ここから本文です。

ブロック塀等の安全点検について

ブロック塀等の安全点検について

 

平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震により、ブロック塀の倒壊による被害が生じております。

 ブロック塀等の維持管理は、所有者、管理者の責任であり、日頃からの点検により、適正な状態に維持することが重要です。

 ご自宅、あるいは、事業所周辺のブロック塀について、まずは、外観からわかる以下の点について点検してください。また、必要に応じて専門業者に相談するなど適切な維持管理をお願いします。
 なお、安全点検の結果、危険性が確認された場合には、付近通行者への速やかな注意表示及び補修・撤去等を行ってください。

 

1.塀は高すぎないか

 ・塀の高さは地盤から2.2m以下か。

2.塀の厚さは十分か

 ・塀の厚さは10㎝以上か。(塀の高さが2m超2.2m以下の場合は15cm以上)

3.控え壁はあるか(塀の高さが1.2m超の場合)

 ・塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さ1/5以上突出した控え壁があるか。

4.基礎があるか

 ・コンクリートの基礎があるか。

5.塀は健全か

 ・塀に傾き、ひび割れはないか。

 

 詳細は、pdfこちら(国土交通省によるブロック塀の点検のチェックポイント)(998.35 KB)をご覧ください。
 
 建築指導課では相談窓口を設置しております。ご不明な点は下記までお問い合わせください。

Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

都市建設部建築指導課
電話:建築確認係:0144-32-6522、指導係:0144-32-6527
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

その他

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません