ここから本文です。

グリーンカーテン

グリーンカーテン(緑のカーテン)

グリーンカーテンとは


 皆さんは「グリーンカーテン」という言葉を聞いたことがありますか?
 「グリーンカーテン」とは、ゴーヤやアサガオのような植物のツルを窓に這わせて作る、植物のカーテンです。  
 CO2削減や、夏の節電対策など全国的な省エネ対策としての取り組みが広がっており、苫小牧市も平成26年度から地球温暖化対策の一環として取り組んでいます。


 

どんな効果があるのか?

効果1 日差しを遮る

・窓から入り込む直射日光を遮り、室内で涼しく過ごせる空間を作ってくれます。

効果2 周囲の気温を下げ、体感温度が低くなる

・植物は、根から吸い上げた水を葉から蒸発させて、自分の温度が上がらないようにしています。そのため、蒸発作用がないすだれなどに比べて熱放射がぐっと少なく、周囲の気温は数度下がります。

効果3 新鮮な酸素を感じて気分さわやか

・植物は日中、日光を浴びて光合成を行い、二酸化炭素を吸収して、代わりに酸素を排出します。つまり、グリーンカーテンを通過した空気は、できたての酸素をたっぷり運んできます。

効果4 省エネ・節電にも貢献

・日差しを遮り、カーテンの間を通って心地よい風が吹き込むと実際の気温より涼しくなります。エネルギーも使わないので、エコで地球にとても優しいです!

発育の様子

環境保全課では、ゴーヤのグリーンカーテンを作っています。
最新の発育の様子を掲載しております。

場所~沼ノ端清掃事業所 環境保全課執務室前

pdfH28グリーンカーテンの様子はこちらから(6.69 MB)

pdf昨年の様子はこちらから(6.83 MB)

関連リンク
環境省関連~環境省グリーンカーテンプロジェクト





 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

環境衛生部環境保全課
059-1364
北海道苫小牧市字沼ノ端2番地の25
電話:0144-57-8806
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

地球環境保全の推進

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません