ここから本文です。

現在位置

野鳥のヒナを拾わないでください


カラス
 春から夏頃にかけて多くの鳥たちは子育てをします。
 中には、大きくなるまでの間に不幸にも樹木から落ちてしまったり、陸上で休んでいるところを目撃されることもあります。
 こうしたとき、「かわいそうだな」「このままだと死んでしまう」と思い、保護をしてしまうと、親と離ればなれになってしまい、かえってヒナの未来を閉ざしてしまう場合があります。

 こうした場合、親鳥がエサを採りにいったり、自力で動くのを見守っていたり、近くにいることが多いのです。人間からみて離れて様子を見ているつもりでも、その周囲に潜んでいる親鳥からすると、警戒し「人間がいて近づけない」と思わせてしまうことがあります。
 仮に保護して、すぐ元の場所に戻せば親元に戻れる(親が飛んでくる)可能性が高いですが、ある程度時間がたってから元の場所に戻しても、既に親鳥がいなくなっていたり、育児放棄をしてしまう場合があります。

 ちなみにヒナが路上に落ちているなどの場合は、茂みに隠してあげたり、近くの樹上に戻すなどすると、外敵に襲われにくくなります。

 上記以外で緊急的にやむを得ない場合は、環境生活課までご連絡ください。

 野鳥や自然との関わりなどについて、より詳しく知りたい方は、こちらもご覧ください。

 公益財団法人 日本野鳥の会ホームページ



 

お問い合わせ

環境衛生部環境生活課
電話:自然保護係:0144-32-6331、衛生係:0144-32-6333
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

野生鳥獣について

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません