きせかえ
きせかえ

ここから本文です。

苫小牧市民の皆様へのメッセージ

 国内に発令されていた緊急事態宣言は、9月30日をもって全て終了となり、市におきましても、10月1日から全ての公共施設を再開することといたしました。
 この間、市民の皆様及び事業者の皆様には、新型コロナウイルスの感染拡大防止の取組にご理解とご協力をいただき、心から感謝申し上げます。
 北海道では、秋の行楽シーズンで急激に人流が増え、再拡大するのを防ぐため、10月の1カ月間「秋の再拡大防止特別対策」を行うこととなりました。道民に対する要請は、
・基本的な感染防止策の徹底(三密回避、マスク着用、換気)
・混雑している場所や時間を避け、少人数で行動
・通勤・通学や通院、生活必需品の購入などを除き、感染リスクを回避できない場合は、札幌市との往来を控える
・飲食は、4人以内の少人数・短時間で、黙食を徹底
などが求められておりますので、市民の皆様には、引き続き感染防止対策の徹底をお願い申し上げます。
 なお、市内のワクチン接種は順調に進んでおり、希望される方々には、11月末までに接種を終了できる体制が構築できております。
 市といたしましては、皆様の健やかな日常を少しでも早く取り戻せるよう、医師会や保健所などの関係機関と連携し、全力で取り組んでまいりますので、引き続きご協力をよろしくお願いいたします。

               

                     令和3年9月30日  苫小牧市長 岩倉 博文

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません