ここから本文です。

特定建築物定期(調査・検査)報告

定期報告とは

 建築物の所有者等はその建築物の敷地、構造及び建築設備を常時適法に維持するように努めなければならないと定められています(建築基準法第8条)。
 また、建築物は、構造の老朽化、避難設備の不備、建築設備の作動不良等により大きな災害が発生するおそれがあります。
 このような危険を未然に防ぎ、安全性や適法性を確保するために、建築物(毎年又は3年)及び建築設備・防火設備(毎年)について、その所有者等は定期的に報告するよう定められています(建築基準法第12条第1項及び第3項)。

平成30年度定期報告該当建築物・建築設備等

用      途 用途に供する部分の規模 報告の期間
ホテル、旅館 ・地階にあるもの
・3階以上の階
・2階の床面積の合計300㎡以上
・床面積の合計300㎡超え
平成30年4月1日~
平成30年9月30日
博物館、美術館、図書館(学校に附属するものを除く) ・3階以上の階
・床面積の合計2,000㎡以上
平成30年4月1日~
平成30年9月30日
ボーリング場、スキー場、スケート場、水泳場、スポーツの練習場(学校に附属するものを除く) ・3階以上の階
・床面積の合計2,000㎡以上
平成30年4月1日~
平成30年9月30日
ボーリング場、スキー場、スケート場、水泳場、スポーツの練習場(学校に附属するものに限る) ・3階以上の階
・床面積の合計2,000㎡超え
平成30年4月1日~
平成30年9月30日
百貨店、マーケット又は物品販売業を
営む店舗
・地階にあるもの
・3階以上の階
・2階の床面積の合計500㎡以上
・床面積の合計1,000㎡超え
毎年4月1日~
毎年9月30日
キャバレー、カフェ、ナイトクラブ、
バー、ダンスホール、遊技場、公衆浴場、待合、料理店又は飲食店
・地階にあるもの
・3階以上の階
・2階の床面積の合計500㎡以上
・床面積の合計500㎡超え
毎年4月1日~
毎年9月30日
展示場  ・地階にあるもの
・3階以上の階
・2階の床面積の合計500㎡以上
・床面積の合計3,000㎡以上
毎年4月1日~
毎年9月30日
事務所その他これに類するもの ・5階以上のものかつ
 床面積の合計1,500㎡超え
平成30年4月1日~
平成30年9月30日
  ※報告を必要とする建築設備は、①機械換気設備②機械排煙設備③非常用照明設備
  ※報告を必要とする防火設備は、pdfこちら(136.11 KB)をご覧下さい。 

特殊建築物及び建築設備等の各種様式

建築物・建築設備等様式ダウンロード

建築物 報告書
概要書
別添1様式(図面)
別添2様式(写真)
調査結果表
建築設備 報告書
概要書
別添1様式(図面)
別添2様式(写真)
別表1(換気状況評価表)
別表2(換気風量測定表)
別表3(排煙風量測定表)
別表4(非常用照明照度測定表)
調査結果表(換気設備)
調査結果表(排煙設備)
調査結果表(非常用照明設備)
防火設備 報告書 docExcel(48.00 KB) pdfPDF(82.68 KB)
概要書 docExcel(19.00 KB) pdfPDF(49.45 KB)
調査結果表 xlsxExcel(30.79 KB) pdfPDF(90.16 KB)
別添1様式(図面) docExcel(44.50 KB) pdfPDF(18.00 KB)
別添2様式(写真) docExcel(37.50 KB) pdfPDF(34.54 KB)

変更届様式ダウンロード

特殊建築物等変更届 docWord(48.50 KB) pdfPDF(71.22 KB)
昇降機等変更届 docWord(53.00 KB) pdfPDF(86.82 KB)
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

都市建設部建築指導課
電話:建築確認係:0144-32-6522、指導係:0144-32-6527
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

各種証明書、報告等に関すること

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません