ここから本文です。

平成29年3月30日 市長記者会見

とき 平成29年3月30日(木)午前10時から
場所 第2応接室
出席者
  • 市側:岩倉市長、佐々木副市長、佐藤副市長、総合政策部長
  • 記者側:7社8名参加

発表内容

  1. 苫小牧市スポーツ都市宣言50周年記念事業について

市長説明

 本日の記者会見の案件は、「苫小牧市スポーツ都市宣言50周年記念事業について」でございます。 

 今年度は、全国で初めてスポーツ都市宣言を行ってから50周年という節目の年であることから、「つなごう スポーツ大作戦」を1年間展開してまいりました。
 記念事業に加え、もう1つの大作戦「ふくし大作戦!!2016」とのコラボレーション事業など、合わせて52事業を主催したほか、65の大会・事業等に後援を行い、合計で117事業、総勢約9万人の方々にこの「つなごう スポーツ大作戦」に参加していただくことができました。
 また今年度は、苫小牧市出身である丹羽孝希選手がリオオリンピック卓球男子団体で銀メダルを、同じく苫小牧市出身の帰山麻衣選手が、冬季アジア札幌大会女子スピードスケート5,000メートルで銅メダルを獲得されました。
 さらには日本女子アイスホッケーのスマイルジャパンが、平昌オリンピック出場権を獲得したほか、王子イーグルスの全日本アイスホッケー選手権優勝など、苫小牧市にゆかりのあるアスリートの方々が大いに活躍し、この50周年に華を添えていただきました。
 「つなごう スポーツ大作戦」は今年度で終了となりますが、今後も活気みなぎる「スポーツ都市」とまこまいを目指して、取り組んでまいりたいと考えております。

 案件の説明は、以上でございます。皆さんからのご質問があれば、お受けいたします。

上記内容は発言の要旨であり、重複した言葉使いや言い直しがあったものなどについては、整理の上作成しております。

記録作成:総合政策部秘書広報課

お問い合わせ

総合政策部政策推進室秘書広報課
電話:秘書担当:0144-32-6096、広報担当:0144-32-6108
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

記者会見

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません