ここから本文です。

河川の利用について(苫小牧川)

 苫小牧川は現在、国道からJRの間の河床部と、右岸緑地帯の散策路部を一般開放しております。市民皆様の川ですので、ご利用の際には次の決まりを守り大切に使いましょう。
  • 空き缶・ゴミ等は投げ捨てず、きちんと持ち帰りましょう。
  • ドック・フリーではありません。犬の放し飼いは禁止しております。
  • 駐車場に車両を放置しないでください。また、身障者用の駐車スペースには、一般の方の駐車はご遠慮ください。
  • 散策路・八ツ橋(河床部の木製通路)は、人や車イスが通る場所です。
    自転車・ローラースケート等の利用はご遠慮ください。
  • トイレや階段・四阿(あずまや)・ベンチなどの施設を、大切に使いましょう。
  • 雨天時には、増水し危険な状態になることがあります。
    特に大雨時には、河床部へは降りないでください。
  • 冬期間の利用には、降雪により階段等の施設が滑りやすくなります。
    特に氷状化している場合は危険ですので、この期間は河床部へは降りないでください。

看板の設置について(海岸)

小糸井川から錦多峰川の間の海岸(字錦岡37番地先)に、看板を設置しております。
過去に、中学生が遊泳中に亡くなるという事故が起きております。
危険ですので、絶対に遊泳はやめてください。
このあたりの海岸は、早い潮の流れがあり、海底が急に深くなっています。溺れる等の水難事故も発生していますので、泳がないようにしましょう。

お問い合わせ

都市建設部道路河川課
電話:道路計画係:0144-32-6479、河川係:0144-32-6495、道路整備係:0144-32-6482
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

河川の一覧、由来、河川や生物の写真など

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません