ここから本文です。

施設のご案内

春・夏秋・冬
本センターは、「国指定ウトナイ湖鳥獣保護区」の適正な管理と自然教育を行うため設置した施設で、児童、生徒をはじめ一般客、観光客など子どもから大人までが気軽に楽しめ、自然にふれあい、親しみを持っていただくことができる施設をめざしています。
特に、ビジターセンター的機能を有し、自然環境や野生鳥獣について、展示、解説や情報提供などを行うほか、野生鳥獣との適正なふれあい方や自然保護思想の普及啓発、自然環境についての教育、学習なども行っています。
また、国指定鳥獣保護区ウトナイ湖とその周辺の苫小牧市を対象に傷病鳥獣の救護・リハビリーを行っています。
航空写真展示ホール

施設概要

施設概要
建物規模等 建築面積1,337平方メートル 延べ床面積1,474m2 木造2階建
主な施設及び付帯設備 展示ホール、レクチャールーム、多目的室、市民ギャラリー、
ボランティアルーム、休憩室、傷病鳥獣治療室、観察歩道、
観察舎、木製テラス、駐車場など

施設案内

本センターは、環境省が全国初めての野生鳥獣共生環境整備事業として建設し、環境省と苫小牧市が共同運営する施設です。展示ホールには、ウトナイ湖の自然や野鳥を紹介する多数の学習展示物が並び、また、屋内から野鳥を観察できる観察コーナー、自然観察の方法を学ぶ自然観察の手引きコーナーなどがあります。レクチャールームには、150インチ大型スクリーンが設置され、ウトナイ湖の四季を紹介します。そのほかに、ボランティアやレンジャー手作りの「ウトナイ湖野鳥パズル」、「野鳥ぬりえ」「実物大ハクチョウのぬいぐるみ」など実際に手で触れたり、考えたり、親子で楽しめるような体験型の展示も設置してあります。湖畔沿いには、自然観察路が整備され、野鳥や草花などの自然とふれあうことができます。

1 展示ホール

  1. ウトナイ湖を取り巻く生態系を大画面の描画で表現。
  2. 野鳥の求愛、採餌の方法、植物の種子散布戦略、ウエットランド(湿原の)しくみ、渡り鳥の営みなどを紹介。
  3. 視覚、聴覚、嗅覚、触覚などを通して自然観察の方法を学ぶ。
  4. 望遠鏡などで湖や湿原の四季折々の野鳥を観察。

2 レクチャールーム

約90人を収容
学習や講習、講演会利用などのほか150インチ大型スクリーンにより、ウトナイ湖の四季の生態系などを紹介。

3 傷病鳥獣治療室・収容室、リハビリーケージ

傷病鳥獣の救護・リハビリーを実施

4 市民ギャラリー、手作り展示ギャラリー

自然や野鳥等に関する写真、絵画などの発表の場として市民に無料開放

5 自然観察路

自然観察路は、延長2,000メートル(バリアフリー区間380メートル)を整備。
(財)日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリ・ネーチャーセンター(徒歩20分)や湖岸の観察小屋、林の観察小屋とも自然観察路で連絡。

団体利用のご案内

野生鳥獣保護センターでは、学校や町内会、サークルなど団体でのご利用をお待ちしています。レンジャーによるレクチャーやスライド上映など、各種プログラムでの対応も可能です。
(pdfプログラムメニューはこちら(134.34 KB))ぜひご利用ください。
利用ご希望の方は、以下をよくお読みになり、利用日の2週間前までにお申し込みください。なお、日程の迫ったご利用やレンジャーの不在時など、対応できない場合があります。予めご了承ください。
  1. まず、野生鳥獣保護センター(電話 0144-58-2231)にお電話ください。
  2. 団体名、人数、ご希望の日時を伺い、内容について打合せいたします。
  3. pdf団体利用申込書をダウンロード(84.11 KB)し、必用事項を記入の上、FAXにて返信ください。
  4. 日程の変更、キャンセルをされる場合はできるだけ早く電話でご連絡ください。
ご不明の点などありましたら、野生鳥獣保護センターへお尋ねください。

小学校・中学校・高校生等の自然学習・見学訪問

小学校総合学習訪問中学生高校生修学旅行

利用案内

利用案内
開館時間 午前9時~午後5時
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合、火曜日)
年末年始(12月29日~1月3日)
入館料 無料

pdf利用案内パンフレット(2.82 MB)

交通アクセス

ウトナイ湖の位置
地図ウトナイ案内

車での移動時間

新千歳空港から15分、札幌から90分、苫小牧市街から25分、苫小牧港フェリーターミナルから20分程度です。

公共交通機関

公共交通機関
道南バス 新千歳空港から約15分 苫小牧駅前行ウトナイ湖下車
新千歳空港からは、毎日午前7時35分から午後10時00分まで約30分間隔で運行
苫小牧駅前から約25分 新千歳空港行ウトナイ湖下車
苫小牧駅前からは、毎日午前6時35分から午後9時10分まで約30分間隔で運行
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

本文ここまで

ここからサブメニュー

ウトナイ湖野生鳥獣保護センター

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません