ここから本文です。

平成25年4月26日

とき 平成25年4月26日(金)午前10時00分から
場所 第2応接室
出席者
  • 市側:岩倉市長、中野副市長、菊地副市長、財政部長、政策推進室長
  • 記者側:6社7名参加

発表内容

  1. 平成26年度国・道及び関係機関に対する重点要望事項について
  2. 平成24年度建設工事等の発注結果について
  3. 平成25年度建設工事等の発注計画について

市長説明

 本日の記者会見の案件は、3件でございます。
 はじめに案件1の「平成26年度 国・道及び関係機関に対する重点要望事項」ですが、内容がまとまりましたので発表させていただきます。

 要望事項の概要につきましては、
  • 新たに加えられたものが3項目
  • 内容を一部変更したものが4項目
  • 表題を変更したものが2項目
  • 前年と同じ内容のものが26項目
合計35項目でございます。

 また、要望を取りやめたものはございません。

 新規要望は、
  • 地域医療の確保について
  • 北海道新幹線札幌延伸に伴う対応について
  • 市立病院北東交差点の矢印式信号機設置について
の3項目でございます。

 内容を一部変更した要望は、
  • 社会体育施設の施設整備に係る財源措置の拡充と大規模改修に対する補助制度の創設について
  • 苫小牧港の港湾整備事業の促進について
  • JR新千歳空港駅から苫小牧方面へのアクセス向上について
  • 交番の新設について
の4項目でございます。

 表題を変更した要望は、
  • 東港区へのコンテナ検査センター設置及び函館税関苫小牧税関支署の体制強化について
  • 道道上厚真苫小牧線(臨海東通)の早期整備について
の2項目でございます。

 次に、案件2の「平成24年度建設工事等の発注結果について」説明をさせていただきます。
 平成24年度の建設工事等発注総額(契約課発注分)は、101億7,650万円で、平成23年度と比較しまして46億6,900万円、84.8%の増加となりました。
 この内訳としましては、土木部門で3,067万円、建築部門で42億8,235万円、水道部門で1億6,447万円、下水道部門で1億9,153万円の増加となりました。
 次に、地元発注率では、86.4%で、4.7ポイントの減少となりましたが、発注額では、37億7,342万円の増加となりました。
 今後とも、地元企業が対応可能な工事につきましては、可能な限り地元企業の活用に配慮してまいりたいと考えております。

 最後に、案件3の「平成25年度建設工事等の発注計画について」説明をさせていただきます。
 平成25年度の建設工事等発注総額(契約課発注分)は、78億4,916万円を予定しておりまして、第1四半期の発注計画は、発注額35億3,783万円、発注率45.1%を予定しております。
 また、第2四半期の発注計画は、(累計額で)75億1,380万円、発注率95.7%を予定しております。
 平成25年度の当初発注額は、平成24年度の当初発注額と比較しまして、20億7,382万円の減少となっておりますが、昨今の厳しい経済状況に配慮し、上半期の発注率を95.7%に設定し、早期発注に努めたいと考えております。
 なお、本年度の主な事業(事業費1億円以上)でございますが、
  • 緑ヶ丘公園陸上競技場整備工事
  • ときわスケートセンター改築主体工事
  • (仮称)新大成児童センター改築工事
  • 移動系防災行政無線デジタル化整備工事
  • 高丘浄水場5号緩速ろ過地改良工事
  • 西町下水処理センター受変電動力設備更新工事
 などを予定しております。

市長説明

 説明は以上ですが、皆さんからのご質問があれば、お受けいたします。
 
上記内容は発言の要旨であり、重複した言葉使いや言い直しがあったものなどについては、整理の上作成しております。
記録作成:総合政策部秘書広報課

お問い合わせ

総合政策部政策推進室秘書広報課
電話:秘書担当:0144-32-6096、広報担当:0144-32-6108
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

平成25年

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません