きせかえ
きせかえ

ここから本文です。

令和3年5月20日 市長記者会見
とき 令和3年5月20日(木)午前10時から
場所 第2応接室
出席者
  • 市側:岩倉市長、佐藤副市長、福原副市長、総合政策部長、財政部長
  • 記者側:7社11名参加

発表内容

  1. 市長公約の取組状況について

市長説明

 本日の記者会見の案件は、1件でございますが、案件の前に、新型コロナウイルスワクチン接種状況について、ご説明させていただきます。
 5月12日(水)からワクチン接種を開始し、個別、集団を合わせて、18日(火)までの1週間で、65歳以上の対象者、約52,000人のうち6.8%の3,515人の接種となっております。
 一部の医療機関などでは、予約が取りにくい状況になっているため、ご迷惑をおかけしておりますが、6月末までの予約数は、2回目の接種を含めて25,615件となっております。
 7月の医療機関での予約については、遅くとも6月1日(火)9時から開始いたしますが、少しでも早く接種機会を確保するために、準備が整いしだい予約受付を開始する医療機関もございます。
 今後、集団接種会場での受け入れ枠の拡大や、医療機関での予約数の拡充など、市といたしましても医師会と連携しながら7月末の接種完了に向けて、様々な手法で取り組んでまいります。
 必要なワクチンについては、国から配分割り当てが示されており、必要量は確保されておりますので、今
しばらく予約が取りやすくなるまでお待ちいただくようお願いいたします。
 それでは、本日の案件「市長公約の取組状況について」、ご報告させていただきます。
 私の掲げた公約に関しましては、市民の皆さんとの約束でございますので、予算編成時において、関連した施策を幅広く盛り込むなど、着実に取り組んできたところでございます。
 この度、令和2年度までの取組状況について、各施策の担当部署が評価を行い、政策推進課で取りまとめましたので、結果を担当部長より報告いたします。

総合政策部長説明

 それでは、「市長公約の取組状況」について、令和2年度末までの実施内容を取りまとめましたので、報告させていただきます。
 お手元の冊子(公約の取組状況)は、5つの基本政策を柱とする25項目50施策について、10段階で評価した結果を取りまとめたものでございます。
 冊子の2ページから4ページにかけまして、5つの基本政策と25の公約について進捗状況を数値でお示ししてございます。
 こちらは、任期4年間の取組に対する、令和2年度末までの約3年間の実施内容に対する数値で、全体の進捗状況は、74.8%となっております。
 令和2年度は、3人目以降の小中学生の給食費を助成する「給食費助成事業」の開始、「こども相談センター」の供用開始のほか、「苫小牧市都市再生コンセプトプラン」策定、「みその・しみず保育園」統合建替えなどを実施し、これらの取り組みが進捗状況としてあらわれております。
 なお、5ページには、基本政策の進捗をグラフで、6ページ以降は施策ごとの取組状況を掲載しておりますので、ご参照ください。
 
本日発表しました内容につきましては、市のホームページに掲載するとともに、冊子を市役所2階の情報コーナーや出張所、コミセンなどへ配布し、市民の皆さんへ公表してまいります。

市長説明

 案件の説明は以上です。皆さんからのご質問があれば、お受けいたします。

 上記内容は発言の要旨であり、重複した言葉使いや言い直しがあったものなどについては、整理の上作成しております。

記録作成:総合政策部秘書広報課
 

お問い合わせ

総合政策部政策推進室秘書広報課
電話:秘書担当:0144-32-6096、広報担当:0144-32-6108
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません