ここからメインメニュー

ここから本文です。

現在位置

学校経営の重点


 

教育課程

学習指導要領に示している内容は、すべての生徒に対して確実に指導しなければならないものであることを踏まえ、生徒や地域の実態に基づき、知・徳・体の調和のとれた教育課程の編成、実施に努める。
 

組織運営

教職員の創意工夫を大切にし、一人一人が校務分掌を通して学校経営に参画する意識を高め、相互に啓発し合う協働体制の確立に努める。
 

学年・学級経営

学年の発達段階と生徒の実態に基づく、学年間、学級間に落差のないきめ細やかな充実した指導を行うとともに、生徒相互、教師と生徒の信頼関係を基盤に豊かな心や人間性を培う。
 

特別支援教育

発達障害やその疑いのある生徒の実態や詳細に把握しそれらの生徒関わる教育計画の立案、実施・改善に努める。
 

研修活動

教育専門職としての資質能力を高め、今日的課題の対応とともに、生徒一人一人の変容に直結する実践的指導力の向上を図る研修活動に努める。
 

教育環境整備

生徒と教師が一体となって校舎内外の美化、整理整頓に取り組み、学び舎に相応しい、潤いのある環境づくりに努める。
 

家庭・地域との連携

家庭と学校との相互理解を図るとともに、地域や関係機関・団体との連携と協力を推進して、開かれた見える学校づくりを推進し、生徒たちの健やかな成長を目指す。

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません