ここからメインメニュー

ここから本文です。

3月 弥生 MARCH

○校長室から失礼します vol.89(R2年度最終)「さあ、新たなステージへ」(3月24日)

 第36回卒業証書授与式が19日(金)に、そして令和2年度の修了式が本日24日(水)に行われました。コロナの影響で大変な1年でしたが、ポジティブな6年生を筆頭に、全員が笑顔で明るく学校生活を過ごしてくれたこと、そして無事に2つの式を迎えることができた(執り行えた)ことに、大きな安堵感と共に、喜びと幸せを感じているところです。
 制約・制限下の中での教育活動でしたが、一人一人、心身共に大きく成長することができました。とりわけ、この困難な状況を乗り越えたことで、「やればできる!」という自信とたくましさを育むことができたように思います。次年度は、今年度よりはもう少し、従来に近い形で教育活動を推進することができるものと思います。今年1年間で身に付けた力を存分に生かし、新たなステージで輝きを放つことを期待しています。
 「ファミリー泉野」として、本校の教育を支えてくださった保護者・地域の皆様、本当にありがとうございました。また、HPもご覧いただき、感謝の思いでいっぱいです。次年度も、子どもたちの学習・生活の様子、作品や少年団での活躍など、随時ご紹介してまいります。今後も、ご覧いただければ幸いです。次年度も、どうぞよろしくお願いいたします。
                                泉野小 校長 東峰 秀樹

※写真は卒業式のクラス集合写真と、昨日お楽しみ会に招待してくれた5年3組の皆さんの写真です。


○校長室から失礼します vol.88「卒業記念の道徳授業」(3月17日)

 昨日は、卒業を間近に控えた6年生の子どもたちと、「卒業記念の道徳授業」を行いました。小学校卒業という人生の節目を無事に迎えるにあたり、ここまで愛情いっぱいに育ててくださった両親やご家族への感謝の思いを新たに式に臨んでほしいとの願いからです。
 教科書の学習はすべて終えているため、親が子を想うエピソード2編(資料)を用意し、これをもとに考え、意見を交流し合いました。親の愛情の深さに感動し、親・家族に対する感謝、また、親や家族との向き合い方について、それぞれに思いを深めていたようです。子どもたちの感想(抜粋)をいくつか、ご紹介します。

○ぼくは、これまで親に嫌なことを言われたら無視していたけど、しっかり聞いて、今後どういうふうに過
 ごすかを考えて聞こうと思った。
○いつも、注意されたことについて黙ってしまっているから、怒っているのは優しさなのかなと、考えを変
 えてみようと思います。これからは、親の言うことを聞き、感謝を忘れずに生活しようと思いました。
○今日の授業で、親は子どもを一番に思い、大切に思っていることがわかった。親がいつもしてくれている
 仕事・家事・掃除などに感謝していこうと思ったし、今、自分が生きているのは親のおかげだと思って、
 一日一日を大切に生きていこうと思いました。
○親は今でもぼくを優しい目で見てくれるから、もっと頑張って長生きをしたいと思った。
○もし、自分が将来親になり、子を持つことになったら、命をかけてでも子を守るという思いで育てたいと
 思いました。
○「ありがとう」「ごめん」といった簡単な言葉を素直に伝えることができなかった。でも、親も私も、ど
 ちらも相手を思いやっていて、相手のことを考えている、ということを改めて思い、素直に自分の気持ち
 を伝えようと思った。
○親・家族からの愛をしっかりと受け取り、それを逆に自分がプレゼントしたいなと思います。形にとらわ
 れない、自分らしい形で、その気持ちを伝えたいです。
○ぼくは、親に「産んでくれてありがとう」を言っていません。なので、言おうと思います。今を楽しめて
 いるのは、親のおかげです。
○親との時間を大切にしていきたい。親は自分のような子どもを大切に育ててくれたから、恩返しができる
 ように、立派な大人になるところを見てほしいと思った。
○自分も、親が子にやってあげるように、親が思ってくれている分、自分も普段の生活などで、あきらめず
 努力したり、せめて親の言うことを素直に受け止めたりして、親の行動を理解し、親への感謝を忘れず
 に、これからの生活を送っていきたいです。



○校長室から失礼します vol.87「思い出づくり」(3月16日)

 卒業式まで、あとわずか。6年生は小学校生活最後の思い出にと、学級毎にお楽しみ会を開催し、仲間と楽しいひとときを共有しています。
 1組は、先日「おやつ作り」を行いました。家庭科室を見ると、どの子も笑顔で、楽しそうに調理をしています。完成したのは、クリームとフルーツたっぷりのおいしそうなパンケーキ。B班の皆さんが「お世話になりました。」と、お裾分けを校長室に届けてくれました。子どもたちの感謝の気持ちと優しさが込められたケーキの味は格別。皆さん、とっても美味しかったです。ありがとうございました!

 
 2組は、本日「お楽しみ会2」を開催。クオリティの高いダンスやコント、漫才が繰り広げられ、教室は大盛り上がり。後半は担任に関するクイズに全員が答える「先生王」。担任と子どもたちのやりとりから、2年間で培ってきた「絆」の強さ、そしてクラスの一体感と温かな雰囲気を肌で感じ、招待いただいた私をはじめとする他の教員も、幸せな気持ちで教室を後にしました。素敵な時間を共に過ごさせていただき、感謝です。皆さん、ありがとうございました!



○校長室から失礼します vol.86「卒業まで、あと1週間」(3月12日)

 卒業式まで、あと1週間となりました。今週に入り、6年生の式練習がスタート。入退場や証書の受け取り方など、一つ一つの所作・礼法について真剣な表情で学び、練習に励んでいます。本日、4校時に体育館を訪れると、証書授与の練習を行っていました。待っている間の姿勢も素晴らしく、全身から思い・意気込みが伝わってきます。
 コロナウイルス感染症対策のため、来賓や在校生の出席もなく、式の内容も簡略化して行うことになりますが、それでも、例年に負けず劣らずの、すばらしい卒業式になると、子どもたちの姿を見て、確信いたしました。
 16日(火)には、卒業記念の道徳授業をさせてもらう予定になっています。小学校での学びも残りわずか。6年生の皆さんらしく、最後まで全力で学び、さらに1up成長して、卒業の日を迎えてほしいと願っています。


○校長室から失礼します vol.85「来シーズンは優勝を目指して!」(3月9日)

 昨日、泉野サッカークラブに所属している5年生の皆さんが校長室を訪れ、「2021年度全道少年(U-12)8人制サッカー大会兼第18回JA全農杯全国小学生選抜サッカー大会IN北海道苫小牧地区予選」と「2020年度苫小牧(U-11)サッカー交流会」の結果報告をしてくれました。ともに秋に開催された大会。それぞれ準優勝、そして第3位と見事な成績を収め、手にした立派な賞状とトロフィーも見せてくれました。
 4月からはチームの最高学年としてチームを牽引する皆さん。次は優勝を目指して、ますます頑張ってくださいね。来シーズンは、たくさん応援に行きたいと思っています。
 


○校長室から失礼します vol.84「泉野小美術館 その16」(3月9日)

 児童の手から生み出された素敵な作品紹介の第16弾。今回は、5年生の版画(PART2)です。表情・動きが巧みに表現されており、どれも見事な出来映えです。ご堪能ください。

「顔」「考えているわたし」

「何かをみている私」「見ているわたし」

「なやんでいる自分」「ぼくの版画」

「ピースをしてる自分」「笑顔な自分」

 
○校長室から失礼します vol.83「この悔しさを来シーズンへ」(3月8日)

 6日(土)に行われたアイスホッケー新人戦を観戦してきました。試合は先制するも逆転され、追いかける展開となります。本校5年生FWのゴールやアシスト(写真は一時同点に追いついたときの電光掲示板です。得点者の背番号が表示されています!)、さらには3年生GKの好セーブや3年生FWのチャンスメークなど、見応えのある大熱戦となりましたが、第3ピリオドにリードを広げられ、惜しくも初戦敗退となりました。この悔しい思いを晴らすべく、またトレーニングに励み、さらに技術を向上させて、来シーズンも大活躍&快進撃を見せてくださいね。選手の皆さん、今シーズンお疲れ様でした。たくさんの感動をありがとう。



○校長室から失礼します vol.82「有事に備えて」(3月8日)

 5日(金)に今年度最後の避難訓練を実施しました。今回は、大きな地震が発生し、大津波警報が発令されたことを想定しての訓練です。本来であれば、全員が校舎の3階に避難するのですが、コロナウイルス感染症対策のため、今回は担任や放送の指示を聞いて机の下に隠れ、避難場所は別途確認する、という流れで実施いたしました。  
 今年は、東日本大震災が発生してから10年目となります。現在の4年生が生まれた頃で、高学年の子どもたちにも当時の記憶はないでしょう。そこで、校長講話をZoomで行い、写真資料を提示しながら、宮城県名取市閖上小学校に通っていた当時6年生の児童の作文を紹介いたしました。
 この震災では、多くの方が犠牲になりました。復興も未だ道半ばにあります。3年前には、北海道でも胆振東部地震が発生し、私たち自身も、未曾有の災害に直面しました。経験のない大きな揺れとブラックアウト等々、恐怖と不安に満ちたあの日…。大規模な災害は、いつ、どこで起きてもおかしくない時代です。決して、過去の災害の記憶を風化させることなく、そこから得た教訓や学んだことを生かし、有事に備えておくことが大切です。子どもたちも、私たち教職員も、改めて、そのことを胸に刻んだ一日となりました。




○校長室から失礼します vol.81「気持ちの良い朝の始まりでした」(3月5日)

 今朝は児童会の取組である「歌おう会」の2回目。朝の会が始まる前の各教室から、素敵な歌声が響いています。先週の「スマイル」に続き、今朝の歌は「マスカット」。1年生教室を覗いてみますと、子どもたちは振り付けをしながら、ノリノリで楽しそうに歌っていました。企画してくれた児童会委員の皆さんは、放送で、「泉野小は、歌声響く学校です。今年はコロナの影響で、全校児童が集まって体育館では歌えませんでしたが、来年は歌えるといいですね。」とメッセージを伝えてくれました。
 コロナによる制約・制限で大変だったこの1年。でも、その中でも「今できること」を工夫しながら、明るい学校生活にしようと、児童会委員の皆さんは頑張ってくれました。とっても清々しく、そして「頑張ろう!」という前向きな気持ちで1日のスタートを切らせてくれた泉野小全員の歌声。委員の皆さん、素敵な企画をありがとうございました。全校の皆さん、これからも、泉野小の伝統として、この歌声を響かせていきましょうね。




○校長室から失礼します vol.80「嬉しい訪問、続々」(3月5日)

 昨日、一昨日と、校長室に嬉しい訪問がありました。一組目は、6年2組の皆さん。卒業前に学級で行う「お楽しみ会~6の2祭」の招待状を届けてくれました。学級通信を読みますと、子どもたちは企画・運営準備、発表練習など熱心に取り組んでいる様子。小学校生活の素敵な思い出が、また一つ増えそうですね。その瞬間に立ち会わせていただけること、嬉しく思います。ご招待ありがとう。楽しみにしていますね。
 2組目は5年3組2班の皆さん、そして3組目は5年1組4班の皆さんです。それぞれ、家庭科の調理実習で作ったご飯とお味噌汁をお裾分けしてくれました。「とっても、おいしいですよ!」の言葉どおり、ご飯もお味噌汁も最高の出来映え。大変美味しくいただきました。届けてくれた笑顔と優しい気持ちが、さらに味を引き立ててくれます。3組・1組の皆さん、ありがとう。ごちそうさまでした。
 4組目は、アイスホッケー・レッドスターズの5年生の皆さん。明日から始まる今シーズン最後の大会・新人戦のパンフレットを持ってきてくれました(写真は全道大会優勝の賞状を届けてくれたときのものです)。1年間の締めくくり、是非「優勝」して、来シーズンにつなげてほしいと願っています。初戦となる明日の試合、会場で熱く応援します!選手の皆さん、頑張ってくださいね。






○校長室から失礼します vol.79「より良い学校を目指して」(3月3日)
 
 先日、学校評議員・町内会の代表者・PTA役員の皆様にご出席をいただき、学校関係者評価会議を開催いたしました。例年ですと、行事や授業参観を通して子どもたちの学びや活動の姿をご覧いただいた上で、前後期合わせて2回開催するのですが、今年度はコロナウイルス感染症対策のため前期は書面会議となり、2月にして、ようやく一堂に会しての開催となりました。
 先に保護者の皆様にご協力いただいた学校評価アンケートや児童・教職員による評価結果をもとに、また、登下校時の様子を含めた地域での子どもたちの様子から、今年度の本校の教育活動に対する成果・改善点について、熱心にご協議いただき、貴重なご意見を頂戴いたしました。運動会に代わるスポーツレクでの異学年交流や、登下校指導時のあいさつのよさなど、コロナ禍における制約・制限下での教育活動や重点的な取組について高く評価していただいたことは、大きな自信となりましたし、一層の質の高い学びの創造と学校力の向上に向け、改めて意を強くしているところです。
 今後も、保護者の皆様にとって、「学ばせたい、信頼できる学校」を、地域の皆様にとって、「おらがまちの誇りとして支援したくなる学校」を目指し、努力精進して参ります。委員の皆様、ありがとうございました。今後とも、よろしくお願いいたします。




○校長室から失礼します vol.78「泉野小美術館 その15」(3月3日)

 児童の手から生み出された素敵な作品紹介の第15弾。今回は、5年生の版画(PART1)です。表情・動きが巧みに表現されており、どれも見事な出来映えです。ご堪能ください。

「自分の顔」「3ピースのぼく」

「ピースフル」「シャキーンしているわたし」

「わらいをこらえる自分」「自分の顔」

「ピースをしているぼく」「黒と白のぼく」



○校長室から失礼します vol.77「ごちそうさまでした」(3月2日)

 いつも泉野小学校ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。いよいよ3月ですね。1年間の総まとめ。進学、そして進級に向け、しっかりと次につなげる充実した1ヶ月にしてまいります。引き続き、よろしくお願いいたします。

 さて、昨日のことです。教室訪問を終えて校長室に戻ると、美味しそうなごはん・味噌汁・ウィンナー炒めが机に乗っていました。送り主は、5年2組の3班の皆さん。調理実習で作った料理をお裾分けしてくれたのです。上手に炊き上がったごはん、野菜の甘みが際立つやさしい味付けのお味噌汁、そしてごはんが進むウィンナー炒めと、3品すべて美味しくいただきました。
 お礼を伝えに家庭科室へ行くと、満面の笑顔で出迎えてくれた3班の皆さん。おなかも、心も温かさで満たされました。皆さん、とっても美味しかったです!ごちそうさまでした。ありがとう。











 

お問い合わせ

苫小牧市立泉野小学校
0144-72-3817

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー