感染予防対策

ここから本文です。

現在位置

全数届出の見直しに伴う新たなサポート体制について(令和4年9月26日~)

 新型コロナウイルス感染者の全数届出の見直しに伴い、北海道では、令和4年9月26日(月)から、ご高齢や重症化しやすい方々((※)4類型に該当する方)に適切な医療の提供を行うため、症状が軽い方は、ご自身の健康管理による自宅療養を基本とした運用に変更されます。

(※)4類型に該当する方
 
65歳以上の方
入院を要する方
重症化リスクがあり、かつ新型コロナ治療薬または酸素投与が必要な方
妊娠している方

 市民の皆様には、以下についてご協力をお願いいたします。

 なお、上記の4類型に該当しない方で、体調悪化等が生じた場合は、北海道陽性者健康サポートセンター(0120-303-111:24時間)へ相談してください。

 また、このページのお知らせは北海道における取組を抜粋して掲載しています。詳細については北海道のページをご確認ください。

 4類型に該当する方

無症状だが、感染の不安があり検査を受けたい場合

北海道で実施しているPCR等検査無料化推進事業をご確認ください。
苫小牧市内で検査を受けられる事業所はこちら
 

感染を疑う症状があり、診察の希望がある場合
または検査を受けたい場合

かかりつけ医に電話をするか、かかりつけ医がいない場合は、診療・検査医療機関(発熱外来)や、北海道の健康相談センター(0120-501-507:24時間対応)へ連絡してください。

また、抗原検査キットによる自己検査も可能です。抗原検査キットは、薬局等で自費で購入(※)いただくか、北海道の陽性者登録センター(0120-607-601:9時~17時30分)へ無料キットをお申し込みいただけます。
(※)キットは、体外診断用医薬品(国承認)
(北海道陽性者登録センターのホームページはこちらです)
 

検査後、陽性となった場合

陽性判定を受け、医師から保健所へ届出のあった方は、保健所等による健康観察の対象となります。

陽性判定を受け、医師から保健所への届出の対象外となった方は、ご自身で健康管理の上、自宅療養をしていただくこととなります。
なお、自宅療養中に体調が悪化した場合は、北海道陽性者健康サポートセンター(0120-303-111:24時間)へ相談してください。
 

65歳未満で軽症の方

無症状だが、感染の不安があり検査を受けたい場合

北海道で実施しているPCR等検査無料化推進事業をご確認ください。
苫小牧市内で検査を受けられる事業所はこちら
 

感染を疑う症状があり、診察の希望がある場合
または検査を受けたい場合

抗原検査キットにより自己検査を行ってください。抗原検査キットは、薬局等で自費で購入(※)いただくか、北海道の陽性者登録センター(0120-607-601:9時~17時30分)へ無料キットをお申し込みいただけます。
(※)キットは、体外診断用医薬品(国承認)
(北海道陽性者登録センターのホームページはこちらです)


また、診察の希望がある場合は、かかりつけ医に電話をするか、かかりつけ医がいない場合は、北海道の健康相談センター(0120-501-507:24時間対応)へ連絡してください。
 

検査後、陽性となった場合

抗原検査キットで陽性判定が出た場合は、陽性者登録センターへWeb申請により登録作業を行い、ご自身で健康管理の上、自宅療養をしていただくこととなります。
(北海道陽性者登録センターのホームページはこちらです)

なお、自宅療養中に体調が悪化した場合は、北海道陽性者健康サポートセンター(0120-303-111:24時間)へ相談してください。

 
詳細については、下記のリーフレットもしくは北海道のページをご確認ください。
pdf(102.42 KB)

 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

健康こども部健康支援課
電話:総務担当:0144-32-6407、保健担当:0144-32-6410、0144-32-6411
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません