きせかえ
きせかえ

ここから本文です。

現在位置
ウトナイ湖野生鳥獣保護センター イベント情報について

ご来館の皆様へのお願い

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記の利用制限と、利用者の皆様にご協力をお願い申し上げます。
・発熱がある方や体調の優れない方はご利用をお控えください。
・症状が無い場合もマスクの着用にご協力ください。
・入館時の手指の消毒や検温にご協力ください。
・咳エチケットや手洗いを励行し、感染予防に努めましょう。
・レクチャールームはソーシャルディスタンスを保っての利用となることから、1回15名を限度とします。
・一部展示物、望遠鏡・双眼鏡は使用できませんのでご了承ください。
 

イベント情報


ウトナイ湖は1991年に国内で4番目のラムサール条約の登録湿地となり、今年で登録から30周年を迎えます。当センターでは、この節目を記念し、様々なイベントを予定しています。
皆様のご参加をお待ちしております。

※新型コロナウイルス感染症の影響により中止となる場合があります。
※月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)は休館日です。

 

ウトナイ湖・渡り鳥フェスティバル


オンラインセミナー用のパスワード等の詳細は下記のリンクからご確認ください。
令和3年度ウトナイ湖・渡り鳥フェスティバルについて

 

第3回 野生動物に学ぶ救護セミナー ~タンチョウのお話~

日時:10月30日(土)10:30~12:00
対象:どなたでも(小学生以下保護者同伴)
定員:30名(申込順)
料金:無料
申込:10/1(金)9:00~10/29(金)17:00までに鳥獣保護センター(℡58-2231)へ電話申込
講師:小山内 恵子氏(ネイチャー研究会inむかわ)
   若松 徹氏(環境省北海道地方環境事務所)
内容:苫小牧周辺でも繁殖が確認されるようになってきた、絶滅危惧種タンチョウについて学びます。
 

市民探鳥会

日時:10月30日(土)8:30~10:30
対象:市内在住の方(小学生以下保護者同伴)
定員:30名(申込順)
料金:無料
申込:10/1(金)~10/18(月)までに市環境生活課(℡32-6331)へ電話申込
内容:ウトナイ湖の自然満喫できる日本野鳥の会苫小牧支部のガイド付きのバードウォッチングです。

 

市民ギャラリー

宗像哲生 野鳥写真展

展示:宗像 哲生氏
日程:10月2日(土)~10月31日(日)

 

その他(市内イベント情報)

苫小牧市観光情報へ
苫小牧観光協会へ



 

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません