きせかえ
きせかえ

ここから本文です。

入院助産制度について
 入院助産制度は、保健上の必要があるにもかかわらず、経済的理由により入院助産を受けることができない妊産婦を対象に、市内の指定された助産施設での入院出産に要する費用を助成する制度です。

 利用にあたり、所得制限及び利用者負担金があります。

対象世帯

 世帯区分がAからD1に該当する世帯。
 ※ただし、C、D1世帯のうち、加入している健康保険等において出産育児一時金等の出産に関する給付額が404,000円以上の世帯は対象となりません。
 
世帯区分 内訳
A 生活保護等の給付を受けている世帯
B 当該年度市民税が非課税の世帯(4月から6月申請の場合は前年度分)
C 当該年度市民税均等割のみ課税の世帯(4月から6月申請の場合は前年度分)
D1 当該年度市民税が課税されており、同住所者の所得割額が合計9,000円以下の世帯(4月から6月申請の場合は前年度分)
 

入所者の要件

 苫小牧市に住民登録されており、母子健康手帳の交付を受けた方のうち、上記世帯区分AからD1に該当し、次のいずれかに該当する方。
 
  • 異常分べんのおそれのある方
  • 経済的に困窮している方
  • 住居が不衛生等で環境が悪く、家庭内での安全な分べんが期待できない方

利用できる施設

 
助産施設 住所 ひと月当たりの床数
苫小牧助産施設
(苫小牧市立病院内)
苫小牧市清水町1丁目5番20号 4床
王子総合病院助産施設 苫小牧市若草町3丁目4番8号 4床
 
 ※申請の際に施設の希望をとりますが、確約はできません。状況によってはご希望に添えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
 

申請に必要なもの

  • 印鑑
  • 母子健康手帳
  • 世帯全員の健康保険証
  • 申請する年の1月1日現在、苫小牧市に居住されていなかった方は課税証明書等、市町村民税の課税状況がわかるもの
  • 生活保護受給者は生活保護受給証明書
 ※ 4月から6月に申請する方は、前年度の課税証明書が必要です。
 

申請期限

 出産予定日の30日前
 

利用料金(一部負担金)について

 入院助産に要する費用の助成対象となる日数は、分べんの日から原則として7日間です。
 また、世帯区分により利用料金がかかります。
 

      【制度利用料金】

世帯区分 本人負担額 加算額
A 0円 0円
B 2,200円
出産育児一時金×20パーセント
C 4,500円
出産育児一時金×30パーセント
D1 6,600円
出産育児一時金×50パーセント

 ※負担額は「本人の負担額」+「加算額」の合計です。
 ※負担額とは別に、退院時請求される出産費用以外の請求(シーツ・パジャマ代、検査費用等)も併せて自己負担となります。(診療機関へお問い合わせください。)

お問い合わせ

健康こども部こども支援課
電話:0144-32-6416
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

施設援護について

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません