ここから本文です。

街区基準点について

街区基準点とは

街区基準点とは、国土交通省が「都市再生街区基本調査」の一環として平成16年度より全国の人口集中地区(平成12年DID地区)に設置した精度の高い公共基準点で、国土の利用及び開発の基礎となる土地の測量を正確かつ容易にするものです。
苫小牧市においては平成20年4月より国土交通省より権能移管を受け723点を管理し、「成果表・点の記」についての閲覧及び複写の提供を行っています。

街区基準点

街区三角点

街区三角点

街区多角点

街区多角点

公共基準点の使用及び付近での工事には届出等が必要です

公共基準点の使用について

  • 公共基準点を使用する場合は、事前に「公共基準点使用承認申請書」を当課に申請し、承認を受けてください。また、使用後は「公共基準点使用報告書」を提出してください。

使用承認申請(様式第1号) → 承認 → 使用報告(様式第3号)

公共基準点付近で工事を施工する場合の届出について

  • 公共基準点付近で(1)~(3)の工事等を施工する場合は、事前に「公共基準点付近での工事施工届出書」を当課に提出してください。また、工事竣工後は速やかに「公共基準点付近での工事竣工報告書」を提出し、検査を受けてください。
    なお、基準点付近での工事により公共基準点に支障をきたした場合は、当課と協議した後「公共基準点復旧申請書」を提出し、承認を得てください。
  1. 掘削底面端から45度以上の線に公共基準点の構造物が入る掘削工事等
  2. 車輌及び重機等の振動が公共基準点に影響を及ぼす杭打ち及び杭抜き工事のうち、公共基準点から杭、車輌及び重機等までの距離が5m以下となる行為
  3. その他公共基準点の効用に支障をきたすと思われる工事等
    工事施工届出(様式第4号) → 工事竣工報告(様式第5号) → 検査
    復旧承認申請(様式第6号) → 承認 → 検査
  • 工事施工者等は公共基準点を一時撤去し、又は移転する必要が生じた場合は、当課と協議した後「公共基準点(一時撤去・移転)承認申請書」を提出してください。また、工事竣工後は速やかに「公共基準点設置工事竣工報告書」を提出し、検査を受けてください。
    承認申請(様式第8号) → 承認 → 工事竣工報告(様式第11号)→ 検査

申請書類等(ダウンロード)

doc公共基準点使用承認申請書(様式第1号)(18.00 KB)
doc公共基準点使用報告書(様式第3号)(17.00 KB)
doc公共基準点付近での工事施工届出書(様式第4号)(18.00 KB)
doc公共基準点付近での工事竣工報告書(様式第5号)(33.50 KB)
doc公共基準点復旧承認申請書(様式6号)(16.50 KB)
doc公共基準点(一時撤去・移転)承認申請書(様式第8号)(18.50 KB)
doc公共基準点設置工事竣工報告書(様式第11号)(31.00 KB)
pdf公共基準点(街区基準点)設置箇所図(494.81 KB)

関連ホームページ

Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

都市建設部開発管理課
電話:管理係:0144-32-6460、開発行為・国土法担当:0144-32-6464
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません