きせかえ
きせかえ

ここから本文です。

現在位置
ウトナイ湖ラムサール条約湿地登録30周年記念・ウトナイ湖サンクチュアリ開設40周年記念シンポジウムの開催について

ウトナイ湖ラムサール条約湿地登録30周年・ウトナイ湖サンクチュアリ開設40周年記念シンポジウムの開催について※このイベントは終了いたしました。

ウトナイ湖は、平成3年(1991年)12月12日に国内で4番目にラムサール条約の湿地に登録され、今年で30年を迎えます。この節目を記念して、(公財)日本野鳥の会との共催でシンポジウムを開催することとなりました。詳細は下記のとおりとなりますので、皆様のご参加をお待ちしております。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、急遽、オンライン(ZOOMウェビナー)での開催へと変更させていただくこととなりました。
 会場での参加を楽しみにしておられた皆様・インターネットのご利用環境がない皆様にはご迷惑をおかけする結果となってしまい大変申し訳ございませんでした。
 
pdf(1.07 MB)
※画像をクリックでPDFデータが開きます

タイトル

ウトナイ湖ラムサール条約湿地登録30周年・ウトナイ湖サンクチュアリ開設40周年記念シンポジウム
希少な野鳥の生息地~勇払原野をラムサール条約湿地に
 

日時

令和3年11月3日(水・祝)13時30分~16時30分
 

募集定員

一般 100名(申込順)
※内容は大人向け
 

申込み方法

『①氏名』、『②年齢』、『③メールアドレス』、『④電話番号』を明記の上、期日までに下記宛てにメールでお申し込み下さい。
なお、オンラインでご参加になる皆様には後日、ZOOMウェビナーの招待状(ID、パスコード、URL)をメールでお届けします。
※定員に達した場合は、受付を終了します

送信先:(公財)日本野鳥の会 ウトナイ湖シンポ係
Eメール: sympo@wbsj.org
申込期日:令和3年10月27日(水)31日(日)まで(※延長しました)
 

参加費

無料
 

主催

苫小牧市・(公財)日本野鳥の会
 

協力

日本野鳥の会 苫小牧支部
 

後援(50音順)

NPO法人 がるだする、苫小牧郷土文化研究会、苫小牧漁業協同組合、苫小牧の自然を守る会、苫小牧ハスカップライオンズクラブ、NPO法人 苫東環境コモンズ、北海道ラムサールネットワーク、(公財)北海道環境財団、(一社)北海道自然保護協会
※10月1日現在
 

講師・パネリスト


記念講演(スライド&トーク)
・叶内 拓哉さん(写真家/ウトナイ湖にシマアオジがいたころ)

パネルディスカッション
[パネリスト]
・高田 雅之さん(法政大学教授/産業都市にあるラムサール条約湿地)
・先崎 理之さん(北海道大学助教/ウトナイ湖・勇払原野の希少鳥類)
・武田 涼一(苫小牧市環境生活課/ラムサール条約湿地のこれまでとこれから)
・中村 聡 ((公財)日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリ/勇払原野をラムサール条約湿地に)

[コーディネーター]
・葉山 政治((公財)日本野鳥の会理事)

※各タイトルは変更する場合があります。
 

スケジュール(予定)

13:30~13:45 開会挨拶、主催者挨拶、来賓挨拶、祝電披露
13:45~13:50 趣旨説明、プログラムとスケジュール紹介、講師紹介
13:50~14:35 記念講演(スライド&トーク)
14:35~14:45 パネルディスカッション準備
14:45~14:55 コーディネーターおよびパネリスト紹介
14:55~16:25 パネルディスカッション
16:25~16:30 閉会挨拶、アンケートのお願い、終了

 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

環境衛生部環境生活課
電話:自然保護担当:0144-32-6331、衛生担当:0144-32-6333
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません