ここからメインメニュー

ここから本文です。

学校の沿革

苫小牧市における日軽金をはじめ、その他の大企業の進出と市による糸井住宅団地造成の進展に伴い児童が急増し、この地区の通常校北光小学校のマンモス化と児童のバス通学等を解消するために学校の新設が強く望まれ、昭和48年1月1日に日新小学校が誕生した。

※ 昭和48年1月19日(金曜日)開校式を挙行する。15学級、589名、教職員23名。
校舎面積2489m²・集中暖房方式(温水暖房・・・熱源より供給)
日新小学校 沿革
昭和48年度 20学級、プレハブ教室併築。マイホーム及び市営・産労住宅建築が相次ぐ中で転入児童急増、校舎建築も急ピッチで進む。特別教室と体育館が完成する。
昭和49年度 糸井鉄北地区の発展が続き、28学級(1026名)となり、第3期、第4期増築工事が進められた。
昭和50年度 校舎前面の環境政治が本格化する。道・市研究委嘱校に指定され、10月29日公開研究会を開催する。「ひとりひとりを伸ばす授業の創造」を研究主題に取り上げる。(32学級、1344名)  
昭和51年度 児童数1680名、41学級の超マンモス校になる。体育館の増築、中庭の緑化工事等が続く。慢性的な児童増加により、特別教室としてプレハブ4教室を建築する。  
昭和52年度 北星小学校を分離し35学級となる。開校以来推進されてきた教育研究を基盤にした授業研究に取り組む。(1487名)  
昭和53年度 開校以来の学級増も落ち着いたかのように見えたが、新1年生が多く39学級になり特別教室を転用する。PTAの協力で校門・通用門を設置する。(1647名)  
昭和54年度 澄川小学校を分離し、37学級となる。新教育課程への移行措置を終える。(1536名)  
昭和55年度 豊かな人間性を育てる教育を目指し、1620名、38学級でスタートする。全道大会研究大会主会場となる。
昭和56年度 豊川小学校を分離し、1384名、34学級で発足する。学校課題「自ら求めて協力してやりぬく子どもの育成」に向け、教職員一丸となり教育活動の推進を図る。  
昭和57年度 32学級と落ち着いた規模となる中で、開校十周年記念の意義ある諸行事を行う。(1318名)  
昭和58年度 32学級編成で発足する。算数科及び集会活動の在り方を研究課題とし、授業研究を進める。ミニバスケット男子が全道大会で優勝、全国大会(愛知県)に出場し、スポーツ校日新を高める(1297名)  
昭和59年度 31学級、児童数1251名で発足する。全道音楽器楽指導法研究大会を開催する。日新小学校ミニバスケットスポーツ少年団が苫小牧体育協会より表彰状を授与される。  
昭和60年度 31学級、児童数1247名と学級編成上落ち着きを見せる。体育科マット運動及び学級活動を研究対象とする。  
昭和61年度 30学級、児童数1180名で発足する。「豊かな心情の育成」を目指して全教職員一致して日常実践に取り組む。前庭花壇の造成、教育相談室の新設及び視聴覚室の充実を図る。  
昭和62年度 児童の減少傾向が本校でも見られるようになり、29学級、児童数1100名でスタートする。全道音楽研究大会の主会場となり音楽教育に力を入れ合同音楽の研究推進を図る。
昭和63年度 28学級、児童数1021名で発足する。前年度に続き合同音楽と集団活動の研究に取り組む。
平成元年度 児童の減少傾向は更に進み、24学級児童数928名でスタートする。本年度から研究は新しい方向に進み、教科を選択して行うこととなった。
平成2年度 24学級、児童数886名でスタートする。児童の減少進む。全道社会科研究大会の主会場となる。ミニバスケット男子全道大会で優勝し、全国大会(東京)に出場する。プール解体。
平成3年度 24学級、851名でスタート。新教育課程以降の最終年度。プール跡地を学校園として活用する。
平成4年度 児童数減少、23学級802名で新教育課程完全実施初年度をスタート。開校20周年を迎える。学校週五日制月1回実施(9月)から。
平成5年度 児童数減少傾向にあるが、校区変更により1年生4学級となる。2年生以上の転入はあまりなく、児童数785名でスタート。校舎も21年目を迎え大規模改修が行われた。
平成6年度 校区変更となり2年目になるが、思ったほど児童数は増えず23学級をかろうじて維持する。大規模改修により南側校舎がきれいになった。多目的教室はフレンドリールームと命名(770名)
平成7年度 児童数減少,21学級児童数740名でスタート。1・4・5年3組,2・3・6年4組になる。学校5日制月2回実施初年度。  
平成8年度 減少傾向にあった児童数がわずかに増える。21学級児童数755名でスタート。今年度は体育館 の大規模改修と北側校舎非常階段の改修工事が行われた。  
平成9年度 児童数は755名と昨年度と同じであるが、学級数2学級増の23学級でスタート。留守家庭学級がなくなり、日新児童センター児童クラブへと移った。  
平成10年度 児童数801名、24学級でスタート。1年生が増加傾向。市制50周年記念式典に児童代表出席。学校名看板バイパス北側に建てる。(寄贈)  
平成11年度 児童数801名、24学級でスタート花壇優秀賞受賞。北長生大学との世代間交流始まる。(日新チビッコフェスティバル、3年生総合手学習)。  
平成12年度 児童数770名、23学級でスタート。PTA改革初年度。北長生大学交流2年目。カナダアイスホッケーチームと国際交流(5年)新教育課程移行初年度(移行期カリキュラム使用)。  
平成13年度 児童数756名、22学級でスタート。児童数の減少傾向が続く。北長生大学交流3年目(チビッコフェスティバルで世代間交流)新教育課程最終年度。(次年度からの新教育課程実施に向け指導計画作成、行事の見直し)  
平成14年度 児童数742名、21学級でスタート。1・3・5学年は1学級38・39名となる。新教育課程完全実施初年度、学校週五日制実施。 開校30周年記念式典(12月6日)記念公開研究会(10月25日)など記念事業実施。  
平成15年度 児童数716名、20学級でスタート。3・6年は4学級、1・2・4・5年は3学級。東側校舎非常階段改修。PTA広報誌道P奨励賞、長生大学合唱サークルと音楽集会。
平成16年度 児童数685名、19学級でスタート。少人数実践研究事業研究指定校(1年生35人学級)。教育課程改訂。PTA広報誌道P連会長賞受賞。  
平成17年度 児童数666名、20学級でスタート。2・5年4学級(2年生引き続き少人数学級)1・3・4・6年は、3学級。少人数実践研究事業研究指定校(2年生35人学級)  
平成18年度 児童数654名、19学級でスタート。1~5年生は3学級、6年生は4学級。
平成19年度 児童数627名 通常学級18学級各学年3学級。特別支援学級開設、名称をこすもす学級とする。3学級(知的1 情緒2)
平成20年度 児童数615名 通常学級18学級各学年3学級、こすもす学級3(知的1 情緒2)、PTA見守り隊  発足 市花壇コンクール優秀賞
平成21年度 児童数586名 通常学級18学級各学年3学級、こすもす学級3(知的1 情緒2)、新教育課程移行期1年目 市花壇コンクール優秀賞、北海道花いっぱいコンクール奨励賞  
平成22年度 児童数552名 通常学級17学級(1年は2学級に減少、他の学年は3学級)こすもす学級3学級(知的1 情緒2)
平成23年度 児童数538名 通常学級17学級、こすもす学級3学級(知的1情緒2)  新教育課程初年度 
平成24年度 児童数506名 通常学級17学級 こすもす学級2学級(知的1情緒1) 
開校40周年を迎える
平成25年度 児童数487名 通常学級15学級 こすもす学級(特別支援学級)3学級 知的1情緒1病弱1 
校舎耐震補強工事

お問い合わせ

苫小牧市立日新小学校
0144-73-1612

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません