ここから本文です。

平成28年10月24日 市長記者会見

とき 平成28年10月24日(月)午前10時から
場所 第2応接室
出席者
  • 市側:岩倉市長、佐々木副市長、佐藤副市長、和野教育長、総合政策部長、福祉部長、健康こども部長、産業経済部長、教育部長
  • 記者側:5社7名参加

発表内容

  1. 平成28年度苫小牧市自治貢献者表彰について
  2. 平成28年度苫小牧市青少年表彰について
  3. 平成28年度苫小牧市技能功労者表彰について
  4. 平成28年度苫小牧市文化賞・文化奨励賞表彰について
  5. 苫小牧市福祉ふれあいセンターの開設について

市長説明

 本日の記者会見の案件は5件でございます。

 最初に、案件1の「平成28年度苫小牧市自治貢献者」が決定いたしましたので、発表いたします。
 この表彰は、苫小牧市表彰条例に基づき、市勢の伸展に寄与した方や市民の模範となる方を表彰し、その功績をたたえるものでございます。
 本年度は、自治貢献者として16名の方を表彰いたます。
 自治貢献者の方は、スポーツ推進委員として久保邦正さん、民生委員児童委員として吉村誠さん、笹田利子さん、田中朋子さん、山家由紀子さん、松村順子さん、統計調査員として鈴木桂子さん、東川和子さん、菊地美幸さん、保護司として市井房子さん、町内会会長として爾波寛文さん、阿部勲さん、消防団員として松下秀範さん、学校医として吉田憲基さん、学校歯科医として豊巻裕一さん、髙橋康則さんで、いずれも長年にわたり自治の振興と発展に尽くされたことによるものでございます。
 なお、表彰式は11月1日(火曜日)11時30分からグランドホテルニュー王子で執り行います。

 続いて、案件2の「平成28年度苫小牧市青少年表彰」の受賞者が決定いたしましたので、発表いたします。
 この表彰は、苫小牧市における青少年の誇りを高め、豊かな心を養い、有為な社会人の育成を目的として、昭和47年から実施しているもので、本年度は次の5名の方を表彰いたします。
 板金工の青山寛亮さん、環境リサイクル技術職の藤川達志さん、機械技術職の鈴木智貴さん、町内会役員として高校3年生の田中大貴さん、自動車生産関係職の羽田香織さんでございます。
 なお、表彰式は、11月28日(月曜日)午後4時30分から、市役所9階会議室において執り行います。

 続いて、案件3の「平成28年度苫小牧市技能功労者」が決定いたしましたので、発表いたします。
 この表彰は、苫小牧市における技能者の社会的地位及び技能水準の向上を図るため、昭和60年度から実施しているもので、本年度は次の8名の方を表彰いたします。
 自動車整備工として遠藤博さん、鉄工として斎藤博實さん、配管工として杉山廣美さん、板金工として中村友和さん、塗装工として長屋光広さん、電気工事士として西川良雄さん、大工として寶達道博さん、電気溶接工として三國和幸さんでございます。
 なお、表彰式については11月10日(木曜日)午前11時30分からグランドホテルニュー王子において執り行います。

 次に、案件4の「平成28年度苫小牧市文化賞・文化奨励賞」でございますが、この案件は、教育委員会の所管となりますので、教育長から発表いたします。

教育長説明

 平成28年度の苫小牧市文化賞及び文化奨励賞表彰者の方を発表いたします。
 この賞は、苫小牧市文化賞及び文化奨励賞規則に基づき芸術、文化、教育の分野において、優れた事績を修められ、本市の文化振興に寄与された方々を表彰するものであります。
 本年度は、文化奨励賞として1名の方が表彰されます。文化奨励賞は、美術の分野で功績のあった星野恒隆さんでございます。
 なお、表彰式の日程につきましては、11月3日文化の日の午前11時30分からグランドホテルニュー王子2階「白樺の間」で執り行います。

市長説明

 最後に、案件5でございますが、「苫小牧市福祉ふれあいセンター」が北海道をはじめとした関係各位の御協力のもと、11月7日(月曜日)に無事開設の運びとなりましたのでご報告させていただきます。
 なお、当センターの開設をもって、本年4月に先行して開院している苫小牧呼吸器内科クリニックと併せて、旧道立苫小牧病院の改修事業は完了し、フルオープンを迎えることとなります。
 当センターは、道立苫小牧病院廃止後の跡地を活用し、隣接する苫小牧呼吸器内科クリニックと連携しながら、本市の保健医療機能及び福祉機能を拡充するとともに、地域との連携を図り地域に密着した拠点施設となるよう、開設を目指してまいりました。
 特徴としましては、障がい者及び障がい児の支援を担う苫小牧市心身障害者福祉センターが移転し機能強化が図られるとともに、ニーズの高い「障害者デイサービス(生活介護事業)」も新しく開始されます。
 概要としましては、運営管理は指定管理者制度を活用し『社会福祉法人 北海道社会福祉事業団』が行います。当事業団は、札幌市においても、2つの障がい者支援施設の指定管理者を担うなど、豊富な実績を有しておりますので、苫小牧地域の障がい福祉のさらなる発展が期待できるものと考えております。
 最後になりますが、開設に先駆けまして、11月5日(土曜日)にオープニングセレモニーと内覧会の開催を予定しておりますので、市民の皆様にもぜひお越しいただければと考えております。

 説明は以上でございます。皆さんからのご質問があれば、お受けいたします。

 上記内容は発言の要旨であり、重複した言葉使いや言い直しがあったものなどについては、整理の上作成しております。

記録作成:総合政策部秘書広報課

お問い合わせ

総合政策部政策推進室秘書広報課
電話:秘書担当:0144-32-6096、広報担当:0144-32-6108
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません