きせかえ
きせかえ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

現在位置
とまこまい住まいのゼロカーボン化推進事業補助金
☆ゼロカーボンハウス促進補助金の内容はこちらからご確認ください。

<注意>

・ゼロカーボンハウス促進補助金とは別の事業です。補助要件が異なりますので、申請される方、関係業者様は事業要綱、手引きを必ず確認して下さい。

pdf事業要綱はこちらから(201.76 KB)
pdf手引きはこちらから(1.08 MB)


<9月22日(当事業施行日)以前に補助対象機器を設置した方へ>
 補助要件を全て満たしているか確認し、手引きの5ページに倣って申請してください(7月13日以前に設置した方は対象になりません)。
 

補助金について

本事業は、住宅用省エネルギー設備(以下「対象機器という。」という)の導入に要する経費の一部を補助することにより、対象機器の普及促進及び本市におけるゼロカーボンシティの実現に向けた環境負荷の少ないまちづくりに寄与することを目的としています。

【申請期間】
令和6年3月8日(金)迄 
→対象機器の設置、実績報告書兼請求書等をこの日までに必ず提出すること。

【予算額】
20,000,000円

北海道の「住まいのゼロカーボン化推進事業」若しくは、本事業の予算がなくなり次第終了となります。
※本事業の予算に余りがある状態でも、「住まいのゼロカーボン化推進事業」の予算がなくなった場合は、本事業は終了します。ゼロカーボンハウス促進補助金と重複して補助を受けることはできません。

住まいのゼロカーボン化推進事業とは?
北海道で道内市町村の脱炭素化に寄与する取組で、住宅への性能向上リフォーム、蓄電池の導入補助等を促進する自治体向けの補助制度です。

【補助対象機器】
本事業の補助対象機器は以下の2機種です。
 
対象機器 補助要件 補助額<上限額>
エコキュート(ヒートポンプ給湯器) ・CO₂を冷媒として使用する空気熱源方式のヒートポンプ方式であること。
・寒冷地仕様であること。
・既存住宅への取付であること。
JIS c 9220:2018に基づく年間給湯保温効率が2.7以上であること。
 
購入・設置に要する費用(税別)の1/10
<8万円>
 
定置用リチウムイオン蓄電池 ・常時、太陽光発電と接続するリチウムイオン蓄電池であること。(接続する太陽光は新設・既設を問わない。)
・公称蓄電容量が1kWh以上
・メーカー指定の環境条件に設置すること。
蓄電量量が合計で17.76kWh未満であること。
・電力会社の電力系統に連携できること。
既存住宅への取付であること。
購入・設置に要する費用(税別)の1/10
<12万円>
 

受付状況、予算残額

令和5年9月22日(金)から受付を開始します。必ず、着工前に事前申請してください。

予算総額 20,000,000円 
≪注意≫北海道の「住まいのゼロカーボン化推進事業」の予算がなくなり次第、本補助金は終了します。

1月17日更新
 
補助決定額 申請件数
エコキュート 4,074,000 58
定置用リチウムイオン蓄電池 360,000 3
合計決定額 4,434,000 -
予算残額 15,566,000円 -
  
 

補助の条件


①住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づき、苫小牧市の住民基本台帳に記録されている市民
 及び市内に居住予定であるもの。
②市税を滞納していないこと。
③対象機器の購入若しくは設置のいずれかを、市内に事務所を有する法人又は個人事業者に依頼し
 ていること。
➃苫小牧市暴力団の排除に関する条例(平成27年条例第33号)第2条第2号に規定する暴力団員(以下
 「暴力団員」という。)に該当しないこと。
⑤これまで自らを含め同一世帯内に、エコキュート又は定置用リチウムイオン蓄電池について、市で  
 行う他の補助を利用した者がいないこと。
⑥対象機器の設置及び実績報告書兼請求書の提出を令和6年3月8日までに完了していること。
⑦令和5年7月14日以降に工事請負契約をしていること。契約を交わしていない場合は、見積日を契
 約日とみなす。
 

申請の流れ


①対象機器の施工前に設置予定の機器を事前に申請する。
②書類審査が終わり次第、交付決定通知書【様式第4号】と実績報告書兼請求書【様式第8号】を送付
 します。これらの書類が届いたら、業者へ発注の連絡をする。
③対象機器の取り付け、支払いが終わりましたら、実績報告書兼請求書を市に提出する。
 市で受理して2週間程度で指定された金融機関へ振込を行います。

図解はこちらから
↓   ↓   ↓
pdf申請の流れフロー図(392.22 KB)   
 

提出書類様式


【事前申請から補助金請求までに必要な様式】
 
様式第1号 
doc補助金交付申請書(41.00 KB)
設置予定の対象機器を事前申請する様式です。
様式第2号 
docx税情報確認承諾書(19.99 KB)
完納証明書が発行されない場合のみ、この様式で申請者の市税の納税状況を調査します。
様式第3号
docx補助対象機器内訳書(25.72 KB)
業者様が記入する様式です。対象機器の購入費用を税抜価格で記入してください。
様式第6号 
docx承認申請書(18.92 KB)
補助金の交付が決定した後に、申請内容に変更等があった際に提出してください。
様式第8号 
docx実績報告書兼請求書(27.63 KB)
市に対して、交付決定した対象機器の設置・購入が完了したことの報告、補助金の請求をしてください。
様式第9号 
docx製品証明書(16.49 KB)
業者様が記入する様式です。切歯した対象機器が新品であることを証明する様式です。
様式第10号 
docx設置承諾書(19.38 KB)
対象機器を設置する住宅等が申請者の所有に属さない場合又は共同名義の場合に提出する様式です。

【その他提出様式】
 
様式第13号 補助事業財産docx処分承認申請書(17.20 KB) 耐用年数の経過以前に補助事業により取得した財産(対象機器)を処分しようとする場合に提出が必要です。

アクセス


環境保全課 住所:苫小牧市字沼ノ端2番地の25
Eメール    :kankyo-hozen@city.tomakomai.hokkaido.jp






 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

環境衛生部環境保全課
059-1364
北海道苫小牧市字沼ノ端2番地の25
電話:総務計画・環境監視担当:0144-57-8806
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません