ここから本文です。

苫小牧市民憲章

昭和60年(1985)9月27日制定
わたしたちは、樽前山のふもと、水鳥が舞い、太平洋の潮かおる勇払原野に、たくましくひらけた苫小牧の市民です。
わたしたちは、豊かな自然と大きな可能性にみちたこのまちを愛し、健やかな市民としてあゆむために、この憲章を定めます。
あたたかい心でまちを つつみましょう
学びあいつくるよろこびを そだてましょう
花と木のかおりでまちを みたしましょう
さわやかな笑顔できまりを まもりましょう
生き生きとくらす力を のばしましょう

苫小牧市民憲章制定経緯

制定経過

昭和58年4月

選挙公約「未来のまちづくりの方向を定める市民憲章を制定する」

昭和59年9月14日

第1回苫小牧市民憲章策定協議会設立総会
  • 策定協議会委員(15名)を市長から依頼
  • 会長、副会長の決定
  • 協議会規約の決定
  • 市民憲章の意義について説明

昭和59年11月22日

第2回総会
  • アンケート調査の実施について決定

昭和59年12月10日

アンケート調査の実施
  • 一般有権者 2% 2,000人
  • 小、中、高、短大、高専 900人

昭和60年1月21日

第3回総会
  • アンケート調査の結果報告
  • 策定スケジュールについて6月1日を目途に市長に報告を決める

昭和60年2月13日

第4回総会
  • 3部会の設置(第1・2部会長、副部会長の決定)

昭和60年3月14日

第5回総会
  • 策定基本方針決定

昭和60年4月20日

第6回総会
  • 第2部会から市民憲章素案の報告
  • 今後の審議は、総会で行うことを決定

昭和60年5月8日

第7回総会

昭和60年5月14日

第8回総会
  • 素案について審議

昭和60年5月20日

第9回総会
  • 市民憲章草案を全員一致で決定

昭和60年6月1日

  • 市民憲章草案を市長に報告

昭和60年7月2日

第12回定例市議会
  • 議案第1号「苫小牧市民憲章の制定について」を原案どおり可決

昭和60年9月27日

  • 制定
 

●起草委員(15名、敬称略)

◎会長、○副会長
◎岩倉賢周、岩崎高明、小野真理子、○大島好雄、大友道子、柏山涼子、川真田さ恵子、
河村義正、古河原寿美雄、佐藤裕、○杉原奎子、中原正則、二階堂芳夫、三井徳保、山口正治
 

 

本文ここまで

ここからサブメニュー

苫小牧市の概要

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません