きせかえ
きせかえ

ここから本文です。

【新年を迎えて】令和3年 市長新年あいさつ

 新しい年を迎えるにあたり、謹んでごあいさつ申し上げます。
 まず初めに、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、日々、ご尽力いただいている医療・介護従事者の方々や、感染症の拡大防止にご協力をいただいている市民の皆さま、市内事業者の方々に、心よりお礼を申し上げます。一日も早い収束を願うとともに、感染拡大防止・地域経済対策・健やかな日常という重点軸をテーマにして、市民と企業市民が一日も早く日常を取り戻すことができるよう対応してまいります。新型コロナウイルス感染症の脅威はまだまだ予断を許さない状況でありますが、今後も市民の皆さまの健康と安全を守るため、市政の推進に一層力を尽くしていく決意を新たにしております。
 さて、本市にとって長年の悲願でありました、道央自動車道苫小牧中央インターチェンジが、昨年12月13日に開通となりました。一昨年の緑跨線橋の架け替えと併せ、市内中心部とのさらなる交通アクセスの向上を実現することができました。今後の経済活動をはじめ、物流の効率化や広域救急医療搬送、災害対応など「命のみち」としての役割を期待するとともに、北海道経済を支える「要」のまちとしての役割を果たしてまいりたいと考えております。
 本年1月には「苫小牧市子どもを虐待から守る条例」が施行され、また、苫小牧市こども相談センター及び北海道室蘭児童相談所苫小牧分室が市内双葉町に開設されます。社会全体で子どもを守るという本市全体の意識醸成と子育て支援の施策推進ならびに、児童相談体制のより一層の充実を図り、児童虐待のないまちを目指します。
 また、4月1日からは旧明徳小学校の校舎を活用し、道立の特別支援学校として「北海道苫小牧支援学校」が開設されます。障がいのある児童生徒に対して、より身近な場所で専門性の高い教育を受ける機会が確保されることとなりますが、本市の特別支援教育においても、連続した多様な学びの場、学びの機会が設定されることにより、さらに充実されるものと期待しております。
 さらに、4月1日から「苫小牧駒澤大学」の校名が「北洋大学」に変更されます。人口減少と少子高齢化が同時進行する社会の中で、活気あるまちであり続けるためには、大学がこれまで以上に盛り上がり、このまちで活躍する人材が輩出されることが必要となります。苫小牧の未来を創る原動力となる学生が、学業やスポーツなどに励み、実り多いキャンパスライフを送っていただけるよう、大学関係者や地域の方々と共に、しっかりとサポートしてまいります。
 今夏に開催が延期されましたが、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会においては、聖火リレーとパラリンピック採火式が本市で実施されます。全国で初めてスポーツ都市宣言を行ったまちとして、市民の皆さまと一体となり大会を盛り上げ、スポーツのまち苫小牧を全国に発信してまいります。
 10月には、同じく延期となっておりました、第44回全国育樹祭が本市で開催されます。森林に対する愛情を培うことを目的に、森林がもたらす恩恵や木の持つ優しさ・温もりを体感できる取り組みを進め、継続して森を守り育てることの大切さを普及啓発し、次世代に継承してまいります。
 これまでと変わりない市政へのご支援とご協力をお願いいたしますとともに、市民の皆さまのご健勝とご多幸を祈念申し上げ、新年のご挨拶といたします。

                       令和3年元旦  苫小牧市長 岩倉 博文

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません