ここから本文です。

苫小牧市・八戸市 交流連携協定について

青森県八戸市と交流連携協定を締結しました。

 苫小牧市は青森県八戸市とスポーツ、観光、物流等の分野において、情報交換を進め、相互に連携・協力するため、平成30年7月31日に交流連携協定を締結しました。
交流連携協定 調印式
小林八戸市長(左)と岩倉市長(右)

締結の目的

 苫小牧市と八戸市は多くの製造業が立地する工業都市、アイスホッケーアジアリーグのホームタウンであるといった共通点や、昭和48年(1973年)にフェリー航路が開設されて以降、本州と北海道を結ぶ発着点として人やモノの交流機能を担っているなど、都市間連携の素地が整っていました。

 今後は、両市の密接な連携と協力により、フェリー航路を活用した交流人口の拡大や、新たな海外コンテナ航路の開設等による物流機能の強化等の面で都市間連携による相乗効果を得ることを目的としているほか、観光やスポーツ等の分野においても、連携・協力を推進していくこととしています。

八戸市のホームページ
 

愛称とロゴ

 交流連携協定の締結と併せて、両市の連携が、両市民に親しんでいただけるよう、呼びやすさ等を考慮し、愛称とロゴを定めました。
 「はちとま」とは、八戸市・苫小牧市の略称であり、また「ネットワーク」とは、フェリー航路やコンテナ航路での繋がりや、両地域、人と人の繋がりを意味するものです。
pdfロゴについて(134.49 KB)
はちとまネットワークロゴ
 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

総合政策部政策推進室政策推進課
電話:企画担当:0144-32-6039、統計担当:0144-32-6042
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません