ここから本文です。

市民自治推進会議について

市民自治推進会議
  
苫小牧市では、自治基本条例を制定し、平成19年4月から施行しています。

自治基本条例は、自治のあり方について市民と議会及び行政の間の基本ルールを定めるものであることから、それぞれの主体がそれぞれの立場でルールを見守るべきものといえます。条例の制定・施行後は、その目的が実現されているか、立法の趣旨に添った運用がなされているか、その進行を管理することが重要な課題となります。

そのため、自治基本条例の運用状況を市民の立場から見守り、条例の適正な進行管理を図るため、市長の附属機関として市民自治推進会議を設置しています。

市民自治推進会議は、自治基本条例により設置されている市長の附属機関です。市長からの諮問に応じて、自治基本条例の運用の状況及び市民自治によるまちづくりに関する基本的事項について調査審議するなど、市民自治によるまちづくりの推進に関し市長に意見を述べる機関です。
 

委員

市民自治推進会議は、公募委員、学識委員、市民活動団体推薦委員により構成されています。
期間 平成29年4月1日~平成31年3月31日  pdf委員名簿(29.59 KB)

会議

 会議は公開されています。傍聴を希望される方は、市民自治推進課までご連絡ください。
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

総合政策部政策推進室市民自治推進課
電話:市民自治担当:0144-32-6156、国際交流担当:0144-32-6157、広聴担当:0144-32-6152
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

市民自治推進会議

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません