きせかえ
きせかえ

ここから本文です。

令和3年5月14日 市長記者会見
とき 令和3年5月14日(金)午後5時から
場所 第2応接室
出席者
  • 市側:岩倉市長、佐藤副市長、福原副市長、総合政策部長、市民生活部長、健康こども部長、市立病院事務部長
  • 記者側:7社9名参加

発表内容

  1. 新型コロナウイルス感染症の対応について

市長説明

 本日は急な要請にもかかわらず、お集りいただき感謝申し上げます。
 本日の記者会見の案件は、「新型コロナウイルス感染症の対応について」でございます。
 北海道では、5月9日に札幌市を対象とした「まん延防止等重点措置」が適用され、札幌市を中心とした感染拡大の防止に取り組んできましたが、強力な感染力を有する変異株の影響から、全道的な感染拡大に歯止めがかからず、本日中にも国において、北海道への「緊急事態宣言」が適用される見通しとなっております。
 また、胆振管内におきましても、ゴールデンウィーク以降は連日二桁の感染者が発生し、北海道の警戒ステージの指標では、ステージ5に相当する極めて厳しい状況となっております。
 本市におきましても、北海道の公表以上の詳細を申し上げることはできませんが、苫小牧保健所との情報連携から、市内の病床のひっ迫状態や自宅待機者の増加など大変厳しい状況について確認しており、強い危機感を持っているところでございます。
 このような状況を総合的に勘案し、「苫小牧市感染拡大警報」を発令し、感染拡大防止に向けた取り組みをさらに強化することといたしました。
 警報の発令期間は、5月16日(日)から5月31日(月)まで、感染状況などによっては、期間を短縮または延長することといたします。
 感染拡大警報に伴う取組内容でございますが、一つは、市民の皆様へのお願いとして、不要不急な外出は控えていただくこと、あわせて、三密の回避やマスクの着用、小まめな手洗いといった基本的な感染防止策の徹底を今一度お願いいたします。
 なお、不要不急の外出自粛にあたりましては、食糧や生活必需品の買い出し、通勤・通学、通院、屋外での運動など、生活や健康維持に必要なものは除くことといたしますが、これらの外出にあたっても、できるだけ短時間かつ最低人数での行動を心がけていただくようお願いいたします。
 次に、市の公共施設に関する取り組みでありますが、市の公共施設につきましては、5月17日(月)から31日(月)まで、原則、休館することといたします。
 利用制限の対象は資料1の53施設でございますが、既に予約済みの全道・全国大会や、社会経済活動を維持する上で必要な事業については、自粛を要請しつつ、中止・延期が難しい場合は感染防止策を徹底のうえで利用を認めることといたします。
 これらの取り組みは、いずれも市民の皆さんに新たなご負担をお願いするものとなりますが、現在まん延している変異株は感染力が強く、
 そして発症までの時間が短くなっており、特に同居以外の親族や友人との飲食、マスクなしでの会話で感染が広がっている傾向があることから、外出の自粛や公共施設の休館により、少しでも人の流れを抑制するための手段であることをご理解いただきたいと思います。
 感染力が強いとはいえ、基本的な感染防止対策を徹底することが、自分や家族を感染から守ることにつながりますので、今一度、市民一人ひとりが危機感を持って、この困難な状況を乗り越えるためにご協力いただくようお願いいたします。
 なお、市立病院においては、感染症に対応する病床を4月30日に16床に増床した直後ですが、北海道からのさらなる要請を受け、マンパワーの確保のために、さらに1病棟を休止することになりますが、来週から段階的に24床まで増床する予定であります。
 また、明日からは予定通り市民会館において、高齢者を対象としたワクチンの集団接種を行います。
 ワクチン接種に関しては、本市においても「電話がつながりにくい」「予約がとりにくい」など、ご迷惑をおかけしておりますが、高齢者接種に必要なワクチンは充分に確保されていますので、時間はかかりますが希望する方は接種することができます。
 予約枠の拡充や7月の予約枠の解放についても前倒しで実施できるよう、あらゆる手段を検討しているところであり、これらワクチン接種の取り組みを含め、新型コロナウイルスの対応について、全庁を挙げて全力を尽くしてまいりますので、市民の皆さん一人ひとりの感染拡大防止に向けた取り組みを重ねてお願いたします。
 案件の説明は以上です。皆さんからのご質問があれば、お受けいたします。

 上記内容は発言の要旨であり、重複した言葉使いや言い直しがあったものなどについては、整理の上作成しております。

記録作成:総合政策部秘書広報課
 

お問い合わせ

総合政策部政策推進室秘書広報課
電話:秘書担当:0144-32-6096、広報担当:0144-32-6108
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません