ここから本文です。

現在位置

地区計画の建築物の主な制限 【新千歳空港周辺地区】

地区の名称 レンタカー・駐車場地区 沿道サービス地区
建ぺい率 40% 40%
容積率 60% 60%
防火に
対する制限
- -
敷地面積の
最低
限度
3,000平方メートル 1,000平方メートル
壁面位置の
最低限度
5m
(敷地境界線まで)
高さの
最高限度
9m
建築物の
用途の制限
建築してはならない建築物

次の各号に掲げる建築物以外のもの
  1. レンタカー業を営む店舗(道路運送法第80条第1項に規定する事業の許可を受けた者が営むものをいう。)
     
  2. 当該計画地区内に設置する前号に掲げる店舗において使用する自動車の整備(修理を除く。)を行う工場(原動機を使用する場合にあっては、その出力の合計が0.75kw以下(ロータリー式またはパッケージ式の空気圧縮機に使用するものにあっては7.5kw以下、その他の空気圧縮機に使用するものにあっては、1.5kw以下)のものに限る。
     
  3. 駐車場業を営む店舗(駐車場法第2条第2号に規定する路外駐車場(自動車車庫の用途に供する建築物及び工作物を除く。)を営むものをいう。)
     
  4. 前各号の建築物に附属するもの(令第130条の5の5各号に掲げるものを除く。)
建築してはならない建築物

次の各号に掲げる建築物以外のもの
  1. 給油取扱所(危険物の規制に関する政令第3条第1号に規定する給油取扱所をいう。)で作業場の床面積の合計が50平方メートル以下のもの(原動機を使用する場合にあっては、その出力の合計が0.75kw以下(ロータリー式またはパッケージ式の空気圧縮機に使用するものにあっては7.5kw以下、その他の空気圧縮機に使用するものにあっては、1.5kw以下)のものに限る。)
     
  2. 法別表第2(は)項第5号に掲げる建築物
     
  3. 前各号に附属するもの(令第130条の5の5各号に掲げるものを除く。)
建築物等の形態
又は意匠の制限
  1. 建築物及び広告物の色彩及び形態は、周辺の景観と調和したものとする。
     
  2. 自己の用に供する広告物を建築物に表示又は築造設置する場合は、次の要件を満たすものでなければならない。

(1)三角柱看板及びこれに類似しないもの。

(2)地盤面からの高さ(脚長を含む)が9mを超えないもの。ただし、
  建築物に付帯する看板等については、建築物との高さの合計が
  10mを超えないもの。

 (3)刺激的な色彩又は装飾を用いることなどにより、美観風致を損
  なわないもの。

垣又は柵の
構造の制限
 塀の高さは0.8m以下とし、木製又はレンガ、レンガタイル又はこれに類する材料の仕上げをされているもの以外は設置してはならない。ただし、生垣及び樹木については、この限りではない。
土地利用の
制限
  1. 現に存する樹林地、草地等のうち、事業の用に供しない土地については、その保存に努める。
  2. 地域の良好な環境形成のため、道路(空港泉沢大通及び美沢新千歳空港通)に接道している部分は、道路との敷地境界から4m以上の区域を緑地帯として保全に努める。ただし、車両が出入するための切り下げ部分はこの限りではない。

お問い合わせ

総合政策部まちづくり推進室まちづくり推進課
電話:まちづくり推進課:0144-32-6054、まちなか再生主幹:0144-32-6062、交通政策主幹:0144-84-4071
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません