受けた際に交付いたします。
      詳細は市商業振興課へお問い合わせください。
 

2 交付申請方法

 (1)必要書類

  (ア)特定創業支援事業による支援を受けたことの証明書交付申請書 2部
  (イ)創業支援カルテ
    ※必要事項を記入の上、ご持参ください。

 (2)手数料 無料

 (3)提出先 苫小牧市産業経済部 産業振興室 商業振興課
        平日 8時45分~17時15分

 (4)交 付 申請から概ね2週間程度で郵送にて交付いたします。

 (5)申請書

    docx特定創業支援を受けたことの証明書交付申請書(23.33 KB)
    pdf特定創業支援を受けたことの証明書交付申請書(82.43 KB)

 (6)注意事項

    pdf特定創業支援事業により支援を受けたことの証明に関する注意事項(87.73 KB)

 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

産業経済部産業振興室商業振興課
053-0022
北海道苫小牧市表町5丁目11番5号(ふれんどビル テナント棟3階)
電話:商業担当:0144-32-6445、融資担当:0144-32-6447
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

創業支援

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません